ゴルフ場倒産・経営交代・買収関連の最新、過去の主なニュース(九州地方)

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権・トップ

ゴルフ会員権相場

会社案内

税金対策

格安会員権

売買依頼書

民事再生法、会社更生法、自己破産、競売 ゴルフ場
倒産ニュース・トップ

■ 地方:ゴルフ場倒産、経営交代・買収

北海道 東北 中部 北陸 近畿 中国 四国 九州

■ 九州地方(福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
  ゴルフ場倒産・経営交代・買収等のニュース一覧

全国の閉鎖ゴルフ場(完全・一時・一部閉鎖)した一覧、都道府県別に掲載ゴルフ会員権ー名変再開・停止

■千代田カントリークラブ(9H、沖縄)9月24日をもって閉鎖し、陸上自衛隊駐屯地配備計画
■宮崎座論梅ゴルフクラブ(宮崎)を丸善グループが取得し傘下に
■ジェイズカントリークラブ高原コース(宮崎)、7月末をもってゴルフ場を閉鎖しメガソーラー計画
■鹿児島垂水カントリー倶楽部(鹿児島)、今年の3月20日をもってゴルフ場を閉鎖
■TTS門川ゴルフ倶楽部(宮崎)、3月31日をもってゴルフ場を閉鎖、跡地にメガソーラーか?
■知覧カントリークラブ(鹿児島)元経営会社・南国興産(株)が特別精算開始決定
■阿蘇高森ゴルフ倶楽部(熊本)の関連する土地や建物が2・38億円で競売公告
■グランドチャンピオンゴルフクラブ(熊本)、丸善グループに経営交代
■ゴールデンパームカントリークラブ(鹿児島)経営の吉田ゴルフ開発(株)が民事再生法を申請
■浮羽カントリークラブ(福岡)、玉名CC経営の(株)ヤマサキから高尾病院グループに経営交代
■錦江ゴルフクラブ(鹿児島、セミパブリック運営)、営業停止状態であることが判明
■ジェイズカントリークラブ日向コース(宮崎)、韓国系から日本企業に経営交代
△ 平成28年(2016年)
■久住高原ゴルフ倶楽部(大分)を経営の(株)ニューグリーンステイくじゅうが民事再生法を申請
■福岡国際カントリークラブ(福岡)をPGMグループが取得表明
■亀の甲カントリー倶楽部(宮崎、パブリック)、ゴルフ場を閉鎖し跡地にメガソーラー建設
■八代ゴルフ倶楽部(熊本)の経営会社・八代グリーン開発(株)が民事再生法
■滑石ゴルフ場(長崎)、昨年10月31日をもってゴルフ場を閉鎖しメガソーラーを建設することが判明
■加治木カントリークラブ(鹿児島)、昨年8月31日をもってゴルフ場を閉鎖したことが判明
△ 平成27年(2015年)
■桜島カントリークラブ(鹿児島)、11月30日をもってゴルフ場を閉鎖しメガソーラー建設
■ニッポーゴルフ倶楽部(大分)を会社分割により、OGIグループの(株)アイランドゴルフが取得
■セントレジャーゴルフクラブ鞍手(福岡)をPGMグループが取得
■福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部(佐賀)、韓国系からユーコーラッキーグループに経営交代
■ジェイズカントリークラブ日向コース(宮崎)が完全閉鎖し、メガソーラーの建設?
■ひぐち時津カントリークラブ(長崎)、6月末日をもってゴルフ場を閉鎖、跡地にメガソーラー建設
■島原カントリー倶楽部(長崎)を韓国系の(株)エイチ・ジェイが取得し経営交代
■日吉原カントリークラブ(大分、パブリック制)、ゴルフ場を閉鎖してメガソーラーを建設か?
■球磨カントリー倶楽部(熊本)が民事再生法を申請、負債総額は17億円
■水俣国際カントリークラブ(熊本)が3月末で営業終了、用地は既に不動産業者に売却済み
△ 平成26年(2014年)
■三州カントリークラブ(鹿児島)、11月30日をもってゴルフ場を閉鎖
■阿蘇高原ゴルフクラブ(熊本)が経営交代し、11月から「あつまる阿蘇赤水ゴルフ倶楽部(予定)」に
■熊本南カントリークラブ(熊本)をパチンコホール経営の河合興産(株)が取得し経営交代
■阿蘇やまなみリゾートホテル&ゴルフ倶楽部(熊本)、同じ韓国系企業に経営交代
■阿蘇ゴルフ倶楽部 赤水C(熊本)、「阿蘇高原ゴルフクラブ 赤水C」に名称変更し新体制で営業
■武雄カントリークラブ(佐賀)経営の有明ゴルフ(株)が民事再生法の適用を申請し保全命令
△ 平成25年(2013年)
■大村湾カントリー倶楽部(長崎)が福岡地裁に民事再生法を申請し、同日保全命令を受ける
■宮崎サンシャインベアーズタウンCC(宮崎)を遊技場等経営の(株)ミネックスが買収し経営交代
■湯布高原ゴルフクラブ(大分)を東急電鉄グループが海運業のリべラ(株)グループに売却し経営交代
■日の隈カンツリークラブ(佐賀)経営の肥前観光開発(株)が民事再生法を申請
■福岡サンレイクゴルフ倶楽部(株主会員制、福岡)を個人スポンサーが支援し代表取締役に就任
■セントレジャーGC城島高原(大分)、モルガンスタンレーグループが地元ファンド出資の会社に売却
△ 平成24年(2012年)
■フェニックスCC(宮崎)運営の大型リゾート施設「シーガイヤ」をセガサミホールディングス(株)が買収
■嘉穂カントリー倶楽部(福岡)をアコーディア・ゴルフが東急不動産グループから取得し傘下に収める
■フェニックスリゾート(株)が高原カントリークラブ(宮崎)を韓国・東光グループの(株)龜尾開發に売却
■ユニマット沖縄ゴルフ倶楽部(沖縄)、JGMグループに売却し経営交代、「美らオーチャードGC」に
■佐世保・平戸カントリークラブ(長崎)をチェリーGグループが(株)スルガコーポレーションから買収し傘下に
■熊本クラウンゴルフ倶楽部 深田コース(熊本)の施設保有・会員権発行会社の(株)ビックが任意整理に
■宜野座カントリークラブ(沖縄)を川島グループがエートスグループから取得し傘下に
■オ−シャンリンクス宮古島(沖縄)の経営会社・(株)吉野が民事再生法を申請
■福岡センチュリーゴルフクラブ(福岡)、経営・(株)福岡センチユリーゴルフクラブが民事再生法を申請
■鹿児島ゴルフリゾート(鹿児島)・西酒造(株)の関連会社が取得し経営交代
■チサンCC人吉(熊本)・鹿児島シーサイドGCをチェリーグループがPGMから取得し傘下に収める
■ザ・マスターズ天草コース(熊本)経営・株)ザ・マスターズコーポレーションが民事再生法を申請
■唐津ゴルフ倶楽部(佐賀)経営の(株)唐津ゴルフ倶楽部が民事再生法を申請
△ 平成23年(2011年)
■ザ・マスターズ天草コース(熊本)を上場のメガネスーパーがチェリーゴルフグループに売却
■北方ゴルフ倶楽部(宮崎)、PGMグループが新設分割で独立ヘ、分割後は第三者へ譲渡か
■八代ゴルフ倶楽部(熊本)が経営交代により、運輸業の丸善グループの傘下に
■延岡ゴルフクラブ(宮崎)をチェリーゴルフグループが取得し傘下に
■野母崎ゴルフクラブ(長崎)をマザーズ上場のIDUが売却
■北郷フェニックスカントリークラブ(宮崎)を韓国系企業が買収し傘下に
■菊水ゴルフ倶楽部(熊本)を司グループが取得し「司菊水ゴルフクラブ」として営業
■肥後カントリークラブ(熊本)、リソルが撤退し4月1日から韓国資本系列に
■米軍の泡瀬ゴルフ場(沖縄)、2月21日で営業終了
■北郷フェニックスカントリークラブ(宮崎)新設分割で独立へ
△ 平成22年(2010年)
■宮崎座論梅ゴルフクラブ(宮崎)経営・日向観光開発(株)が民事再生手続申立て
■五島カントリークラブ(長崎県)経営の・福江開発(株)が民事再生手続開始の申立準備へ
■BFRゴルフ倶楽部(大分、H19年12月9日、会社更生法)、韓国系企業が買収へ
■21世紀ゴルフ倶楽部(沖縄・ショート)を地緑団体の久志区が買収し、「久志岳ゴルフガーデン」に名称変更
■熊本GC湯の谷コース(熊本県)地元企業に事業譲渡ヘ、譲渡先はドゥ・ヨネザワ
■佐賀ゴルフ倶楽部七山コース(佐賀)、エイチ・ジェイから同じ韓国系に再経営交代し福岡セヴンヒルズGCに
△ 平成21年(2009年)
■阿蘇大津ゴルフクラブ(熊本)・大分サニーヒルゴルフ倶楽部(大分)が民事再生法を申請
■サシバリンクス伊良部(沖縄、9H、パブリック)、5億円強の売買が白紙に
■長崎県の津島市が市有地にゴルフ場を計画、地元説明会を開始
■武雄・嬉野カントリークラブ(佐賀)経営の(株)武雄嬉野国際カントリークラブが民事再生法を申請
■大和不動産カントリー倶楽部(佐賀、H19年12月17日、民事再生)のスポンサーにユニマットグループ
■鹿児島シーサイドゴルフ倶楽部(鹿児島)経営の三輝観光(株)が民事再生法を申請
■西海橋ゴルフコース倶楽部(長崎)、閉鎖中で連絡とれず(H20/1/24)
■ニュー愛和宮崎ゴルフクラブ(宮崎)が経営交代で愛和宮崎ゴルフクラブに名称変更
■別府ゴルフ倶楽部(大分、H19年5月17日、競落)をPGグループが正式に傘下に収める
△ 平成20年(2008年)
■大和不動産カントリー倶楽部(佐賀)経営の(株)コハラが民事再生法を申請
■BFRゴルフ倶楽部(大分)経営の(株)ビイ・エフ・アールがRCCより会社更生法の適用を申し立てられる
■見上カントリークラブ宇土C(熊本)をチェリーゴルフグループが買収し、「チェリーGC宇土C」に名称変更
■花祭ゴルフ倶楽部(佐賀、H19年6月8日、民事再生)のスポンサーにオリックスグループ
■別府扇山ゴルフ倶楽部(大分、旧・別府国際GC扇山C)、韓国系企業の系列下へ移行予定
■リージェント宮崎カントリークラブ(宮崎)経営の(株)リージェント宮崎CCが民事再生法を申請
■旧・レイクリッジ・ゴルフリゾート(沖縄)、沖縄県大宜味村がゴルフ場用地の引き渡し等で勝訴確定
■宮崎日向Gコース、生駒高原宮崎小林Gコース(宮崎)等3コース(西武グループ)の売却が白紙に
■鹿児島ゴルフクラブ・蒲生カントリークラブ(鹿児島)元経営の興南観光産業(株)が特別精算開始決定
■カヌチャゴルフコース(沖縄)経営・(株)カヌチャベイリゾートの筆頭株主に(株)ゼクス(チャーミング・リゾート)
■花祭ゴルフ倶楽部(佐賀)経営の(株)豊栄リゾートが民事再生法を申請
■久山カントリ−クラブ(福岡、H18年10月2日、民事再生)のスポンサーは(株)アサヒ緑健に
■別府ゴルフ倶楽部(大分)をPGグループが「27億100万円」で落札
■サシバリンクス伊良部(沖縄、9H、パブリック)、売却を含め検討委員会を設置
■阿蘇プリンスホテルG場(熊本)等の2コースを西武グループが売却し”峻別と集中”が完了
■宮崎日向GC・宮崎小林GC・鹿児島鹿屋GC(宮崎・鹿児島)の3コースを西武グループが売却へ
■野母崎ゴルフクラブ(長崎)を東証マザーズ上場の(株)アイディーユーが買収
■二丈カントリークラブ・セントラル福岡GC(共に福岡)を(株)小松製作所がアコーディア・ゴルフに売却
■沖縄カントリークラブ・中城ゴルフ倶楽部(共に沖縄)をオリックスグループが買収
■九重カントリークラブ(大分)、湯布院カントリークラブに名称変更し隣接ホテルは閉鎖(九州電力グループ)
■ザ・マスターズ天草コース(熊本)をジャスダック上場の(株)メガネスーパーが直営に
■入来城山ゴルフ倶楽部(鹿児島)を東証一部上場のPGGIHが正式に買収
△ 平成19年(2007年)
■レインボースポーツランドゴルフ倶楽部(宮崎、H18/5/15、民事再生)をアコーディア・ゴルフが支援
■佐世保国際カントリー倶楽部(長崎、H17年12月5日、更生法)のスポンサーにアコーディア・ゴルフ
■パームヒルズゴルフリゾート(沖縄)をゴールドマン・サックスグループが買収、国内104コース目
■愛野カントリー倶楽部(長崎)経営の(株)長崎日動が2回目の民事再生法を申請
■城島後楽園カントリークラブ(大分)等経営の(株)東京ドーム、ゴルフ場事業からの完全撤退を表
■肥後カントリークラブ(熊本)経営の日鐵商事子会社・山陽開発(株)が民事再生法を申請
■久山カントリ−クラブ(福岡)経営の久山カントリー(株)が民事再生法を申請
■祁答院ゴルフ倶楽部(鹿児島)を韓国系企業が30億円で競落
■入来城山ゴルフ倶楽部(鹿児島)・パブリック経営の城山観光(株)がゴルフ場等施設を指名入札で売却へ
■愛野カントリー倶楽部(長崎)を国内5コース経営の韓国系企業エイチ・ジェイが買収検討中
■ザ・ビーチゴルフクラブ(沖縄)閉鎖し、大規模リゾート施設に
■別府ゴルフ倶楽部(大分)経営・島崎観光開発(株)、競売開始決定
■レインボースポーツランドゴルフクラブ(宮崎)経営のレインボー観光(株)が民事再生法
■中原ゴルフクラブ(佐賀)を破産管財人が強制競売に
■雲仙ゴルフ場(長崎・9H・県営)、民間企業に管理・運営を移管
■北方ゴルフ倶楽部(宮崎)をPGグループが買収
■石垣島ゴルフ倶楽部(沖縄)・全日空系が新空港建設で閉鎖
■有明CC・久留米CC(共に福岡)等の経営会社が社名変更
■宜野座カントリークラブ(沖縄)をエートスグループ(米国)が買収、国内2コース目
■鹿児島ゴルフ倶楽部(鹿児島)、リゾートソリューション(株)が来年譲り受け
■筑紫ヶ丘ゴルフクラブ(福岡)がMBOで新体制の経営に
△ 平成18年(2006年)
■佐世保国際カントリー倶楽部(長崎)経営の西海国立公園開発をRCCが更生手続き申立
■福岡雷山ゴルフ倶楽部(福岡)をパインツリーGCを経営する(株)GRMが買収
■阿蘇ハイランドゴルフコース(熊本)を経営する大林組と共同経営会社が同GCを売却
■三井グリーンランドGコース(熊本・福岡)等、三井鉱山(株)グループから西部瓦斯(株)系列へ
■別府国際ゴルフ倶楽部(大分)償還問題で法的整理も視野に?
■見上カントリークラブ庄内コース(福岡)経営の(株)見上庄内カントリーが民事再生法を申請
■宮崎レイクサイドゴルフ倶楽部(宮崎)の(株)今村建設が民事再生法を申請
■鹿北GC、阿蘇やまなみRHGC(熊本)を韓国系企業が買収
■ザ・サザンリンクスゴルフクラブ(沖縄)経営の(株)琉球リゾートが民事再生法を申請
■壱岐カントリー倶楽部(長崎)経営の第三セクター会社が民事再生法を申請
■宮崎サンシャインカントリークラブ(宮崎)を韓国のリゾート会社が買収
■沖縄国際ゴルフ倶楽部(沖縄)がPGMグループの傘下に
■大京カントリークラブ(沖縄)がユニマットグループに営業譲渡
△ 平成17年(2005年)
■長崎空港カントリー倶楽部(長崎)経営の長崎空港カントリー開発(株)が民事再生法
■九州CC春日原ゴルフ場・阿蘇GC赤水コース(福岡・熊本)経営の島崎観光開発(株)が手放す
■鹿児島国際ゴルフ倶楽部(鹿児島)等経営の(株)私市・RCCより会社更生法を申し立てられる
■RKB皐月ゴルフ倶楽部(福岡)等経営の大洋緑化(株)グループが会社更生法を申請
■ペニンシュラオーナーズゴルフクラブ(長崎県)を(株)エイチ・ジェイが買収
△ 平成16年(2004年)
■鞍手カントリー倶楽部(福岡)等経営の亀山開発(株)が会社更生法を申請
■宮崎国際空港カントリークラブ(宮崎)経営の(株)ニチボーが民事再生手続き開始
■北山カントリークラブ(佐賀)経営の三瀬観光開発(株)が民事再生手続き開始
■相武総合開発(株)グループ、ベルビーチGC(沖縄)他7社が民事再生法を申請
■ハウステンボスCC(長崎県)経営の(株)ケイ・ティー・シー民事再生手続き開始を申請
△ 平成15年(2003年)
■海邦カントリークラブ(沖縄)経営の海邦興産(株)破産宣告を受ける
■不知火カントリークラブ(熊本)経営の熊本観光開発(株)民事再生手続き開始を申請
■城南ゴルフ倶楽部(熊本)経営の東南産業(株)民事再生手続き開始を申請
■福岡レイクサイドカントリークラブ(福岡)民事再生手続き開始を申請
■ミッションバレーゴルフクラブ(福岡)民事再生手続き開始を申請
■阿蘇グリーンヒルカントリークラブ(熊本)民事再生手続き開始を申請
■上陽ゴルフ倶楽部(福岡)民事再生手続き開始を申請
■大分フラワーカントリークラブ(大分)破産宣告を受ける
△ 平成14年(2002年)
このページのトップへ

・その他、参照資料の紹介

▼経営交代・法的整理ゴルフ場等のニュースのまとめ・負債と件数のグラフ
▼リアルタイム更新情報もご参考に(ゴルフ場に関連したニュース・情報を全て列挙しております)
▼その他ニュース(リアルタイム更新情報から抜粋)
倒産ニュース・トップ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい

 九州地方の倒産情報は主に「一季出版(株)・ゴルフ特信」をもとに掲載させて頂いております。ゴルフ場の倒産関連最新情報に関しましては、TEL:03-3864-7821 までお問い合せ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ