四街道ゴルフ倶楽部を経営の四街道カントリー(株)が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース
四街道GC(千葉県)を経営の四街道カントリー(株)が民事再生法を申請
負債約29億円
東京商工リサーチより、平成30年4月2日

 東京商工リサーチ URL=http://www.tsr-net.co.jp/

 東京商工リサーチ(4月2日付)により、「四街道ゴルフ倶楽部」(18H、千葉県四街道市小名木268、TEL:043-432-8111)を経営の四街道カントリー(株)(住所=同、設立昭和47年3月、資本金2000万円、山崎昭久社長)は、4月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けたことが判明した。

 四街道GC URL=http://yotsukaido.co.jp/ (表示方法

 同GCのホームページには、「民事再生手続開始の申立て等に関するお知らせ」と題し、4月2日付けで下記の通り案内されています。ゴルフ場の営業は通常通り行っているという。

平成30年4月2日
四街道カントリー株式会社
代表取締役 山崎 昭久

 民事再生手続開始の申立て等に関するお知らせ

 本日、弊社は、取締役会において民事再生手続開始の申立てを行うことを決議し、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行いました(平成30年(再)第10号)。同申立ては、受理され、裁判所より保全処分及び監督命令の発令を受け、相澤光江弁護士が監督委員に選任されました。

 関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けしますことを、心よりお詫び申し上げます。

 弊社は、昭和47年10月、全9ホールで預託金会員制ゴルフ場「四街道ゴルフ倶楽部」を開場し、昭和55年10月にはコースを増設して全18ホールとし、営業を続けてきました。

 バブル経済崩壊後、徐々に預託金の償還請求を受けるようになり、近年は会員の皆様の高齢化により退会を希望される方も増加し、ますます多くの請求を受けるようになっていました。

 弊社では、分割払いにご協力いただくなどして対応してまいりましたが、償還に要する金額は年々増加しており、預託金償還問題に関して抜本的な対策を取らなければ、近い将来、資金繰りが破たんし、関係者の皆様に更なるご迷惑をお掛けすることが想定されました。そのため、弊社は、民事再生手続を利用して経営の建て直しを図ることを決断しました。

 再生手続開始申立後も、これまでどおりゴルフ場の営業を続けて参ります。会員の皆様のプレー権を保護し、皆様が心置きなくプレーできるよう、東京地方裁判所及び監督委員相澤光江弁護士の監督の下、役員・従業員が一丸となって事業の再建に尽力して参る所存です。

 皆様におかれましては、ご理解と引続きのご支援を賜りますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 以 上

 本件に関するお問い合わせは、下記コールセンターまでお願いいたします。

 [お問合せ先] 四街道カントリー株式会社 お問い合わせ専用番号
 TEL:043-308-9955
 受付時間:ゴルフ場休業日を除く平日 午前10時から午後5時まで

 申請代理人は中島広勝弁護士(星総合法律事務所、東京都中央区銀座2-5-5 共同ビルディング2F、TEL:03-3563-3263)ほか3名。監督委員には相澤光江弁護士(TMI総合法律事務所、東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー、TEL:03-6438-5511)が選任されている。

 負債総額は債権者約2760名に対し、約29億3000万円。

 同GCは、昭和55年10月開場。地元で幼稚園を経営していた山崎勇社長が9ホールのショートコースを建設してスタートした。その後、拡張し18ホールに拡大。JR総武線・四街道駅から車で約5分と近く、年配者や女性からも人気があった。

 コースは自然のうねりを持つ地形で、樹木も多く全体に短めで小ぢんまりとまとまっていて、要所にバンカーが配置されている丘陵コース(全長5,816Y、パー72)。

 東京商工リサーチによれば、バブル崩壊後はゴルフブームの沈静化などにより減収で推移し、平成29年4月期の売上高は2億5099万円にとどまっていたようで、約25億円の預託金の償還期限を迎えたものの、償還原資の確保が困難となり、今回の措置となったという。

 今後は、既報通りゴルフ場の営業を続けながら、スポンサー型で再建を目指す方針という。4月9日に四街道文化センター(四街道市大日396、TEL:043-423-1618)にて会員説明会が開催される予定。

 なお、同GCの会員権相場は現在停止中(今年になり突如、名変を停止に)だが、停止前(名変料30万円、年会費2・4万円=正会員、税別)の相場は、10万円〜15万円の範囲内で売買されており低位で低迷していたようだ。

 参考までに、今年に入り法的整理を行った関東地区でのゴルフ場は四街道をGCを含め5コース目となり、負債総額は約296億円となっている。

 ・鳩山カントリークラブ 埼玉県 3月28日 民事再生法 負債総額約32億円
 ・児玉カントリー倶楽部 埼玉県 3月13日 民事再生法 負債総額約96億円
 ・上毛森林カントリー倶楽部 群馬県 2月14日 破産 負債総額約27億円
 ・鳳凰ゴルフ倶楽部 群馬県 2月9日 民事再生法 負債総額約112億円

 これに地方の「大分CC」(大分県、約64億円)、「こんぴらレイクサイドGC」(香川県、約15億円)、「飛騨高山CC」(岐阜県、元経営会社、約31億円)の計約100億円を合わせると396億円となり、平成29年の約329億円(既設9コースの合計負債総額)を既に上回っていることが分かる。

 → 1995年〜2017年のゴルフ場倒産件数・負債総額の推移

 → 平成30年の倒産・経営交代ゴルフ場最新情報

 ちなみに、バブル崩壊以降のゴルフ場倒産による負債総額は16兆8449億円となっています。


     ↓↓↓ 平成30年4月11日追加

 四街道GC、FAに山田コンサルティンググループ(株)を選定

 4月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した、「四街道ゴルフ倶楽部」の経営会社・四街道カントリー(株)(山崎昭久社長)は、4月10日に同地裁から民事再生手続開始決定を受けた。

 同GCでは、今後の予定として下記の通り案内(一部省略)されています。また、スポンサーの募集・選定等のファイナンシャル・アドバイザーに、JASDAQ上場の山田コンサルティンググループ(株)(増田慶作代表取締役社長、資本金15億9,953万円)を選定したことも紹介している。

平成30年4月10日
四街道カントリー株式会社
代表取締役 山崎 昭久

 民事再生手続開始決定に関するお知らせ

 弊社は、平成30年4月10日午後3時、東京地方裁判所より再生手続開始決定を受け、弊社について民事再生手続が開始されましたのでご報告します。本件の事件番号及び今後の進行予定は、下記のとおりです。

 今後の進行予定

 (1)再生債権の届出期間 平成30年5月7日まで
 (2)財産評定書・報告書の提出期限 同年6月4日
 (3)認否書の提出期限 同年6月4日
 (4)再生債権の一般調査期間 同年6月11日〜6月18日まで
 (5)再生計画案の提出期限 同年7月2日

 また、弊社は、本日、監督委員の同意を得て、スポンサーの募集・選定等のファイナンシャル・アドバイザー(以下「FA」といいます)として山田コンサルティンググループ(株)(東京都千代田区丸の内1-8-1丸の内トラストタワー10F、TEL:03-6212-2521)を選任し、スポンサーの募集・選定等に係るFA業務を委託することに決定しましたので、併せてお知らせします。

 今後も、弊社は、東京地方裁判所及び監督委員相澤光江弁護士の監督の下、山田コンサルティンググループ(株)のサポートを得て、役員及び従業員が一丸となって事業の再建に尽力して参ります。皆様におかれましては、ご理解と引続きのご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 掲載元URL

 http://yotsukaido.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/262d8323e6e2cdeed99db203342593a3.pdf

 山田コンサルティンググループ(株)https://www.yamada-cg.co.jp/

アコーディア・ゴルフ、四街道ゴルフ倶楽部(千葉県)とスポンサー契約
平成30年6月26日

 既報通り、今年の4月2日に民事再生法を申請した、「四街道ゴルフ倶楽部」(18H、千葉県四街道市小名木268、TEL:043-432-8111)を経営の四街道カントリー(株)(山崎昭久社長)は、公募・入札手続を経て6月15日付けで同ゴルフ場の再生を支援するスポンサーに就任する契約を(株)アコーディア・ゴルフと締結したことが判明した。

 アコーディア・ゴルフは自社ホームページで、四街道カントリー(株)とのスポンサー契約締結に関して6月25日付けで下記の通り案内しています。

(株)アコーディア・ゴルフ  http://www.accordiagolf.co.jp/

「四街道ゴルフ倶楽部」を保有・運営する四街道カントリー(株)とのスポンサー契約締結のお知らせ

2018年6月25日
(株)アコーディア・ゴルフ

 (株)アコーディア・ゴルフ(代表取締役社長:田代 祐子)は、2018年6月15日付にて、四街道カントリー(株)との間で、四街道カントリーが保有・運営する「四街道ゴルフ倶楽部」の再生を支援するスポンサーに就任する契約を締結しましたので、下記の通りお知らせいたします。

 なお、四街道カントリーは 2018年4月2日に民事再生手続きの開始申立てを東京地方裁判所に対して行っており、当社は、同民事再生手続きを通じて、四街道カントリーのゴルフ場事業再生の支援を行う予定です。

1.スポンサー契約締結の理由

 アコーディア・ゴルフグループは、優良なゴルフ場施設を取得し収益改善を図ることを成長戦略の柱の一つとしています。そして、当社の運営するゴルフ場を中核として、「ACCORDIA GOLF ポイントプログラム」を介し、当社運営のゴルフ練習場とも一体となり、総合的にゴルファーをサポートする、他のゴルフ関連事業者にない優位性の構築を目指しております。

 ・・・・    中 略    ・・・・

 当社はかかるゴルフ場の再生を支援するため、今般、本スポンサー契約を締結し、今後は四街道GCの優位性に加えて、当企業グループのゴルフ場運営ノウハウの導入により、過去に再生したゴルフ場同様に収益面、利益面においても改善を行う予定です

 ・・・・    以下略    ・・・・

 発表元URL=http://www.accordiagolf.co.jp/file/pdf/news_20180625080911.pdf



 また、四街道GCも本日付けで「スポンサー決定に関するお知らせ」と題し、”弊社は、この度、監督委員の同意を得てスポンサーを選定致しました。今後のスケジュールやお問い合わせ先などの詳細はPDFファイル(下記内容)をご確認ください”と案内しています。

 スポンサー決定に関するお知らせ

平成30年6月26日
四街道カントリー(株)
代表取締役 山崎 昭久

 弊社は、平成30年4月10日の再生手続開始以降、弊社の再建を支援するスポンサー 企業の選定を進めてまいりました。

 このたび、会員の皆様の権利を保護し、「四街道ゴルフ倶楽部」の発展を図るうえで最適なスポンサーとして、株式会社アコーディア・ゴルフ(本店:東京都品川区東品川四丁目12番4号)を公募・入札手続を経て選定し、監督委員の同意を得て、平成30年6月15日、同社との間でスポンサー契約を締結しましたのでご報告します。

 今後の民事再生手続のスケジュールは以下のとおりです。会員の皆様を対象とする説明 会・報告会の詳細については、別途、書面にてご案内させていただきます。

  1.スポンサー選定に関する報告会 平成30年6月30日(土)
  2.再生計画案の提出期限     同年7月2日(月)
  3.再生計画案に関する説明会   同年7月下旬〜8月上旬ころ
  4.債権者集会             同年9月ころ

 弊社は、裁判所及び監督委員の監督のもと、再建に向けて全社一丸となって尽力して参 ります。引き続き、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

http://yotsukaido.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/57ad2c148d6f7b0ed488ec659f3a1dd4.pdf

 ちなみに、同GCの再生計画案に関しては現時点では明らかにされておらず、再生計画案の提出期限が7月2日となっていることから、近々、発表されるものと思われます。こちらに関しましても分かり次第に掲載させて頂きます。


     ↓↓↓ 平成30年9月7日追加

 四街道GC、弁済率70%の好条件

 民事再生手続き中で「四街道ゴルフ倶楽部」を経営する四街道カントリー(株)(山崎昭久代表)の再生計画案の賛否を問う債権者集会が9月12日に開かれることが判明。既報通り、(株)アコーディアーゴルフとの間で再生支援のスポンサー契約を締結している。

 再生計画案の骨子は

  ・退会会員及び一般債権者は、債権額を30%カット後の残り70%を弁済

  ・継続会員は、70%を新預託金(10年据置)としてプレー権を維持

 弁済率が70%と高いこともあり、可決要件の過半数同意はクリアしそうだ。なお、会員からの退会申出は11月中旬(再生計画の認可決定確定時期により変更となる場合あり)以降、一定期間受け付けるという。

 四街道GCは、東関東道・四街道ICから4キロ、JR四街道駅から約2キロと非常にアクセスに恵まれており、近隣にはアコーディア・ゴルフが運営するゴルフ練習場も数多くあり、各施設の相互利用が見込まれると判断したようだ。アコーディアは今後ゴルフ場施設の改修にも資金を投人する予定で、総額20億円以上の支援金を投入するものと思われる。


     ↓↓↓ 平成30年9月15日追加

 四街道GC、再生計画案が可決し即日認可決定

 既報通り、9月12日に四街道カントリー(株)の 再生計画案の賛否を問う債権者集会が開かれ、人数では投票者1827名中1819名(99・56%)、決議結果は議決権額にして93・23%の賛成多数で可決し、即日、東京地裁から認可決定を受けた。

 同GCのホープページでは下記の通り案内されております。

平成30年9月12日

 関係者各位

 再生計画案認可決定のお知らせ

四街道カントリー株式会社
代表取締役 山崎 昭久

 本日、東京地方裁判所において開催された債権者集会において、弊社が提出した再生計画案が賛成多数で可決され(投票者総数1827名、賛成:1819名、議決権総額に占める賛成者の議決権額の割合:93・23%)、同日付で、同裁判所から再生計画を認可する旨の決定がなされました。

 皆さまには、多大なるご支援とご理解を賜り、心より御礼申し上げます。今後、再生計画認可決定が確定した後、再生計画案に定められた内容に従って弁済を実施いたします。

 債権者の皆様には、別途、手続きをご説明した書面を送付させていただきますのでご確認ください。

 引き続き、弊社の民事再生手続につきご理解とご協力を賜りますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。

以 上

発信元URL
http://yotsukaido.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/09/e0868ddb26596b33867c21035f038458.pdf

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただきましても、事情が把握できてないためご説明をさせて頂くことが出来なせんので、直接コースにお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

四街道GC・ゴルフ場ガイドへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ