別府ゴルフ倶楽部・競売開始決定

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

島崎観光開発(株)の別府GC(大分県)に競売開始決定

ゴルフ特信より、平成18年

 大分地裁杵築支部が平成18年5月29日、昭和5年に開場した歴史のある別府ゴルフ倶楽部(36H、大分県杵築市山香町上区)の不動産に対して競売開始決定を下したことが、このほど明らかになった。

 裁判所の決定文によると、事件番号は「平成18年(ケ)第20号」で、申し立てたのはPG(PGGIH)グループのパシフィックゴルフプロパティーズ(株)(PGP、草深多計志代表)。

 同事件の相手方当事者は債務者兼所有者の島崎観光(株)(中島茂人代表)と所有者(一部)の(株)別府カンツリー倶楽部(山田尚司代表)となっている。このまま推移すると売却基準価額等が決まり、入札が行われることになる。

 島崎観光開発(株)は創業者の島崎悦吉氏が昭和34年に設立し、ピーク時には吸収合併した別府GCをはじめ、阿蘇GC赤水コース(昭和41年開場、27H、熊本県)、九州CC春日原G場(昭和34年開場、18Hも昨年8月から9H営業に、福岡県)の既設3コースの他に、開発許可認定を取得した東別府GC(18H計画、大分県)を傘下に収めていた。

 しかし、ゴルフ場開発計画の失敗等もあり経営が逼迫して債権債務の整理に入り、既報通り、阿蘇GCと九州CCを平成16年までに手放している。今回の競売が実行されて競落されると、同社の既設ゴルフ場は完全に消滅することになる。

 競売開始が決定した別府GCの不動産は、約270万平方メートルのゴルフ場用地と平成5年に増設9ホールとともに完成したクラブハウス(約4500坪)、ホテル(41室、定員61名)。当時は工事費(約80億円)等の捻出のため1600万円で会員募集も行っていた。現会員数は約1100名。

 ちなみに、同GCの不動産は福岡シティ銀行等が担保権を設定し、九州債権回収を経てPGPが担保権を確保した。PGPは、島崎観光開発(株)と交渉して経営権を取得し再建する計画だったようだが、同ゴルフ場の運営を行っている(株)別府CCを含め協力者が得られず競売の申立になったようだ。

 PGPは本紙の取材に対して「ゴルフ場の再建を目指したが、全ての問題をクリアするには競売しかなかった。入札が開始されれば、PGグループで競落する考えだ。競落後に、会員のプレー権や従業員の処遇などの問題が新たに浮上する。

 預託金については不明な点が多く、方針が定まらないが、プレー権は保障し、従業員は再雇用する」と説明している。

別府GC(大分県)、売却基準価額約16億円で初の競売

ゴルフ特信より、平成19年3月19日

 大分地裁杵築支部より昨年5月29日に競売開始決定を下された別府GC(27H、大分県)の不動産が、3月13日から初の競売に付された。

 競売対象となっている物件(事件番号「平成18年(ケ)第20号」)は、「杵築市山香町大字久木野尾字西カヤノ原1753番4」外の土地面積計248万5104u及びクラブハウス(鉄筋コンクリート造地下1階付4階建て、床面積計1万1155.47u)、ホテル(鉄筋コンクリート・軽量鉄骨造2階建て、床面積計1677.48u)で、入札期間は”3月13〜20日”、開札は”3月27日”、売却決定日は”4月10日”。

 最低売却価額は16億474万7000円で、買受可能価額は12億8379万7600円となっている。

 既報通り、同GC不動産の競売を申し立てたのは、同不動産の担保権を確保しているPG(PGGIH)グループのパシフィックゴルフプロパティーズ(株)(PGP、草深多計志代表)で、PGPでは自己競落する意向を示している。

このページのトップへ
競売の別府GCをPGグループが落札
ゴルフ特信より、平成19年4月18日

 競売になっていた別府ゴルフ倶楽部(36H、大分県杵築市山香町上区)は、PG(PGGIH)グループのパシフィックゴルフプロパティーズ(株)(PGP、草深多計志社長)が予定通り落札した。

 4月10日に大分地裁杵築支部から売却決定が下りたもので、競落価額は「27億100万円」だった。最低売却価額は16億474万7000円で、買受可能価額から見ると倍以上の価額が付いた。

 競売対象となった不動産(事件番号「平成18年(ケ)第20号」)は、「杵築市山香町大字久木野尾字西カヤノ原1753番4」外の土地面積計248万5104u及びクラブハウス(鉄筋コンクリート造地下1階付4階建て、床面積計1万1155.47u)、ホテル(鉄筋コンクリート・軽量鉄骨造2階建て、床面積計1677.48u、41室、定員61名)で、入札は3月13〜20日にかけて行われた。

 同GCは、担保権者であるPGPの申立てで、昨年5月29日に競売開始決定を受けていた。PGグループは、約1100名在籍する会員のプレー権については保護する方針のようだ。

 現在同GCを運営する(株)別府カンツリー倶楽部との調整もあり、PGグループが経営・運営を行うまでには時間がかかるとみられる。

 ちなみに、同GCは大分自動車道・速見ICから300メートル、別府駅から車で約25分、大分空港から約30分とアクセスに恵まれている他、昭和5年開場と歴史のあるゴルフ場で、一時は3コースを経営していた島崎観光開発(株)のメインコースでもあったことから、地元では競売結果が注目されていた。

このページのトップへ
PGグループ、別府GC(大分県)を正式に傘下に収める
ゴルフ特信より、平成20年1月9日

 PG(PGGIH)グループは、昭和5年開場の別府ゴルフ倶楽部(36H、大分県杵築市山香町久木野尾1753)を正式に傘下に収め、昨年12月21日から同グループのパシフィックゴルフ・マネージメント(株)(PGM)が運営を開始した。

 本紙既報通り、同グループのPGPアセットホールディングス1有限会社(PGPAH1、草深多計志代表取締役)は、昨年5月17日にゴルフ場とホテル施設を競売で取得(27億100万円で自己競落)したが、平成16年頃から同ゴルフ場を営業していた(株)別府カンツリー倶楽部(山田尚司代表取締役)との間の調整がつかず、営業や運営に入れなかった。

 そこで法的手続き)強制執行)を行い、(株)別府CCから明渡しを受けた。最終的にはスムーズに経営・運営の移行がなされたという。歴史のあるゴルフ場だけに、コース名は変更しないとしている。

 PGグループ入りしたことについて、PGPAH1と(株)別府CCは連名で「営業主体が変更した」旨を会員に通知したが、そこでは、新生「別府GC」は(株)別府CC及び島崎観光開発(株)(旧経営会社)の権利義務(施設利用権、預託金返還請求権等)を承継しないと報告している。

 ただし、会員資格の取得を希望する会員(平成17年時点で1275名)には、無額面で譲渡可のプレー会員権をPGPAH1が発行することになった。

 入会受付期間は昨年12月21日から今年の12月31日までとしており、入会に伴う手数料は1万8900円(税込み)、必要書類は会員であったことを証明する書類(証券のコピー等)等としている。入会者の年会費は、1万8900円(税込み)。

 なお、今回の営業等の移行に伴って、同ゴルフ場は電話番号を「0977-44-6002」、 ファックス番号を「FAX0977‐44-6013」に変更した。

このページのトップへ
その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ