椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場・1週間の推移

週間相場動向 関東ゴルフ会員権取引業協同組合令和3年6月10日現在
(毎週金曜日に更新)

293コース(前週比3コース減)の平均相場は148万円で前週比3万円の アップ

約150コースの指定銘柄単純平均は194万円で前週比3万円の アップ

令和3年5月の会員権相場動向

 5月の単純平均相場(299コース)は147万円で、4月比±0万円となった。4月から税込みの総額表示切り替わったため比較し辛いが、昨年の9月から上昇傾向は続いているようだ。(下記、1年のゴルフ会員権相場表を参照)。

 今年に入り何度も申し上げたが、”本格的な上げ相場到来”と言っても過言ではなさそうである。コロナ禍での外出規制が逆にもたらした「3密」を避けられる空間であるゴルフ場に若者を中心に足が向けられたことが、会員権相場に大きく影響して来たと言うことだろう。コロナが終息するまで暫くの間はこの状態が続きそうである。

 但し、名義書換をしている山梨・静岡県を含めた関東9都県ゴルフ場数は435コースあるが、その中で実際に売買が行われているのは39%しかないのである。これじゃ〜”会員権市場の活性化”は到底望めない・・・我々会員権業者も苦しい状態が続くということです。

 続いて関東約150コース指定銘柄の動きですが、こちらも順調に推移しており単純平均相場に押されたのか今年に入り5ヶ月連続の値上がりである。5月27日付平均相場は196万円(先週比同)と4月の後半に若干下げたものの、昨年10月からの上げ基調に変化はなく、高値圏をキープしながら推移しているようだ(下記相場グラフ参照)。

 → PC版で詳細

 今後もコロナ禍による世界経済の減速による法人への影響(徐々には回復しつつあるが)、米中貿易摩擦や日韓問題、さらに消費増税よる個人消費の落ち込みやゴルフ人口の減少、それに伴うゴルフ場の閉鎖、その他諸々、明るい話題に乏しい日々が続きそうである。

 後は、ワクチン頼みだろうが(私は65歳以下なのでまだまだ先になりそう)、これでオリンピックが中止にでもならば日本経済に与える影響は大きく、”明るい話題に乏しい年”に+1として、マイナス要因が付け加えられることになる・・・それでもゴルフ会員権相場は上がり続けるのであろうか?

 *椿ゴルフも大変なんです、昨年6月から極端に取引件数が減って来ました、来年こそ、よろしくお願い申し上げます。 (-_-;) 


 *下記、更新相場のカッコ内は前最安値比

・平均相場の週間最安値更新
 令和2年5月14・21日 104万円(−2・0)
・約150コース指定銘柄の平均最安値更新
 平成28年11月24日 156・2万円(−4・5)

過去1年のゴルフ会員権相場表グラフ
約150コース指定銘柄1年の平均相場
過去10年間のゴルフ会員権相場表グラフ

県 別 相 場 表

共 通
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
茨城県 栃木県 群馬県 山梨県
静岡県 長野県 新潟県 福島県

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

PCサイトで見る

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/

住  所

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-2-15

お問い合わせ

0120010546