旧・かんなゴルフ倶楽部(群馬県)3539万円余で再度公売に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

旧・かんなGC(群馬県)・3539万円余で再度公売に

平成21年8月14日

 『 平成19年12月15日からコースを閉鎖している、旧・かんなゴルフ倶楽部(群馬県多野郡神流町大字生利字御荷鉾2203)は、県税と町税滞納で群馬県と神流町の共同で公売になっていたが、入札者が代金を納付しなかったため、公売の売却決定取消しとなり、公売は成立しなかった 』と報じたが、

 その旧・かんなゴルフ倶楽部が、7月27日に再公売公告されたことが判明した。入札日は、9月2日で入札説明後に即日開札を行う予定という。同GCは、昨年7月にも公売(見積価格3815万5000円)が行われ1社が入札したが、代金を納付しなかったため不成立に。

 今回の見積価格は、3539万6000円(約276万円値下げ)で公売財産明細書には、

  @ 進入路に崩落箇所がある、

  A コース用地に私有地がある、

  B ハウスの修繕工事代金未払いを原因として留置権を主張する第三者がいる、

  C 動産類が残されている、

 ・・・・ことなどの注意書きが記載されている。

 同ゴルフ場のこれまでの大まかな経緯は、

  ・昭和62年10月、本庄カントリー倶楽部の名称で開場、

  ・平成15年3月5日、経営不振等から経営会社の(株)本庄カン卜リー倶楽部が破産宣告

  ・平成15年9月1日、(株)トータルグリーンが9200万円で買収、かんなGCで運営を開始

  ・平成19年12月、営業を停止

 ・・・・今回の公売に、理由は、町の固定資産税の滞納、県の不動産取得税の未納等によるもの。

   ↓↓↓

 かんなGC(旧・本庄CC)の過去の詳細な経緯

旧・かんなGC(群馬県)・新日本トレーディング(株)が落札
平成21年9月10日

 『 旧・かんなゴルフ倶楽部が、7月27日に3539万6000円で再公売公告されたことが判明した。入札日は、9月2日で入札説明後に即日開札を行う予定 』と報じたが、予定通り9月2日に行われ、最高額の3939万2951円で新日本トレーディング(株)(東京都)が最高価申込者となったことが判明した。

 新日本トレーディング(株)に関しての詳細は不明だが、見積価額の3539万6000円を399万6951円上回った模様で、他にも1社(福島県のゴルフ場を取得して今年から営業を開始したグループ)が入札に参加していたことも分かった。

 但し、ゴルフ場として再生するか否かは分かっておらず、買受代金の納付期限9月9日に正式な落札が決まるもので、代金が納付されるか否かも不明ということになる。

このページのトップへ
再公売の旧・かんなGC(群馬県)・新日本トレーデイング(株)代金が納付されず
次順位会社に売却決定
平成21年9月18日

 『 旧・かんなゴルフ倶楽部が、7月27日に3539万6000円で再公売公告されたことが判明した。入札日は、9月2日で入札説明後に即日開札を行う予定 』と報じ、予定通り9月2日に行われ、最高額の3939万2951円で新日本トレーディング(株)(東京都)が最高価申込者となったことが判明した 』と報じて、

 『 代金が納付されるか否かも不明 』と締めくくったが、案の定、新日本トレーデイング(株)は9月9日に買受代金を納付しなかったため、同日次順位の会社「他にも1社(福島県のゴルフ場を取得して今年から営業を開始したグループ)が入札に参加」に売却決定が出た模様。

 次順位の会社は、有限会社・エヌエムコーポレイション(以下NMと略)で、買受申込価額は3855万円だった。9月16日までに買受代金を納付すれば正式に落札が決まる。

 新日本トレーディングが代金を納付しなかった理由は明らかになっていない。また、NMについても県や町からの正式発表がないため、今の段階では「福島県のゴルフ場を取得して今年から営業を開始したグループが関係(関係者の話)」ぐらいしか分かっておらず、会社概要や取得目的等、詳細に関しては不明である。

 但しNMは、同GCをゴルフ場として再開場させる考えのようで、1年以上再整備の期間をかけ、平成23年頃の再オープンを目指す模様だ。

旧・かんなGC(群馬県)・有限会社・エヌエムコーポレイションが代金納付
平成21年9月27日

 『 旧・かんなゴルフ倶楽部、日本トレーデイング(株)は9月9日に買受代金を納付しなかったため、同日次順位の会社有限会社・エヌエムコーポレイション(以下NMと略)に売却決定が出た模様 』、と報じ、『 9月16日までに買受代金を納付すれば正式に落札が決まる 』と締めくくったが、

 9月16日に、有限会社・エヌエムコーポレイション(横浜市鶴見区栄町通4-49-8、長濱宣男代表取締役)が買受代金3855万円(見積価額は3539万6000円)を納付、同GCは新たな事業者のもとで再生を図ることになったことが判明した。

 NMに関しては、「福島県のゴルフ場を取得して今年から営業を開始したグループ」と報じてきたが、その福島県のゴルフ場はSK白河ゴルフ倶楽部(前・大誠白河GC、旧・八大白河GC、福島県白河市泉田大久保94-1、TEL:0248-22-8510)で、今年8月8日に仮開場している。

 SK白河GCでは「ゴルフ場として再開場を目指すが、現地調査を1ヶ月程度行い、工事日程等の概要を決め、その後に経営体制も決めていきたい」と話しているという。


     ↓↓↓ 平成24年12月6日追加

 旧・かんなGCの跡地にメガソーラー基地を計画

 平成24年7月3日に神流町が1億2000万円で購入し、プロポーザル方式でコンペ(5事業者が応じた)にかけるも、価格面での折り合いが付かず決まらなかった。


     ↓↓↓ 平成28年12月20日追加

 全国で閉鎖(完全閉鎖・一時閉鎖・一部閉鎖)したゴルフ場一覧、都道府県別に掲載

このページのトップへ
かんなGC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ