長太郎カントリークラブ

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

椿ゴルフTEL:0120−010−546      メール

ゴルフ会員権・トップ 会社案内 ゴルフ会員権相場 格安物件 税金対策 取引の流れ 売買依頼書 質問Q&A

長太郎CC・コース案内

千葉県相場表へ コースTEL:0476-73-7711
開場日 1979年10月(昭和54年) ホール / P 18H / Par72
設計者 菊永 吉隆 グリーン ベント2グリーン
種 別 丘陵コース コース 千葉県成田市奈土1413-1
面積 80・0万u レート 71・5
ヤーデージ 6,857y 練習場 280Y/18 AP・BK有り 地図
加盟団体 JGA・KGA加盟 プレー キャディ付・セルフ、乗用K
書換料 正30 平10 会員数 正1586 平274 ゴルフ場HP
入会金 この列の単位は万円 会員名簿 平成14年発行(預託金制) 長太郎CC
年会費 正3・6 平2・4 高速道路 東関東自動車道・大栄IC〜6q
入会条件

※名義書換料及び年会費は税別料金です

※会員数は、令和元年10月31日現在の在籍数

・国籍制限無し 女性入会可(定員200名になるまで)
・正会員1名(1年以上在籍、実印・印鑑証明書添付)の紹介
・コースにて面接有り
・平日会員(土曜可)
名義書換要項はこちら

※平成23年(2011年)2月から名変料、減額・充当プランを実施中

  → PGMグループゴルフ場の2011年名義変更入会プランについて

  → PGMグループゴルフ場の2012年名義変更入会プランについて

※令和3年3月31日までも同様に、名変料、減額・充当プランを継続

  → PGMグループゴルフ場の名義変更入会プラン及び預託金充当について

長太郎カントリークラブの場合
期間中の名義書換料=減額後名変料−預託金の範囲内で充当可(例:150,000円)
正会員:330,000円−150,000円(充当金額)=180,000円(税込)
平日  :110,000円−50,000円(充当金額)=60,000円(税込)

※充当金額は預託金の範囲内(消費税分も充当可)で自由に選択できます。

経営・系列 ・経営会社:PGMプロパティーズ(株)
・系列コース:PGMグループゴルフ場
・旧経営会社:長太郎ゴルフ(株)
メンバーフィ ・平成28年3月30日 現在(要確認)
・全日:8,060円(昼食付・セルフ、キャディ付は+3,675円)
・メンバー枠有りで平日は取り易いが、土日(2ヶ月前予約)であれば予約状況良い)
競技会 ・月例以外に年間7〜8回程度開催
特典・制度 PGMグループの会員特典(P−CAP)
交通・その他 ・JR総武、京成線・「成田駅」からタクシーで約30分(クラブバス有り・要予約)
長太郎カントリークラブ・過去の経緯 地元の千葉を中心に不動産業をはじめ、長太郎団地、中国料理「長太郎飯店」を展開する長太郎グループが建設。79年に開場して以来、日本一の接客サービスの良いゴルフ場を目指して運営。キャディ、従業員の接客マナーは徹底している。

 →(株)長太郎は平成18年12月25日、千葉地裁へ特別清算手続開始を申立

 しかし、この市場低迷期に相場を支える決定的な材料とはなり得なかった。コース内容も水準をキープしており、買い意欲を喚起する話題が欲しいところだ。

 平成13年6月に預託金据置の10年延長を会員に通知した。同時に退会者分の補充募集を行うことも決定。

■平成16年9月1日〜11月30日まで名変停止

 旧、正会員:30万円 平日:20万円=各税別)
 会員数欠員補充の為。欠員会員募集理由・主に女性用施設改修の為。
 募集金額・・・預託金80万円、入会金40万円(税別)、募集人数・・・100名、ローン可能

■平成17年1月20日より、名義書換再開

 預託金据え置き期間を15年間に延期

■平成17年10月1日より、LSグループに運営委託

 同CCは、ローンスター(LS)グループの運営会社、パシフィック・ゴルフ・マネージメント(株)に、運営を委託している。長太郎ゴルフ(株)が、会員へ配布した案内文によると”従来通りの陣容、体制に加えPGM社が有するノウハウ他を全面的に活かし、より良いサービスを提供していくことを企画”と、説明している。

 同CCの従業員は従来通り長太郎ゴルフ(株)に籍を置き、ゴルフ場名の変更もないとしている。また、同CCへ資材等を納入している業者についても納入先は従来通り長太郎ゴルフ(株)となっている。香取敬彦支配人は10月末付けで退社し、逸見健雄副支配人が支配人代行となっているが、香取支配人の退社はPGMの運営受託とは関係ないとしている。

 現在のところ、PGMのスタッフが常駐して運営面の管理を指導しているわけではなく、財務・経理面を含めたコンサル的な指導のようだ。ちなみに、同CCはこのほど本社機能を長太郎グループのある千葉県船橋市からコースに移転している。これにより、同CCは現場で全て処理を出来るような体制になっている。

    ↓↓↓

■平成17年9月30日、ローンスターグループの傘下に

 LSグループ入りを表明。長太郎ゴルフ(株)の株売買で、前・代表取締役が明かす。

■平成18年4月11日、経営会社の長太郎ゴルフ(株)民事再生法の申請

 東京地裁に対し、民事再生手続き開始の申立を行い、受理されました。景気低迷によって過大な負債を解消することが出来ない状態にあるとともに、預託金返還請求がなされるなど、現状のままでは債権が困難であると判断し、申立を行うに至った旨。名義書換は当分の間停止に(旧、正会員:30万 平日:20万=各税別)。

■平成18年8月23日、再生計画案が認可決定を受ける

 退会会員へは預託金を96・4%カットし残り3・6%を一括弁済(最低でも10万円)。 継続会員は、94・4%カット後の5・6%が新預託金となる証券を発行(10年据置)。運営は引き続きLSグループのPGMが。

■平成19年1月17日、東京地裁より民事再生法の終結決定を受ける

■平成19年2月14日より、名義書換再開

 名変料、年会費等は以前と同じ。

■平成19年3月、経営会社が新設分割を実施

 長太郎ゴルフ(株)は、新設分割で新設される奈土興産(株)に同CCの経営に係る事業の権利義務を承継させることになった。

■平成19年3月30日付けで経営株を取得

 PG(PGGIH)グループは、同CCを3月30日付けで傘下に収めた。経営するのは奈土興産(株)で、既報通り長太郎ゴルフ(株)から同CCの事業を承継するため新設分割で3月30日に設立された。更に同日、奈土興産(株)は、PGPAH4(株)へ商号変更された。

 PGグループの大洋緑化(株)がローンスター(LS)グループの(株)スター・キャピタル、(株)スター・プロパティーズ、長太郎ゴルフ(株)の3社から奈土興産(株)の全株式を譲り受ける。運営は従来通りPGMが行う。ちなみに、同CCの平成18年3月期の売上高は5億5400万円で、営業利益は2600万円としている。

 → 平成20年7月1日、PGPAH4(株)はPGMプロパティーズ1(株)に吸収合併される。

 → 平成22年6月30日、PGMプロパティーズ1(株)はPGMプロパティーズ(株)に吸収合併される。

■平成21年1月1日より、年会費値上げ

会員権種類 改訂前 改訂後
正会員 25,000円(税別) 36,000円(税別)
平日会員 18,000円(税別) 24,000円(税別)
*女性入会制限の解除を決めた
 現会員数は135名だが200名になるまで一時的に

 正会員:25,000円 → 36,000(税別)  平日:18,000円 → 24,000円(税別)
 また、女性入会制限の解除を決めた、現会員数は135名だが200名になるまで一時的に。

■平成23年12月5日付けで、PGMホールディングス(株)の筆頭株主に(株)平和

 11月29日に自社HPのIRニュースで株式の公開買付けの結果を発表したもの。

■平成27年7月29日、(株)平和の完全子会社化により、PGMHは上場廃止に

■平成29年7月1日より、正会員補充募集(無額面、全て入会金)

募集概要 募集金額
正会員 400,000円(税別)
会員紹介 350,000円(税別)
平成30年12月、正会員募集は終了致しました
平日会員 200,000円(税別)
会員紹介 150,000円(税別)
募集口数 正会員:50口、平日:20口 
*名義書換は継続して行います
*会員の親族入会=会員の預託金充当可
*入会窓口は椿ゴルフ TEL:0120-010-546

 → 平成31年4月26現在、上記会員募集は「正会員・平日会員」共に終了しました

■令和2年1月より、クラブハウスの大規模改修工事に着手(約1年間)

 開場40年を経てクラブハウスの設備が老朽化し建物診断を実施した結果、耐震性については現時点で倒壊の危険性は低いことが確認できたが、材料強度・設備機器・各種配管については営業に支障がでる状態と確認されたため、全体的な改修工事が必要との結論に至ったという。

 → 改修工事に伴い、令和2年度(1〜12月)の年会費値下げ(1年間限定)も令和3年度から値上げに

会員権種類 通常料金 特別料金
*令和2年度の年会費は値下げされます
正会員 36,000円(税別) 30,000円(税別)
平日会員 24,000円(税別) 20,000円(税別)
*令和3年度からの年会費は値上げされます
改訂前 改訂後
正会員 36,000円(税別) 42,000円(税別)
平日会員 24,000円(税別) 28,000円(税別)

 → 令和元年12月1日より、上記会員募集(金額は同じ・割引き無し)を再開

 → 令和2年3月1日現在、上記会員募集は終了

長太郎カントリークラブに関しての評価をメール下さい(随時掲載させていただきます)
長太郎カントリークラブ
このページのトップへ

千葉県・ゴルフ会員権相場表

東京都・神奈川県
共通
埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 静岡県 長野県 新潟県 福島県

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい

長太郎CCのゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ