ウエストワンズカンツリー倶楽部・経営の(株)ウエストワンズが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「ウエストワンズカンツリー倶楽部」の経営の(株)ウエストワンズ
民事再生法の適用を申請/負債200億円

帝国データバンク、平成25年7月1日

 帝国データバンク(平成25年7月1日付け) http://www.tdb.co.jp/ によると

 「兵庫」(株)ウエストワンズ(資本金1000万円、加東市上三草1136-67、登記面=大阪府池田市上池田1-8-16、代表荒木進氏)は、6月28日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は村野譲二弁護士(大阪市北区西天満2-10-2、電話06-6365-8111)ほか3名。監督委員は苗村博子弁護士(大阪市北区西天満2-6-8、電話06-4709-1170)。

 当社は、1993年(平成5年)4月に設立した、ゴルフ場「ウエストワンズカンツリー倶楽部」の経営業者。コースとクラブハウスの開発は代表兼務の別会社が行い、93年のオープン後に当社を設立して継承した。

 18ホール・7077ヤード、公認コースレート74.0とやや難易度の高いコースであるものの、中国自動車道・滝野社インターから程近くに位置し、大阪市から自動車で約1時間、神戸市から約30分とアクセスが良いため、法人需要も根強く名門コースとして知られているほか、プロツアーも行われていた。

 ビジター客が増加した2006年3月期は年収入高約6億4900万円を上げたものの、減価償却を実施したことで約5億4600万円の経常損失を余儀なくされ、以降も多額の減価償却の実施で経常損失が続いていた。

 近年は、近隣同業者の法的整理に伴う競争激化からプレー料金を引き下げて対抗したため、2011年3月期の年収入高は約4億7200万円にとどまり、3期以上連続で営業赤字を計上するなど業績低迷が続いていた。

 この間、資金繰りは、出資企業からの借り入れでしのいでいたが、2007年、2008年にはコースとクラブハウス不動産に差押え登記がなされ、現在も登記されているなど余裕のない状況が続いていたほか、預託金返還問題が懸案となっていた。

 負債は約200億円。

 ・・・・    ここまで    ・・・・


 ウエストワンズCC URL=http://www.wcc.jp/

 参考までに、7月1日現在のゴルフ会員権相場は、売りが20万円で買いはゼロ(名義書換料21万円、年会費3・78万円)となっている。会員数は約620名となっております。

 尚、商工リサーチ(7月1日付け、http://www.tsr-net.co.jp)によると、会員からの預託金が220億円にもおよんでいたようで、負債総額は約264億円(平成24年3月期決算時点)という。

 同CCは、池田CC(大阪府池田市畑3-11 TEL:072-751-6801)の第2弾として池田開発(株)が主体となり平成2年3月に開発許認可を取得、鴻池組の施行で工事を行った。

 会員募集(法人会員制を目指す)は、上場企業を対象に5500万円(入会金500万円、預託金5000万円)、7500万円等で行い、その後会員権の2分割を行い平成7年から2850万円等で行っている。


     ↓↓↓ 平成25年8月8日追加

 再生法に至った経緯や決算内容及び今後の方針を会員に配布

 民事再生手続き中で、ウエストワンズカンツリー倶楽部(兵庫県加東市上三草1136-67)の経営会社・(株)ウエストワンズは、民事再生法に至った経緯や再建方針についての説明文を、会員に配布したことが判明した。

 それによると、会員からの預託金返還請求に対しては、鴻池組と三井住友カードから各3億7500万円、系列の池田開発から5億円の借入金で充当(償還額は計37億5000万円)してきたが、残る約141億2980万余の預託金償還には対応しきれないと判断し再生法申請に至ったという。

 現在の会員数に関しては、法人会員が239社(1702口、預託金計178億1100万円余)、個人会員121名(121口、41億9775万円)としている。他に、株主に割り当てた1口2600万円の”寄託会員権”(第三者に売却することでプレー権が発生)が356口ある。

 今後は、スポンサーを募って再建を目指す模様で、再生計画案を今年11月末頃までに提出し、来年1月末頃に債権者集会を予定しているようだ。

ウェストワンズCC(兵庫県)川島グループの支援で再生
平成26年5月29日

 昨年の6月28日に大阪地裁へ民事再生法を申請した「ウェストワンズカントリー倶楽部」(兵庫県加東市上三草1136-67、TEL:0795-42-2401)の経営会社・(株)ウェストワンズ(住所=コース同)は、スポンサー型の再生計画案をこのほど会員及び一般債権者に配布したことが判明した。

 計画案の賛否を問う債権者集会(書面投票と併用)は7月18日に開かれる。

 同社の計画案の骨子は、

  川島グループ(中核企業=(株)川嶋、川嶋義勝代表)をスポンサーに迎え再建を図るもので、
  (株)ウェストワンズの減増資で、川島グループ系列に加える。

 会員に関する弁済条件等は、

   ・退会会員=預託金を99‰をカットし、残り1%を一括弁済

   ・継続会員=預託金を97・5%をカットし、残り2・5%(15年据置)の新預託金証書を発行

 預託金は625万円がメインとなっており、この新預託金額は15万6250円となる。負債は、預託金約126億1200万円と借入金を合わせ、約261億5000万円。

 川島グループ URL=http://www.kawashima-group.co.jp/

 同社のゴルフ場運営会社・グリーンドーム http://greendream.jp/

 椿ゴルフ掲載・ゴルフ場ガイド及び関連ニュースへのリンク

  ・ ザ・フオレストカントリークラブ(静岡県)
  ・ 日本海カントリークラブ(新潟県)
  ・ ボナリ高原ゴルフクラブ(福島県)
  ・ 宜野座カントリークラブ(沖縄県)
  ・ 大村湾カントリー倶楽部(長崎県)

 その他に、オーシャンゴルフクラブ(静岡、ショートコース、全長3196Y、P54)がある。


     ↓↓↓ 平成25年8月8日追加

 ウェストワンズCC、(兵庫)川島グループがスポンサーの再生計画案可決

 既報通り7月18日に、「ウェストワンズカントリー倶楽部」(兵庫県加東市上三草1136-67、TEL:0795-42-2401)の経営会社・(株)ウェストワンズの再生計画案の賛否を問う債権者集会が開かれ、出席債権者数97%、再生債権総額95%の賛成多数で計画案を可決、同日大阪地裁から認可決定を受けた。

 川島グループ(中核企業=(株)川嶋、川嶋義勝代表、TEL:053-437-3711)がスポンサーとなり同CCを再建する内容で、会員に関する再生条件等は既報通りとなっている。グループゴルフ場はショートコースを含め7コース目となる。


     ↓↓↓ 平成28年7月10日追加(関連情報)

 平成28年7月1日、大金GC(栃木)を川島グループの(株)G7カントリー倶楽部が取得

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
最新・倒産ゴルフ場関連ニュースへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ