大村湾カントリー倶楽部が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「大村湾カントリー倶楽部」の運営・株式会社大村湾カントリー倶楽部
民事再生法の適用を申請/負債78億円

帝国データバンクより、平成24年11月21日

 帝国データバンクによると

   http://www.tdb.co.jp

 「長崎」(株)大村湾カントリー倶楽部(資本金5000万円、大村市東野岳町1334、代表辻田昌徳氏、従業員63名)は、11月20日、福岡地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は阿部利雄弁護士(長崎市興善町4-14、電話095-825-0526)、福田浩久弁護士(長崎市興善町2-31、電話095-816-3261)ほか3名。監督委員には林優弁護士(福岡県福岡市中央区大名2-4-22、電話092-712-6543)が選任されている。

 当社は、1970年(昭和45年)6月に設立されたゴルフ場経営業者。オールドコース(18ホール)、ニューコース(18ホール)の2コースを設けた「大村湾カントリー倶楽部」を経営。

 県内で唯一36ホールを有するゴルフ場で、とりわけニューコースは世界各国の名コースをデザインしたロナルド・フリーム氏が設計したとして地場では人気を集め、2000年5月期には年売上高約8億6000万円を計上していた。

 しかし、近年はゴルフ人口の減少や他のゴルフ場との価格競争から利用客数、顧客単価ともに低迷。経費支出を抑制することで、単年度で黒字を確保するなど経営努力をしていたが、2012年5月期の年売上高は約4億円に落ち込んでいた。

 こうしたなか、10年前に会員権の分割と延長を要請していた預託金の返還について期限を迎え、預託金償還請求や訴訟提起がなされる事態となり、自力での再建を断念した。

 負債は預託金返還債務を中心に、債権者約3700名に対し約78億円。

 ・・・・    ここまで    ・・・・


 大村湾CC URL=http://ohmurawan.co.jp/top.html

 住所は、(株)大村湾カントリー倶楽部と同(オールドC:0957-55-7151、ニューC:0957-55-3131)で、会員数は正会員・平日合わせて3000名強、11月21日現在の会員権相場は10万円前後となっている。

 ゴルフ場の営業は継続して行うようだが、名義書換(正・平26・25万円)は本日より停止した模様。

 11月24日に債権者説明会を開催し、スポンサー型の再建を目指す旨を説明。スポンサーは、川島グループ(中核企業=(株)川嶋、静岡県浜松市西区湖東町3222、川嶋義勝代表)が、ほぼ内定しているという(下記のボナリ高原GCは大村湾CCグループが開発したもの)。

 川島グループHP http://www.kawashima-group.co.jp

 椿ゴルフ掲載・ゴルフ場ガイド及び川島グループ買収関連ニュース

  ・平成14年12月6日、ザ・フオレストカントリークラブ(静岡)(株)川嶋が取得

  ・平成21年6月1日、破産のボナリ高原GC(福島)を川島グループが取得し傘下に

  ・平成23年7月20日、宜野座カントリークラブ(沖縄)を川島グループがM&Aで取得

  ・平成24年4月中旬、日本海CC(新潟)のスポンサーに川島グループが内定

  ・平成24年7月2日、川島グループ、ゴルフ場の株式保有新会社・(株)グリーンドリームを設立


     ↓↓↓ 平成24年12月11日追加

 11月29日、大村湾カントリー倶楽部の経営会社・(株)大村湾カントリー倶楽部は、福岡地裁より再生手続きの開始決定を受けたことが判明した。

 再生債権の届出期間は平成25年1月24日まで、再生債権の一般調査期間は平成25年3月14日〜平成25年3月28日までとなっている。

大村湾CC(長崎県)2コース、川島グループがスポンサーの再生計画案を配布
平成25年5月30日

 平成24年11月20日に福岡地裁へ民事再生法の適用を申請した「大村湾カントリー倶楽部CCオールドコース・ニューコース」(長崎県大村市東野岳町1334)の経営会社・(株)大村湾カントリー倶楽部は、会員を含む一般債権者に再生計画案を配布したことが判明した。

 7月5日締切の書面投票(債権者集会は行わず)で、計画案の決議を問うことになっている。


 計画案の骨子は

  既報通り、スポンサーは川島グループ(中核企業=(株)川嶋、川嶋義勝代表)で、同社が昨年7月に
 ゴルフ場経'営を目的に設立した持株会社・(株)グリーンドリーム(静岡県浜松市)が、(株)大村湾C
 Cの資本金を消却し後に、新たに発行する株式引き受けるというもの。

 (株)グリーンドリーム URL=http://greendream.jp/

 会員(約3630名)への弁済条件等は、

  ・退会会員は、預託金を95%カット残り5%を認可確定日から6カ月以内に一括弁済

  ・継続会員は、5%が新預託金(3年据置)

  ・未分割(200万円ベース)の会員権(最高額850万円、他650万円等)は分割可

  ・分割会負権を1口(新預託金10万円)取得、残りの預託金5%の弁済を受けることも可能


  確定した預託金は約61億9000万円(他、自認預託金額が約10億円)、担保権額は約4億円。

  川島グループの系列ゴルフ場は6コース目となる。


     ↓↓↓ 平成25年7月25日追加

 再生計画案の決議を問う書面投票(7月5日締切り)が行われ、賛成多数で可決し7月8日に福岡地裁から認可決定を受けた。

 既報通り、川島グループがスポンサーとなり(株)大村湾CCの資本金5000万円を消却し、新たに発行する株式(資本金1000万円)を(株)グリーンドームが引き受ける。会員への弁済条件等は前述通りとなっている。


     ↓↓↓ 平成25年9月1日追加

 平成25年8月19日に(株)グリーンドリームが1000万円を(株)大村湾CCに出資を行い、代表取締役に木原克彦氏が就任、正式に川島グループの傘下となる。

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
最新・倒産ゴルフ場関連ニュースへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ