2018年(平成30年)のゴルフ場経営業者の倒産は20件で負債総額は約923億

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース
ゴルフ場経営業者の倒産動向調査(2018年)
3年ぶり増加に転じ、20件台に
〜 民事再生法による再建型倒産が45%占める 〜
帝国データバンクより、平成31年2月8日
 (株)帝国データバンクは2月8日に、2018年(平成30年)のゴルフ場経営業者の倒産(負債1000万円以上、法的整理)について集計・分析した結果をまとめて発表した。

 帝国データバンク(平成31年2月8日付) http://www.tdb.co.jp/ より

 1 2018年のゴルフ場経営業者の倒産は20件となり、2017年(12件)を上回ったことで、
   2015年以来3年ぶりに増加に転じた。

 2 負債総額は、923億1800万円。倒産件数と同様に、2015年以来3年ぶりの増加となった。

 3 態様別では、

   ・破産9件(前年2件)
   ・特別清算2件(同4件)
   ・民事再生法9件(同6件)

 「ゴルフ場経営業者の倒産動向調査(2018年)」

  掲載元URL=https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p190201.pdf

 (表示方法

 最後にまとめとして、下記のように締めくくっている

 2018年におけるゴルフ場経営業者の倒産は、前年比66・7%増の20件となり、3年振りに前年を上回った。倒産の態様は、民事再生法の割合が高く、全業種の構成比3・1%に対して、同45・0%。法的整理後も事業を継続するケースが多いのがゴルフ場経営業者の倒産の特徴と言えよう。

 倒産した企業は、1970年代から90年代の安定成長期に設立された企業が多く、倒産理由としては預託金の償還期限を迎えた或いは過去に償還期限を迎え期限延長していたゴルフ場が、資金工面できなかったケースが大半を占める。今後も預託金償還問題で法的整理による再建を目指す可能性がある。

 2019年1月には、「富士御殿場ゴルフ倶楽部」を経営のサンユウ産業(株)が、預託金償還問題により民事再生法の適用を申請した。今後も同様の倒産が相次ぎ発生する可能性は否定できない。

 <2019年の主な倒産>


 ゴルフ場名 県  別 経営会社 負債総額 態  様

中京ゴルフ倶楽部 石野C 愛知県 CGC管理(株) 14,582百万円 特別清算
鳳凰ゴルフ倶楽部 群馬県 太田資源開発(株) 11,200百万円 民事再生法
児玉カントリー倶楽部 埼玉県 (株)児玉カントリー倶楽部 9,632百万円
埼玉長瀞ゴルフ倶楽部 (株)緑友会 8,800百万円 破産
朽木ゴルフ倶楽部 滋賀県 (株)朽木ゴルフ倶楽部 7,732百万円 民事 → 破産
蒲生ゴルフ倶楽部 エヌデイーシー(株) 6,700百万円 民事再生法
大分カントリークラブ 大分県 大分観光開発(株) 6,400百万円
青山台ゴルフ倶楽部
・篠山ゴルフ倶楽部
兵庫県 西日本観光(株) 5,279百万円


 上記掲載を含む、その他・2018年(平成30年)に倒産したゴルフ場(椿ゴルフ掲載)

  ・ 関東甲信越

  ・ その他 地方

 ちなみに、帝国データバンクは”ゴルフ場経営業者951社の経営実態調査”の中で、「2018年の倒産件数は4月時点で13件となっており、すでに前年(12件)を上回っている。これは、リーマン・ショック以降で最多のペース」と、昨年5月18日に発表していた。

  → ゴルフ場経営業者951社の経営実態調査


 参照資料

  → 1995〜2018年までののゴルフ場の法的整理・負債総額グラフ

     ※弊社のデータと帝国データバンクに相違がありますが、これは申請時と確定後の負債額や
       閉鎖ゴルフ場や2度申請等を含むか含まないかの違いで生じたものです。
       資料としては、正確な帝国データバンクをご利用下さい ・・・ (*^_^*)

  → ゴルフ場の跡地や遊休地を利用してメガソーラーを建設

  → 全国で閉鎖(完全閉鎖・一時閉鎖・一部閉鎖)したゴルフ場一覧


     ↓↓↓ 平成31年2月19日追加

 一季出版(株)発行のゴルフ特信(2月18日発行、東京都中央区日本橋馬喰町2-2-12 TEL:03-5847-3366)の調べにより、平成30年のゴルフ場企業法的整理状況が判明した。

 29年比で件数・コース数ともに4コース増となり、負債総額では210億円増。30年トータルの法的整理件数は13件、コース数は既設15コース、建設・認可0コース、負債総額539億円となっている。

一季出版では、申請段階でゴルフ場経営に関与しない4件と2次申請(民事 → 破産)の朽木GCはカウントから外しているため、計18件から5件を引いて13件としてまとめています。

  → 平成30年(2018年)ゴルフ場企業の法的整理13件負債総額は約539億円

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただきましても、詳細な事情が把握できてないためご説明をさせて頂くことが出来なせんので、直接、(株)データバンクにお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

その他・倒産ゴルフ場関連ニュースへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ