ゼクスがゴルフ場事業(チャーミング・リゾート)から撤退でアコーディアに売却

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゼクスがゴルフ場事業から撤退でアコーディアに売却
チャーミングR藤岡GC(群馬県)など計4コースを

ゴルフ特信より、平成20年3月5日

 不動産開発事業等のゼクスグループは、ゴルフ場経営から撤退を決め系列ゴルフ場5コースの内4コースを(株)アコーディア・ゴルフ (東京都渋谷区、TEL03-6688-1500、竹生道巨社長)に売却することか明らかになった。

 2月28日夕刻に両社が発表したもので、東証一部上場の(株)ゼクス(平山啓行社長)の100%子会社・(株)チャーミング・リゾーツ(坂本正浩社長)か保有する各ゴルフ場会社の株式をアコーディアに譲渡する形で売買される。

 すでに、2月29日には”チャーミング・リゾート”を冠にした、ワイルドダックCC(18H、茨城、経営=(株)チヤーミング・リゾートワイルドダック、売上高3・67億円)、藤岡GC(36H、群馬、(株)チャーミング・リゾート藤岡、5・74億円)、関越ハイランドGC(27H、群馬、(株)チャーミング・リゾート関越、5・03億円)の株式譲渡を行っており、これら会員制3コースは3月からアコーデイアのグループ傘下となった。

 また、4月中には年間会員が在籍するチャーミング・リゾート那須グリーンコースC (27H、栃木、(株)チャーミング・リゾート那須、2・68億円)の株式譲渡を行う予定となっている。

 ゼクスは、今回のゴルフ場事業からの撤退の理由について「社会経済の状況を踏まえ、事業の選択と集中により、財務体質をより筋肉質にすること」と説明している。また、那須グリーンコースCを除く3コースの売却で24億円の売却益が確保できる見込みと発表している。

 一方で、これまで進めてきたシニア住宅優待申込権付ゴルフ&リゾート会員権「C-ステージ・メンバーシップ」等の事業を解散、入会者の費用全額を返還することから、約7億円の特別損失が発生するとしている。

 会員の権利・義務は、各ゴルフばの経営会社の株式の譲受ということから変更ない。ただし、ワイルドダックCCは、ゼクス入り後の補充募集で入会した会員(100名強)に対しては、入会者の負担金全額(入会金、年会費、消費税等含む)を返還するという。

 なお、チャーミング・リゾート都GC(18H、山梨)はアコーディア入りはしない模様だ。

 →平成20年3月27日付けで、株式会社ジェイゴルフの譲渡

 一方、計4コースを取得するアコーディアでは、ゴルフ場名の変更を検討している。”チヤーミング・リゾート”の冠を外す他に、一部その他の名称が変更となる可能性もある。

 ちなみに、ゼクスは民事再生手続中だった経営会社から那須グリーンコースCの事業護渡を平成15年7月に受けてゴルフ場事業に初進出。その後は次々に法的整理のゴルフ場企業のスポンサーとなり、系列ゴルフ場数を5コース(他に関連ゴルフ場が1コースあった)に拡大した。

 ゼクスがゴルフ場事業に初進出した平成15年前後は、新規事業として、また投資目的にコルフ場経営に乗り出す国内企業が出始めた時期。その後、同様な目的でゴルフ場事業に参入する企業が相次いだ。

 しかし、大手ゴルフ場経営会社では「特にファンド系の新興勢力は、サブプライム問題の間接的な影響から撤退せざるを得ないところもある。ゴルフ場業界は再々編成に入っている」と断言。

 ゼクスと同様に、ゴルフ場事業から撤退する新興勢力が出てくる可能性があるとみられる。

チャーミンク・R都(山梨県)経営交代で東京建物の系列に
ゼクスグループが3月末に同GC経営会社の株式売却
ゴルフ特信より、平成20年4月2日

 不動産開発事業等のゼクスグループは、系列のチヤーミング・リゾート都ゴルフ倶楽部(旧・都GC、18H、山梨県都留市戸沢1353、TEL0554-45-3111)を東証一部上場の東京建物(株)の子会社・(株)ジェイゴルフ(東京都中央区、TEL03-3275-2555、福長育成社長、資本金1億円)に売却すると3月27日に発表した。

 ゼクスグループは本紙既報通りゴルフ場経営からの撤退を決め、系列ゴルフ場5コースの内4コースを(株)アコーディア・ゴルフに売却(ただし、内1コースは4月に売却)、今回の売却で系列ゴルフ場はなくなる。

 売却方法は、同GCを経営する(株)チャーミンク・リゾート都ゴルフ倶楽部(本社=コース、資本金1億円)の株式の全部を3月31日に引き渡すとしている。株式の売買代金は明らかにしていない。

 一方、ジェイゴルフでは株式の売買とあって会員約2800名(更生手続きを経て預託金は3〜300円)の権利義務は変更なく、従業員も継続雇用するとしている。

 ただし、ゴルフ場名についでは近々にも「都ゴルフ倶楽部」に変更する予定という。

 ちなみに、(株)チャーミング・リゾート都GCの平成19年5月期の売上高は5億円で、経常利益及び当期純利益は33百万円。総資産は9億99百万円、純資産は1億56百万円となっている。

 同GCは、大洋緑化グループのゴルフ場だった。同グループか外資のローンスターグループをスポンサーとして更生手続きを進めていた折りに、会員が「外資はイヤだ」と抵抗し、会員自らがスポンサーとしてゼクスグループを招聘して、更生計画案を成立させた経緯がある。

 ゼクスグループは、この会員の意向を尊重し同GCだけはアコーディアに売却せず、国内企業の東京建物グループを売却先に決めたとされている。

那須グリーンC(栃木県)売却で、ゼクス系列ゴルフ場はゼロに
アコーディアに経営会社の全株式を売却
ゴルフ特信より、平成20年4月30日日

 東証一部上場の(株)ゼクス(東京都千代田区、平山啓行代表)は4月23日、同社グループで経営するチヤーミング・リゾート那須グリーンコース倶楽部(27H、栃木県那須郡那須町大字寄居字太田2525、平成5年7月開場)を(株)アコーディア・ゴルフ(東京都渋谷区、竹生道巨代表)に4月30目に売却すると発表した。

 売却はするものの、アコーディアとは業務提携を行う予定としている。

 同倶楽部の施設保有会社である(株)チャーミング・リゾート那須(住所=ゼクスと同、坂本正浩代表、資本金12億8250万円)の全株式をアコーディアに譲渡(額未公表)し、5月1日からアコーディアが経営することになった。

 本紙既報通り、アコーデイアに売却するのは既定路線だった。

 今回の買収で、アコーディアとしては125コースを保有することになる。一方、ゼクスグループは、民事再生手続中であった同倶楽部を、平成15年7月に再生管財人から5億5000万円で買収してゴルフ場経営に初参入し、ピーク時には5コースを経営していたが、シニア事業(シニアレジデンス等経営)に集中するためとして、今年に入って次々にゴルフ場を売却した。

 管財人から引き継いだ会員が120名在籍するが、いずれも無額面で1代限りのプレー権。この会員の権利・義務についでは会社売買でもあり「変更ない」としている。

 予定されている業務提携については、同社のシニア事業等に関連して

  @シニアレジデンス入居者に対しアコーディアが運営するゴルフ場の優待利用や各種イベントの提供、

  Aアコーディアの顧客に対するシニアレジデンス事業の協業、

  B沖縄でゼクスが運営するホテルとアコーデイアのゴルフ場との相互利用の促進

 ・・・・等を挙げている。

 ちなみに、ゼクスは同倶楽部の平成19年5月期の売上高2・68億円、経常利益1・51億円、純利益マイナス1・62億円、総資産20・12億円、純資産3・99億円で、売却により19・10億円の特別損失を計上すると発表している。

このページのトップへ
その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ