ユニマットグループ・ゴルフ場経営拡大

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ユニマットグループ・運営受託でゴルフ場経営拡大へ

ゴルフ特信より

 ユニマットグループのゴルフ場事業会社、(株)ユニマットリバティー(高橋洋二会長、鈴木秀夫社長、東京都港区南青山2-12-14、TEL03-5770-2080)は、次々に運営ゴルフ場を増やしている中で、今後は運営受託方式を含めてゴルフ場事業の拡大を目指していることを明らかにした。

 オフィスコーヒーの(株)ユニマットオフィスコ(東証一部上場)をはじめ、環境美化用品のレンタル、事業者金融などを展開する同グループは、レインボーヒルズCC(旧・銚子CC、千葉県)でゴルフ場経営に関わり、同CCを平成7年に傘下にしてゴルフ場経営に本格進出、一方で沖縄の南西諸島でゴルフ場・リゾート開発を行ってきた。

 平成15年からは中軽井沢CC(長野県)を傘下にするなど再生ゴルフ場を次々に買収して国内有数のゴルフ場経営グループとなった。〔その他、白鳳CC(千葉県)、多古CC(千葉県)、富岡バーディC(群馬)〕

 同グループでは、南西諸島の3コース(内1コースはショートコース、運営は(株)ユニマットフューチャー)や開発中の1コース(千葉県、仮称・千葉バーディC)を含め現在15コース経営(本紙基準では既設13コース、建設中1コース)と位地付けており、当面30コース程度まで運営コースを拡大して収益率を高めたい意向。今後のゴルフ場取得は5コース程度と想定、残り10コース程度を運営受託で増やしたい考えだ。

 ユニマットリバティーの鈴木社長は、これまで事業再生で収益が見込めると判断して拡大してきたが、競争の激化からゴルフ場の取得費が高まっており「今後は取得コストがかからず成長性の見込める運営受託を増やして、株式上場を視野に入れたい」と語っている。

 最近は減損会計の適用等で収益の向上について相談を受けるケースも増えており、賃貸借や運営指導等で運営受託を目指すという。交通アクセスも良く、収益改善の見込めるゴルフ場を中心に受託コースを増やしたい意向だ。

 同グループのゴルフ場運営は、高橋会長の「ゆとりとやすらぎを提供する」というグループ共通の理念が根底にあるという。運営コース拡大でスケールメリットを生かす他、和洋中レストランを経営しているノウハウを生かしレストランの運営や収益を改善するが、ゴルフ場毎の特性を生かした運営で画一的な運営は目指していないとしている。

 なお、会員中心の集客として、東京バーディCと中軽井沢CCは会員募集も行っている。

ユニマットリバティー、ゴルフ場保有会社を合併

ゴルフ特信より、平成19年3月28日

 ユニマットグループのゴルフ場運営会社、(株)ユニマットリバティー(高橋洋二会長、鈴木秀夫社長、東京都港区南青山2-12-14、TEL03-5770-2080)は、グループゴルフ場の保有子会社11社を合併し、1社に統合する。

 合併するのは、

ゴルフ場名 所在地 経営会社
中軽井沢CC 長野県 (株)中軽井沢カントリークラブ
レインボーヒルズCC 千葉県 (株)ユニマットヒルズ
多古CC (株)多古開発
白鳳CC 空港エンタープライズ(株)
矢板CC 栃木県 (株)矢板レインボーズ
東京バーディC 東京都 (株)東京バーディクラブ
ユーグリーン中津川CC 岐阜県 青木ヶ原高原開発(株)
オリエンタルGC 兵庫県 (株)オリエンタルゴルフ倶楽部
山口レインボーヒルズ関門菊川GC、他2 山口県 (株)山口レインボーカントリークラブ
ユニマット山口GC (株)ユニマット山口ゴルフ倶楽部
ユニマット沖縄GC 沖縄県 (株)ユニマット沖縄ゴルフ倶楽部

 存続会社は(株)中軽井沢カントリークラブで、合併とともに商号は4月1日付けで(株)ユニマットヒルズに変更する。会員券発行会社の商号が変更されることになり、4月1日以降発行される会員証券は新社名となる。

 ゴルフ場運営は従来通り、(株)ユニマットリバティーで、買収で増えている資産保有会社を合併することで経営の効率化を図るという。

ユニマットリバティー、グループゴルフ場の改修工事を順次行う
ゴルフ特信より、平成19年7月18日

 ユニマットグループの(株)ユニマットリバティー(東京都港区、TEL03-5770-2080)は、グループ入りした東京バーディクラブ(18H、東京都青梅市小木曽5-2943、TEL0428-74-5960)ではコース・クラブハウスのリニューアル工事をほぼ終了した。

 コースは排水が悪いところの暗渠排水工事を昨年行った他、レディスティを新設し今年梅雨明けから使用を開始する。クラブハウスは今冬季から空調・給排水関係の工事を行うとともに、レストランやエントランス等の内装工事を行い、今春完成した。

 またテラス部分は欧州スタイルに改装し、花壇には100種類の花を植えて飾るという。加えて使用されていなかったプールを改装し、滝や築山を備えた庭園を造っており、7月初旬にほぼ完成した。

 同グループによれば、同クラブが昨年30周年を迎え老巧化した施設を直す目的と、圏央道が中央道と直結し、都心からのアクセスが向上することもあり、施設をリニューアルしてゴルフ場のブランドを上げたい意向だ。これら改装費は4億円近くになるという。

 ユニマットリバティーは、ここ3年ほどで10コース以上買収し急拡大(現在保有は既設15コース)しているが、買収の翌年以降はすべて営業収支も黒字化しているという。ゴルフ場は今後も拡大方針にあるとしている。

 また、グループ入りしたゴルフ場で切替時期となった乗用カートも一新させており、富岡倶楽部(18H、群馬県富岡市)は6月1日からガソリンタイプからバッテリータイプ(ヤマハ5人乗り55台)に切り替えた。

オリエンタルGC(18H、兵庫県三木市)でもカート路をプレーしやすいように改造した他、7月より従来のマニュアルタイプから電磁誘導式の5人のリカーと(ヤマハ製)に切り替えている。

このページのトップへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ