17年度入場者数横ばいのゴルフ場も18年度は景気回復が好材料に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

昨年度の消費伸び悩むも、緩やかな景気回復が続く
昨年度入場者数横ばいのゴルフ場も景気回復が好材料に

ゴルフ特信より、平成19年1月1日

 ゴルフ業界も含めて国内経済は緩やかな回復基調にあることは認識しているが、マインドとしては前年度よりややトーンダウンせざるを得ない状況となっている。

 政府(内閣府)の経済見通しでは、18年度の国内総生産(GDP)の実績は”景気は消費に弱さが見られるものの、回復を続けている”との表現で名目1.5%、実質で1.9%のプラスと算定、民間消費は名目0.8%、実質0.9%増と推計している。

 19年度は名目成長率2.2%(5年連続増)、実質2.0%(6年連続増)の成長を予測、”世界経済の着実な回復が続く中、企業部門・家計部門ともに改善が続き、物価の安定の下での自立的・持続的な経済成長が実現する”として民間消費は名目1.8%、実質1.6%の増加と推計している。

 国内経済は平成18年11月に「いざなぎ景気」を超える長期の景気拡大を記録したとみられ、なおも景気拡大が続くといわれている。しかし、景気を牽引しているのは企業業績部門であって、ゴルフ場などレジャー産業を左右する家計消費部門では年後半に下方修正もあってかげりがみられ、政府も「デフレ脱却」を宣言できないでいる。

 消費の伸び悩みは、消費税と住民税の定率減税が平成18年から半減した一方で、大企業を除いてサラリーマンの給与が伸び悩んでいることにも一因がある。19年からは定率減税も全廃され、消費マインドが向上するには景気の後押しが必要だ。

 好調な企業業績もアメリカの景気減速感など先行き懸念が台頭。17年年末にかけてミニバブル化した株価は18年末にかけて相応の上昇はみせたものの、18年1月のライブドアショックで資産を消失させた一般投資家達のマインドは上がらないままだ。

 価のミニバブルかとともに、不動産やゴルフ会員権価格の上昇を生んでいただけに、18年後半は株価の影響でゴルフ会員権についても伸び悩みが続いている。

 ゴルフ場ではむしろ、18年に入り入場者数が消費低迷や天候要因もあって減少気味で、峠を越えた感じのあった法的整理件数も地域の代表的なゴルフ場までもが民事再生法等を申請してマインドを冷えさせている。(会員権相場は上昇続く、ゴルフ場の法的整理は漸減

 向こう5年間程度の展望で見ると、消費税引き上げ等の懸念要因はあるものの、団塊の世代のリタイヤが始まりレジャー等の支出や会員権需要が増えていくだろうし、企業業績に後押しされ徐々に消費も上向くだろう。

 もっとも、団塊の世代が今後もゴルフを続けるとは限らない。団塊の世代の特需を当て込んだ競争はゴルフ場間だけでなく、業種の境がなく激しくなりそうだ。ポスト団塊の世代、ジュニア育成と業界が取り組む課題は多い。(団塊の世代のリタイヤを念頭に、組織をあげて対策を

 ともあれ、政府は「いざなぎ景気」を超えて向こう5年以上の景気拡大を目指している。以下、ゴルフ場業界の現状と課題を掘り下げ、新年度及び将来を展望したい。

ゴルフ業界関連の主な統計指標

年度 ゴルフ人口 ゴルフ場数 入場者数 会員権相場 法的整理数 GDP増減 平均株価
@ A 関東 関西 件数 コース 名目 実質
14年 1,040 2,359 2,460 2,460 215 209 98 130 -0.7 1・2 8,579
15年 1,080 2,360 2,457 2,457 219 177 80 132 0・8 1・9 10,677
16年 1,030 2,363 2,463 2,463 241・7 146 82 110 0・5 1・7 11,489
17年 1,080 2,363 2,446 2,446 281・7 153 68 77 1・0 2・4 16,111
18年 2,359 334・1 187 51 59 2・2 2・0 17,104

・ゴルフ場人口は、財団法人・社会経済生産性本部発表
・ゴルフ場数@は、本紙基準(9H、1600Y、16・5f以上)
・ゴルフ場数Aは、NGK発表のゴルフ場利用税に基づく数
・ゴルフ場入場者数は、社団法人・日本ゴルフ場企業協会(NGK)発表で、年度集計(3月〜2月末)
・会員権相場(平均)は、関東と関西のゴルフ会員権取引業協同組合発表(各年末)
・法的整理数(18年は、12月中旬段階)は、ゴルフ場企業の法的整理数でコース数は既設のみ
・GDP(国内総生産)は、内閣府発表
・日経平均株価(日本経済新聞社)は、東証225銘柄の平均(各年末、18年は12月22日終値)
ゴルフ場倒産(法的整理)関連情報・記事まとめ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ