サエラカントリークラブ経営・尾瀬高原リゾートがが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

スキー場、ゴルフ場運営・第3セクター・尾瀬高原リゾート株式会社
民事再生手続き開始を申請

帝国データバンクより、平成14年11月14日

 スキー場やゴルフ場などリゾート開発を手がけていた昭和グループの1社、尾瀬高原リゾート(株)(資本金5000万円、東京都中央区八丁堀3-26-8、川島潤之輔社長)は、平成14年11月14日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。

 申請代理人は田邊勝己弁護士(東京都千代田区平河町1-7-16、電話03-3511-8550)。なお、監督委員には小林克典弁護士(東京都千代田区麹町4-2-1、電話03-3234-2941)が選任されている。

 同社は、総合リゾート施設の運営を目的として、ゴルフ場経営の昭和総合開発(株)と地元片品村などの出資による第3セクター方式で、1987年(昭和62年)10月に設立された。

 群馬県利根郡片品村の地域振興と通年雇用対策として同地区にゴルフ場、スキー場およびホテル、その他附帯施設の運営を目指し、94年12月にスキー場「サエラスキーリゾート尾瀬」をオープン、初年度の入場客は15万名を記録するなどスキーブームにより人気を集めた。

 その後、96年6月にはゴルフ場「サエラカントリークラブ尾瀬」(18ホール)をオープンし、97年9月期の年収入高は約10億3000万円を計上していた。

 その後、ゴルフ場、スキー場の運営を別会社に委託するなどしていたが、こうしたなか、親会社である昭和総合開発(株)が99年10月に和議開始を申請(2000年6月に民事再生法に切り替え)。

 当社も多額の金融債務や入場者数の低迷から苦しい経営を余儀なくされ営業譲渡先を模索していたが、このほどその目途が立ったことで民事再生法の申請となった。

 負債は約288億円。


     ↓↓↓

 平成15年9月17日、尾瀬高原リゾート(株)が破産宣告を受ける

サエラCC尾瀬(群馬)を、さくらリゾート(株)が買収
ゴルフ特信より、平成16年6月1日

 さくらリゾート(株)(東京都千代田区平河町1-1-9 TEL03-3239-5521 菊地原徹社長)が、昨年9月17日付けで東京地裁から破産宣告を受けた尾瀬高原リゾート(株)(東京都中央区八丁堀3-26-8)の破産管財人・小林克典弁護士(TEL03-3234-2941)から譲渡を受けたもの。

 売買代金は、ゴルフ場の他に30室の「サラエリゾート尾瀬」等を含め5億円未満(推定)だった。

 さくらリゾートは、これらリゾートの運営を請け負うために菊地原社長らが設立した新会社で、管財人からリゾート施設の運営を委託され、昨年12月にスキー場の運営、今年4月24日からゴルフ場の運営にタッチしてきた。

 ちなみに同ゴルフ場には、正平等の会員1141口(募集は平成5年から、募集金額800万円-分割、400万円、平日200万円等で実施)が在籍しており、その預託金総額は31億5490万円となっている。

 会員の処遇について、管財人は「(破産財団の資金は十分でないため)金銭的な弁済はない」としているが、「会員のプレー権を保証することを条件に、さくらリゾートに譲渡した」と語っている。

 会員権の種類が多様なため、さくらリゾートはそれぞれの会員権をどのような形のプレー権にするかを検討中のようだが、基本的には無額面で譲渡可のプレー会員権となりそうだ。

 尾瀬高原リゾート(株)は、平成13年に再生計画案が成立した昭和総合開発グループを中心に片品村等出資した第三セクターで、14年11月に再生法を申請。

 しかし、予定していたスポンサーの撤退などから、再生計画が立案できず破産となった。再生法申請時の負債は約288億円。なお、尾瀬リゾート(株)の最終者集会は、7月26日に開かれる。


     ↓↓↓ 平成26年7月2日追加

 経営交代により、サエラCC尾瀬→ 「サエラ尾瀬ゴルフ&リゾートホテル」に名称変更


     ↓↓↓ 平成29年5月11日追加

 サエラ尾瀬ゴルフ&リゾートホテル、平成28年の営業をもってゴルフ場を閉鎖

情報掲載に関するお知らせ
 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
サエラCC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ