カワカミヴィラージュカントリークラブ(長野県)が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「カワカミヴィラージュカントリークラブ」経営
株式会社カワカミヴィラ−ジュ・民事再生法の適用を申請

帝国データバンクより、平成19年9月27日

 (株)カワカミヴィラージュ(資本金1億円、南佐久郡川上村大深山944-1、登記面=東京都千代田区神田須田町1-6、代表丸山暉雄氏)は、9月25日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日付で保全命令を受けた。

 申請代理人は古里健治弁護士(東京都千代田区麹町3-3、電話03-3265-0691)ほか。監督委員には笹浪恒弘弁護士(東京都千代田区丸の内2-4-1、電話03-3214-5551)が選任されている。

 当社は1985年(昭和60年)1月設立のゴルフ場経営業者。長野県南佐久郡川上村にて標高約1440mに位置するゴルフ場「カワカミヴィラージュカントリークラブ」の経営を手がけていた。

 大自然のリゾートコースとして知られ、東京・山梨方面の会員を多く抱え、2001年3月期の年収入高は約8億2000万円を計上していた。

 しかし、財務体質は次第に悪化し、2000年に迎えた預託金償還期限を10年延長する事態となっていた。2001年3月期の年収入高は約8億2000万円を計上していたが、来場者数も減少し、2007年3月期の年収入高は約6億円に低迷していた。

 このため当社は、事業譲渡先の選定を開始。このほどスポンサー候補が固まったため、今回の措置となった。

 負債は債権者約1600名に対して約73億円(うち預託金約52億円)。

 なお、9月28日午後6時からルポール麹町(東京都千代田区平河町2-4-3)で債権者説明会を開き、スポンサーを明らかにしたいとしている。

カワカミヴィラージュCC(長野県)・民事再生法を申請

ゴルフ特信より
・・・・    前 略    ・・・・

 同社は、昭和60年1月にゴルフ場開発のため設立。同CCは、昭和62年8月にゴルフ場開発の許認可を取得し、同年10月から建設工事を始め、平成3年5月にオープンした。

 県内で穂高CC(18H)を経営する穂高カントリー(株)のグループで、本紙の記録によると、会員募集は特別縁故300万円(預託金は8割)から開始し、最終のコース完成記念の募集は2000万円で行った。

 標高1400メートル前後に位置し、リゾートコースとして人気があり、帝国データバンク調べでは平成13年3月期に年収入高約8億2000万円を計上していた。

 しかし、12年に迎えた預託金償還期限を10年間延長、財務内容も悪化し、19年3月期は年収入高も約6億円に低迷していた。

 申請代理人によると、「まだ運営面では余裕があったが、将来を見越して今の時期にスポンサーを選定して再建を図るため再生法を選択した」と話しており、本紙が取材した段階ではスポンサー先の公表を控えているが、同社が9月28日と29日に都内と佐久市で開く説明会では、そのスポンサー先を明らかにするとしている。

 なお、本紙が入手した情報によると、城里GC(18H、茨城県)を経営するほか、ゴルフ場、ホテル、不動産関連等の再生事業も手掛けている(株)ノザワワールド(野澤敏伸社長、茨城県ひたちおなか市)のグループとスポンサーの件で基本合意を締結した模様だ。

カワカミヴィラージュCC(長野県)はノザワワールド傘下へ
ゴルフ特信より、平成19年10月3日

 9月25日に東京地裁へ民事再生法を申請したカワカミヴィラージュCC(18H、長野県)経営の(株)カワカミヴィラージュは本紙前号で報じた通り、城里GC(18H、茨城県)等経営の(株)ノザワワールド(野澤敏伸社長、茨城県ひたちなか市)をスポンサーに迎える方針であることが分かった。

 ゴルフ場は従来通り今年11月末まで営業、その後冬季クローズする予定だが、新スポンサーの傘下出コース改造等も計画しているようだ。

 ちなみに、(株)カワカミヴィラージュは、平成10年12月から昨年3月まで古河市営の古河ゴルフリンクス(18H、茨城県)を運営受託していたが、同市は昨年4月から指定管理者制度を導入し、穂高カントリー(株)が平成22年3月31日までの契約で運営を行っている関係で、現在は契約を解除している。

カワカミヴィラージュCC(長野県)がカワカミバレーCCに
ゴルフ特信より、平成19年12月26日

 城里GC(18H、茨城県)等を経営する(株)ノザワワールド(野澤敏伸社長、茨城県ひたちなか市)は、100%出資で新設した(株)カワカミバレーカントリークラプ(野澤社長)で、カワカミヴィラージュCC(18H、長野県南佐久郡川上村太字大深山944-1、TEL0267-97-3101)の不動産及び動産を12月1日付けで取得、ゴルフ場名を「カワカミバレーカントリークラプ」に変更して、冬季クローズ明けの来年4月から営業を開始する方針だ。

 同CC経営の(株)カワカミヴィラージュは既報通り、預託金の償還問題等からスポンサー型での再建を目指して今年9月25日に東京地裁ヘ民事再生法を申請(負債は会員約1500名の預託金52億円を中心に約73億円)。

 あわせて事業譲渡の許可申請を行い、11月28日に東京地裁から同許可を取得、ノザワワールド側にゴルフ場事業を譲渡した。今後、再生計画案を立案する方針で、来年1月中旬には会員ヘの弁済率等が決まる見込みだ。

 ノザワワールドの野澤社長は、「再生計画の成立を条件に停止条項付きで引き受けたのでまだ正式ではないが、会員にはグループゴルフ場の状況、経営姿勢を見てもらい、(継続するかどうか)判断してもらいたい」と話しており、同CCの会員向け説明会では、

  @ 継続会員の預託金(再生計画案で決まる弁済額)は据置期間を置かずいつでも返還する、

  A 年金費は据え置く、

  B 冬季クローズする来年3月までは城里CCで準会員料金でプレーを受け入れる、

 ・・・・等を約束したという。

 同CCは11月末で冬季クローズし従業員を解雇しているが、再開場する際には必要な人員を再雇用する方針という。

 ゴルフ場の正式引受けとなる再生計画の成立時期は来年4月末を予定。運営は(株)ノザワワールドが受託し、来春以降コース改造等にも取り組む考えも示している。

 レス卜ラン・ホテル等の再生事業も行うノザワワールドグループのゴルフ場はこれで2コース目。また、プ口ゴルファーの野澤社長は原点でもある練習場経営を再開する方針で、茨城県内で既存の練習場を買収し12月22日にオープンした。

 さらに、数カ所の練習場と買収・提携交渉を行っており、従来の事業で培った経営ノウハウを練習場にも活かし、練習場と提携したゴルフ場の集客も強化する考えだ。

 またノザワワールドは、城里GCの駐車場の一角に平屋建てのリゾートホテル「スターポイント」(34室、101名収容)を建設しており、1月から同ホテルの会員募集を開始する計画という。4月の完成を予定している。

カワカミミバレーCC(長野県)4月8日ブレオープン
ノザワワールド、4・5月はブレ料金での特別営集
旧経営の(株)カワカミヴィラージュは3月26日再生認可
ゴルフ特信より、平成20年4月2日

 (株)ノザワワールド(野澤敏伸社長、茨城県ひたちなか市)グループは4月8日に、カワカミバレーカントリークラブ(18H、長野県南佐久郡川上村太字大深山944-1、TEL0267‐97-3101)をプレオープンする。

 ゴルフ場経営は城里GC(18H、茨城県)に次いて2コース目。支配人は城里GCの笹嶋忠行支配人が兼務している。

 同ゴルフ場を経営していた(株)カワカミヴィラージュは昨年9月に民事再生法を申請、あわせて事業譲渡の許可申請を行い、同11月28に東京地裁から許可を取得し、ノザワワールド100%出資の(株)カワカミハレーカントリークラプ(野澤社長)にゴルフ場事業を譲渡した。

 同コースは昨年11月末に冬季クローズしており、コース名を変更しての今季営業となる。運営は(株)ノザワワールドが受託する。

 ただし、4月と5月はメンテナンスに最重点をおくとして、プレオープン記念の特別料金で営業。4月中の平日はロッカーと大浴場が一部補修で使えない関係で、料金は平日が昼食付きでメンバー3800円、友の会4300円、ビジター4800円、土・日祝日はポール1ダース付き(ポールを希望しない場合千円引き)でメンバー6800円、友の会8800円、ビジター9800円を予定。

 また、「びっくり宿泊プラン」もあり、GWを除く5月末まで平日1泊夕・朝食付き9800円、1泊夕・朝・昼食・ボール1ダース付き9800円、土・日祝日1泊夕・朝食・ポール1ダース付き1万5800円で受け入れる。

 ちなみに、友の会会員は年会費が個人1万5000円、法人会員は1名当たり1万2000円で5名以上の入会となっており、300名程度の入会を見込んでいる。

 一方、旧経営の(株)カワカミヴィラージュは今年3月26日に開かれた債権者集会で、再生計画案が賛成多数で可決し、同日東京地裁から認可決定を受けた。

 決議結果は出席債権者数938名のところ95・2%に当たる893名が賛成、議決権総額に占める賛成率は80・09%となり、再生法の可決要件を満たした。

 同社の再生計画案では会員など債権者に対して1・17%を弁済(再生計画認可決定確定後2ヶ月以内で一括弁済)、継続会費についでは弁済金額を新預託金とした会員権をノザワワールド側が発行する予定となっている。

      ↓↓↓

 平成20年6月25日付けで、再生手続終結決定を受ける

      ↓↓↓

 平成26年10月13日をもって、カワカミバレーCCを閉鎖

情報掲載に関するお知らせ
 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
カワカミバレーCC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ