軽米カントリークラブを(株)フーチャーインベストメントが落札

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買-椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120-010-546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

競売で6月から経営会社交代・東京の投資会社(株)フーチャーIが落札

ゴルフ特信より

 ゴルフ場が各地で競売にかかっている。東北地方では軽米カントリークラブ(27H、岩手県九戸郡軽米町)が競売にかかり、3月下旬に東京の関係者が入札した。同ゴルフ場の最低売却価格は5億800万円だった。落札した側が競売の代金を支払ったかどうかは不明だが、現地では「関係者はまだコンタクトしてこない」という。

 同CCの価格は関東の18ホールのゴルフ場並み。年間で約3万5000人の利用者があることから、キャッシュフローは出るといわれてる。同じく、岩手県九戸郡にある18ホールのゴルフ場も、外資系の申立で3月に約3億8000万円の最低売却価格で競売になったが、こちらは入札者がいなかった。

  ↓↓↓

 前述の通り、競売にかかっていた軽米カントリークラブは、新経営会社により平成17年6月1日から「軽米フェニックスカントリークラブ」に名称を変更した。

 同CCでは最低売却価格5億800万円で競売にかけられ、3月下旬に東京の投資会社・(株)フーチャーインベストメント(永田仁社長、資本金1031万円)が約7億4500万円で落札した。

 同社ではこれまで同CCを経営してきた(株)日本ライベックスと4月下旬に譲渡契約を締結。新たに設立された(株)バーディアセットマネジメント(栗原茂代表取締役、本社・東京都、資本金3000万円)と業務委託契約を結び、新会社が6月1日から現地従業員約90名を引き継ぎ、運営に乗り出した。

 既存会員には、5月に経営母体の交代を通知しており、約4000人の正会員の預託金返還請求権は消滅するが、2年間は会員としてプレーを受け入れるという。また、登録料30万円の納付で新会員権に切り替える。同登録料でコース改修工事等に充てるとしている。

 6月から新たに就任した杉山抑支配人は「関東近郊のゴルフ場とは違い、コンペの需要が多くキャディも多く抱えている。営業方針は劇的に変化するのではなく、収益も考えて徐々に見直していきたい」と話している。

 同CCは平成3年に開場。経営していた(株)ライベックスは平成9年に2回目の不渡りを出し事実上倒産。その後、和議申請や取り下げ等を繰り返したが、会員有志や一部債権者が協力して運営を支えてきた。新たな経営母体が決まったことで(株)日本ライベックスは精算する。

 ちなみに、同投資会社によるゴルフ場事業投資は初めて。実質、8ヶ月の営業で約3万5000人の入場者があることから収益も考えて落札したようだ。

会員募集中の軽米フェニックスCC(岩手県)、ゴルフ場名を変更

ゴルフ特信より、平成19年6月4日

 軽米フェニックスカントリークラブは、今年4月28日からゴルフ場名を「ニュー軽米カントリークラブ」(27H、岩手県九戸郡軽米町大字円子2-4-1、TEL0195-45-3331)に変更した。

 また、同ゴルフ場は昨年12月から正会員募集を行っているが、投資目的に入会する者もおり、募集はほぼ順調に進んでいるとしている。

 募集金額は、税込み61万5000円(入会金31万5000円、預託金30万円=15年据置)で、定員は350名。募集はナナツゴルフ(株)を窓口に行っており、同社では盛岡市店を設け同地域での会員権販売に力を入れているようだ。

 ゴルフ場によると、すでに約180名が入会しているとし、ナナツゴルフでは「2次募集も考えている」という。

 同ゴルフ場は既報通り、投資会社・(株)フーチャーインベストメント(東京都、永田仁社長)が、平成17年3月に競売で落札。旧会員には登録料30万円でプレー権を付与し、現会員数は約800名としている。

 運営は、(株)バーディーアセットメネジメント(BAM、東京都、栗原茂代表取締役)が行っており、今回の会員権はBAMが発行しているという。

 BAMはセント・フィールズGC(18H、茨城県)の運営も行っている関係で、ニュー軽米の入会者はセントフィールズGCでもメンバー扱いでプレーできるとしている。

このページのトップへ
その他・東北地区・倒産ゴルフ場ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120-010-546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ