鈴鹿の森カントリークラブ経営の鈴鹿の森観光開発(株)が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

鈴鹿の森カントリークラブ(三重県)経営・鈴鹿の森観光開発株式会社
民事再生手続き開始を申請

帝国データバンクより、平成13年12月3日

 鈴鹿の森観光開発(株)(資本金8000万円、三重県鈴鹿市西庄内町1882、登記面=名古屋市千種区星が丘元町1-5、代表永瀬勝也氏、従業員35人)は、平成13年12月3日に名古屋地裁へ民事再生手続き開始を申請し、12月6日に同地裁より保全命令を受けた。

 申請代理人は、西野泰夫弁護士(名古屋市中区三の丸1-14-7、電話052-203-0550)。

 当社は、1986年(昭和61年)7月に設立され、1989年10月に開場された「鈴鹿の森カントリークラブ」の経営を手がけていた。同ゴルフ場は、東名阪自動車道の鈴鹿インターから4kmの場所に位置し、 145万uの丘陵地に6781ヤード、18ホールを設け、コース設計は青木功氏が手がけていた。

 利便性が良いこともあって名古屋方面の法人客を呼び込み、オープン当初は相応の集客を行ってきたが、新たに手がけた四日市市内のゴルフ場開発計画が半ばで頓挫したことや、不況が長期化するなか接待利用を中心とした入場客数の減少は避けられなかった。

 このような状況下資金繰りは逼迫、信用不安説が流れ会員が預託金返還の裁判をおこしていたがこれに敗訴し、同法の申請となった。

 負債は預託金 163億円を含む約 180億円。

   ↓↓↓

 平成20年5月20日、アコーディア・ゴルフが取得

その他・中部地区・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ