椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場・1週間の推移

週間相場動向 関東ゴルフ会員権取引業協同組合令和2年7月9日現在
(毎週金曜日に更新)

295コース(前週比15コース減)の平均相場は119万円で前週比2万円の  アップ

約150コースの指定銘柄単純平均は162万円で前週比2万円の  ダウン

令和2年6月の会員権相場動向

 6月のゴルフ会員権の単純平均相場(約320コース)は117万円(5月比+10万円)と”一挙に爆発”といった相場展開となった。コロナ禍の影響により2ヶ月連続の値下がりで5月には107万円とこれまでの最安値を更新一していたにも関わらずだ(下記、過去1年間の相場表グラフ参照)。

 先月、”5月25日の緊急事態制限解除により、毎週下げていた週間相場「106万円」→「104万円」→「104万円」が、最後の週には「115万円」と一気に11万円のアップである”とお伝えしたが、6月に入りその勢いに歯止めがかからず1ヶ月が過ぎた・・・これには私も正直驚いた。

 実感は特別ないが、同業他社も6月は低額物件を中心に個人の買いが増えたと話している。要因は5月記載通り、「コロナ禍で会員権相場が低迷していることは周知の通り、誰もが”収束すれば相場が持ち直すだろうから、この安い時期が買い時では”と。そこに政府の制限解除の一報、買い注文が殺到してきた」ということだろうと。

 しかし、低迷続きの相場展開での一時的な要因の上下運動であって元々明るい兆しは見えていなかった訳で、昨年の6月後半2週から120万円の大台を割り込んでからは12ヶ月間連続で一度も超えることはなく推移しているのが現実である。

色々な要因が考えられるが、その一つとして本欄で何度も申し上げてきた(下記枠内)が一向に改善されていない状態が続いていることを取り上げてみよう。ご参考までにお読みになって下さい。


 ”全く買いがないゴルフ場数”(売買が成立しないコース、このページ下段に掲載)が多すぎることである。特に都心から遠くなるほどに売り買い”ゼロコース”が多く、関東近県では約70パーセントの会員権が市場での売買不成立である。

 こんな状況で、ゴルフ会員権単純平均相場の上昇を期待するのは土台無理であろう。多くのゴルフ場が都心から離れれば離れるほどにプレーフィを安く設定しており、わざわざ名変料や年会費を払ってまでメンバーになるメリットがないのも大きな要因となっている。

 更に付け加えれば、ゴルフ場経営大手のA社の会員募集が何とも言いがたい? 名義書換料より安い募集金額を設定しているものだから、市場での売り買いが全く出ないのである。市場で会員業者を介して購入するより割安で入会できるということだ(もちろん、そのゴルフ場の会員権の資産価値はゼロに等しい・・・在籍会員はどう思っているのだろうか?)。

 同様に大手P社も会員募集を盛んに行っている。こちらは名義書換料より高く募集金額を設定も、約10万円程度の差しかなく結果的には、「市場価格+業者手数料+名義書換料<募集金額」となり、市場価格が低下し業者手数料も少なくなるという悪循環を招いている。

 これじゃ〜 ゴルフ会員権単純平均相場が上がる訳がない!・・・改善の余地が全く見られないのも残念である


 じゃぁ〜どうすればいいのか? 解決策は? このページ下記をご覧下さい・・・あくまで私的な見解です。

 逆に、関東約150コース指定銘柄の6月25日付平均相場は163万円(先週比−2万円)と、単純平均相場と真逆の動きを見せ、制限後も解除後も弱含みでの推移のままである。これまでの最安値156万円(平成28年11月24日)まで7万円と迫ってきている。

 要因としては、指定銘柄は法人の需給により左右されやすいことが考えられる。コロナ禍の影響をもろに受けた法人は、しばらくの間大きく動いてこないものと思われる。但し、コロナだけが要因とは考えられないことも、それ以前から下落状態は続いており、「日経新聞電子版」(下記参照)が伝えてきた通り、11ヶ月連続の”ゴルフ会員権相場下落続き”となっている。

 コロナ収束後に待ち構えているのが、世界経済の急減速による法人への影響、米中貿易摩擦や日韓問題、さらに消費増税よる個人消費の落ち込みやゴルフ人口の減少、その他諸々、明るい話題は乏しい。何とも泣きたくなるような雰囲気である。

 ここは暗く考えても仕方ない!逆に見れば会員権相場が低迷している時こそ”買いのチャンス”である。今秋を見据えて是非、前向きに検討して下さい。緊急事態制限解除後の油断大敵、3密、「1.換気悪い、2.密集、3.手届く距離で会話」に注意を払い、日本人全員が一致団結してコロナに打ち勝ちましょう!

 *椿ゴルフも大変なんです、6月から極端に取引件数が減って来ました、来年こそ、よろしくお願い申し上げます。 (-_-;) 


  → PC版で詳細


 *下記、更新相場のカッコ内は前最安値比

・平均相場の週間最安値更新
 令和2年5月14・21日 104万円(−2・0)
・約150コース指定銘柄の平均最安値更新
 平成28年11月24日 156・2万円(−4・5)

過去1年のゴルフ会員権相場表グラフ
約150コース指定銘柄1年の平均相場
過去10年間のゴルフ会員権相場表グラフ

県 別 相 場 表

共 通
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
茨城県 栃木県 群馬県 山梨県
静岡県 長野県 新潟県 福島県

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

PCサイトで見る

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/

住  所

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-2-15

お問い合わせ

0120010546