ゴルフ会員権売買時の損益通算は18年もOKへ

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ会員権売買時の損益通算は18年もOKへ

ゴルフ特信より、平成17年12月22日

 与党(自民党、公明党)は、平成17年12月15日に「平成18年度税制改正大綱」を決定したが、ゴルフ会員権に関する税制上の改正を見送った。これにより、来年度も今年度と同様にゴルフ会員権やリゾート会員権は損益通算できることが、ほぼ確実となった。

 ゴルフ会員権の損益通算の問題は、平成12年に政府税調が検討課題として取り上げ、昨年は一般紙が”財務省がゴルフ会員権の売却損相殺廃止を検討”と報じたことから問題が大きくなった。

 既報通り今年6月には、政府税制調査会が「個人所得課税に関する論点整理」と題する中間報告で”個人の会員権の売買による損益を、所得と分離して課税する考え”として分離課税(土地や株式等の場合は譲渡益がでた場合は利益の20%に課税)の導入を検討するよう提案していた。

 一方で、日本ゴルフ関連団体協議会(ゴ連協)は、平成18年度の税制改正に向けて9月20日に自民党の税制調査会に「預託金の償還問題が再燃してゴルフ場経営が窮地に追い込まれる」として、損益通算廃止に反対であることを表明してきた。

 国の税制の要になる大綱で、会員権については触れていないことから分離課税の導入はないと考えられ、18年度も従来通り会員権の売買で発生した損益は所得と通算することになり、損が出た場合は税金の還付も可能となる。

ゴルフ会員権売買時の損益通算は19年もOKへ
ゴルフ特信より、平成18年12月22日

 与党(自民党、公明党)は、平成18年12月14日に「平成19年度税制改正大綱」を決定したが、ゴルフ会員権に関する税制上の改正は盛り込まれなかった。

 これにより、19年度も今年度と同様にゴルフ会員権やリゾート会員権の売却時に損益通算できることが、ほぼ確実になった。

 ゴルフ会員権の損益通算については廃止する方向で、財務省を中心に平成12年から動いている。昨年は政府税調が中間報告で、損益通算を廃止し分離課税(土地や株式等の場合は譲渡益がでた場合は利益に課税)にすることを提案したが、今年は話題にならなかった。

   ↓↓↓

 椿ゴルフ 談

 石弘光会長から本間会長に代わった途端の、「政府税制調査会の本間正明会長が公務員宿舎に知人女性と同居していると週刊誌に報じられた」問題で、個人的には”損益通算廃止論”は論議されない模様。来年の参議院選までは100%大丈夫でしょうね(平成18年12月)

 但し、参議院選以降は消費税も含め、大きく取り上げられる可能性は大でしょう。

このページのトップへ
損益通算廃止論の流れへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ