サンフォレストゴルフクラブ・三洋電機の子会社、民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・三洋電機70%出資子会社、(株)三洋スカイリゾート
民事再生法の適用を申請

帝国データバンクより、平成19年3月14日

 東証・大証1部上場の三洋電機(株)が70%出資する連結子会社、(株)三洋スカイリゾート(資本金5000万円、大阪府守口市京阪本通2-5-5、代表駒宮淳史氏、従業員35名)は、3月14日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は浜岡峰也弁護士(大阪市北区西天満2-8-5、電話06-6364-7636)ほか。監督委員には苗村博子弁護士(大阪市北区西天満2-6-8、電話06-4709-1170)が選任されている。

 当社は、1990年(平成2年)3月に三洋電機(株)の経営多角化の一環として設立。99年4月に「サンフォレストゴルフクラブ」(18H、岡山県真庭市)をオープン、ピーク時の2001年3月期には年間入場者数1万9000人を集客していた。

 しかし、オープン以来営業赤字が継続するとともに収入高も漸減、2006年3月期の年収入高は約1億7000万円に落ち込み、約1億2300万円の当期純損失を計上。黒字化のメドが立たず、借入金も増加の一途をたどっていた。

 こうしたなか、2011年から預託金の償還が始まり、さらなる追加資金が必要となっていたことに加え、親会社である三洋電機(株)の事業構造改革への取り組みの一環として、不採算事業である当社の経営継続を断念、今回の措置に至った。

 負債は約116億円。

 なお、現在、JASDAQ上場の(株)日本エスコン(東京都千代田区、分譲マンション事業)または同社子会社にゴルフ事業を譲渡する方向で交渉しており、3月14日に基本合意に達している。事業譲渡の完了後、(株)三洋スカイリゾートは清算される見通し。

 同日、三洋電機(株)の子会社の(株)三洋キャッシュ・マネージメント・センター(守口市京阪本通2-5-5)が、(株)三洋スカイリゾートに対する債権82億1700万円(貸付金81億9900万円+未収入金1800万円)について回収不能のおそれがあると発表した。

 また、三洋電機(株)では減損処理を行っており、今期業績に与える影響はないとしている。

支援先選定で再入札を行うサンフォレストGC(岡山県)

ゴルフ特信より、平成19年8月10日

 今年3月14日に民事再生法を申請した、サンフォレストゴルフクラブ(18H、岡山県真庭市福谷945-6)を経営する(株)三洋スカイリゾート(申請代理人=宇都宮一志弁護士、浜岡峰也弁護士他、清和法律事務所=TEL06-6364-7636)は、入札によるスポンサー選定を再度行うことになった。

 同リゾートは既報通り、申請前の入札でジャスダック上場の(株)日本エスコンを選定。日本エスコンとは、申請当日の今年3月14日に基本合意をしていたが、その後の折衝で支援条件の調整がつかず、合意を解消して再度の入札となったという。

 入札のスケジュールは、入札を希望する企業等の申込みを8月中旬まで受け付けて、同時期に入札要項をそれら企業に配布するとしている。その後、同リゾートは何らかの形で入札希望の企業を選別。選別した企業に対して同リゾートの経営情報や入札条件を開示して、9月上旬頃には入札を実施。

 実施後、速やかにスポンサーを決定するとしている。入札条件は厳しくなくプレー権の保障程度で、営業譲渡や同リゾートの株式譲渡等の条件も設けないとみられる。入札に参加を希望する企業の申込窓口は、前述の清和法律事務所。

 ちなみに、同リゾートは三洋電機グループ100%出資(筆頭株主は三洋電機で70%)の子会社で、既報通り平成18年3月期売上高は1億7千万円、営業利益は8400万円の損失、当期利益は1億23000万円の損失だった。

 負債総額は約116億円。内会員(法人会員325口、個人会員472口)の預託金は約34億円。なお、この入札により再生手続きのスケジュールは、当初の予定より遅れるという。

このページのトップへ
市川造園グループ、サンフォレストGC(岡山県)を買収へ
ゴルフ特信より、平成19年10月1日

 今年3月14日に民事再生法を申請した、サンフォレストゴルフクラブ(18H、岡山県真庭市福谷945-6)を経営する(株)三洋スカイリゾート(申請代理人=宇都宮一志弁護士、浜岡峰也弁護士他、清和法律事務所=TEL06-6364-7636)は、同社が経営するサンフォレストGC(18H、岡山県真庭市福谷945-6)を市川造園土木グループに事業譲渡することが、このほど分かった。

 三洋スカイリゾートは、既報通りジャスダック上場の(株)日本エスコンをスポンサーに選定してプレパッケージ型で再生法を申請したが、その後の折衝で支援条件の調整がつかず、日本エスコンは撤退。このため、三洋側は9月上旬にスポンサー選定を入札により行った。

 複数のスポンサー候補が入札に応じ選考の結果、市川造園土木グループの(株)市川ゴルフ興業(市川金次郎代表、東京都練馬区大泉学園町8-18-10、TEL03-3925-2323)を選定。

 三洋スカイリゾートの親会社である三洋電機(株)と市川ゴルフ興業は、9月25日に事業譲渡契約を締結した。譲渡価格は推定3億円。

 譲渡の時期については、大阪地裁の許可の問題もあるが10月末を予定しているという。その後、今年末までには再生計画案をまとめるとしている。

 会員の再生条件については、近々に会員に通知するとして明らかにしていない。但し、預託金は引き継がないが、プレー権(譲渡可か否かは不明)は保護することを譲渡の条件にして合意に達しているという。

 市川造園土木グループは、今年4月に秋田森岳温泉36G場(36H、秋田県)を買収しており、サンフォレストGCは今年2コース目の取得となる。グループ全体では26コース目のゴルフ場となる。

このページのトップへ
サンフォレストGC(岡山県)、カット後の預託金を全会員に弁済
ゴルフ特信より、平成19年10月1日

 サンフォレス卜GC(18H、岡山県真庭市福谷945-6)を経営し、民事再生手続中の(株)三洋スカイリゾート(申請代理人=宇都宮一志弁護士、濱岡峰也弁護士他、清和法律事務所=06-6364-7636)は、先ごろ再生計画案を会員等の債権者に配布した。

 同社は昨年3月に再生法を申請し、昨年10月末には市川造園土木グループの(株)市川ゴルフ興業(市川金次郎代表、東京都練馬区大泉学園町8-18-10、TEL03-3925-2323)に事業譲渡。同グループは従業員を再雇用して11月から継続して営業を行っている。

 関係者の話によると計画案の概要は、事業譲渡したことに触れるとともに、預託金等の一般債権は、営業譲渡代金と一部資産の換価金を持って弁済するとしている。

 全会員を含む一般債権者に対して、再生計画認可決定確定日から60日以内に免除後の額を一括弁済するとした内容だが、弁済率については、申請代理人、母体で上場企業の三洋電機等は「債権者以外にはお教えできない」として、明らかにしていないものの、10%未満のようだ。

 再生法申請時の負債総額は約116億円で、その内の会員(法人会員325口、個人会員472口)の預託金は約34億円としていた。会員のプレー権については、営業譲渡を受けた市川ゴルフ興業が承継。

 プレーの継続を望む会員には無額面の”資格証書”を発行するという。ただし、第三者等への譲渡については「会員や従業員と相談して決める」(市川代表)と語っている。

 なお、同計画案の賛否を決める債権者集会は2月25日(書面投票と併用、締切りは2月20日)に開かれる。

このページのトップへ
サンフォレス卜GC(岡山県)に再生計画認可決定
   事業は譲渡済み、希望する会員にはプレー会員権発行
ゴルフ特信より、平成20年3月10日

 サンフォレス卜GC(18H、岡山県真庭市、TEL0867-44-2100)を経営する(株)三洋スカイリゾートの債権者集会(書面投票と併用)が2月25日に開かれ賛成多数で再生計画案を可決、同日大阪地裁から認可決定を受けたことが、このほどわかった。

 決議結果は、出席債権者数、議決権総額共に100%近くの賛成だったようだ。

 ちなみに本紙既報通りゴルフ場事業は、昨年10月末に市川造園土木グループの(株)市川ゴルフ興業(市川金次郎代表、東京都練馬区)に譲渡されている。

 会員の再生条件は、退会、継続を問わず全会員に預託金の8・5%を再生計画認可決定確定日から60日以内に一括弁済するとした内容になっている。

 なお、既報通りプレー権の継続を希望する会員については、営業譲渡を受けた市川ゴルフ興業が承継し、無額面の”資格証書”を無料で発行するとしていた。

 その証書の譲渡性については未定としていたが、同GCでは「第三者譲渡を認めることになった」という。継続の申込みの期間は3月末まで。

   ↓↓↓

 平成20年6月17日付けで、再生手続終結決定を受ける。

このページのトップへ
その他・中国地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ