レインボースポーツランドゴルフクラブ・民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

レインボースポーツランドGC(宮崎県)経営・レインボー観光(株)が民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成18年5月15日

 レインボー観光(株)(資本金5000万円、宮崎県都城市高城町石山4474、代表園田吉朗氏、従業員23人)は、平成18年5月15日に宮崎地裁へ民事再生法を申請した。申請代理人は町元真也弁護士(宮崎市宮田町11-23、電話0985-62-1788)ほか1名。

 当社は、1985年(昭和60年)10月に、ゴルフ場「レインボースポーツランドゴルフクラブ」の経営を目的として設立。当初は9ホールでの運営であったが、90年12月にコース改造に着手、93年4月に18ホールの本格コースとしてオープンした。

 都城インターチェンジ近くに位置し、緩やかな丘陵に造成された戦略性の高いコースとして、地元では相応の知名度を有し、2000年9月期には年収入高約4億5000万円を計上していた。

 しかし、長引く不況や近隣ゴルフ場との競合激化による来場者の減少、客単価の下落などから業績は低迷。2004年同期の年収入高は約2億9000万円に落ち込み、採算悪化から赤字経営が続いていた。

 加えて、借り入れ負担が経営を圧迫、会員に10年間の預託金償還の再延長を要請するなどしていたが、抜本的な解決に至らず、今回の事態となった。

 負債は預託金約35億円を含め約60億5100万円。

レインボースポーツランドゴルフクラブが民事再生法を申請
ゴルフ特信より

・・・・    前 略    ・・・・

 同社は昭和60年10月の設立で、62年10月にレインボースポーツランドGCを9ホールでオープンした。都城市内の造園会社・(株)園田グリーンセンターの関連会社に当たり、コースは手狭だったが人気もあり、平成2年12月から9ホールの増設と既設コースの拡張工事に着手し、5年4月に18ホールの本格コースで再オープンした。

 増設の際には既存会員に追徴金を要請したほか、新たに会員も募集した。この2年に募集した会員の預託金(180〜1000万円)が平成12年に10年の満期が到来し、10年間の据置延長を要請するなどしてきた。

 また同要請に伴い、プレー料金割引等の特典も付けて対応したが、近隣施設との競合や客単価の下落もあり、売上高が減少し、採算悪化から赤字経営が続いていた。これら預託金償還問題と、赤字経営が再生申請の主要因としている。

 同社では会員のプレー権継承を前提としてスポンサー型での再建を目指す方針で、申請代理人によるとスポンサー先は県外も含め交渉に当たっているとしているが、基本的には県内資本を優先させたいとしている。

 同社の負債額は会員約1500名の預託金約35億円を含め約60億5100万円としている。なお、「大韓民国・特別会員募集」として、一時韓国人を対象に友の会会員を募集した経緯があるが、現在は廃止しているという。

アコーディア、レインボーSLGC(宮崎県)を支援
ゴルフ特信より、平成18年12月22日

 (株)アコーディア・ゴルフ(東京都渋谷区、TEL03-6688-1500、竹生道巨社長)は、レインボースポーツランドGC(18H、宮崎県都城市高城町石山4474)を経営し、民事再生手続き中のレインボー観光(株)(園田吉朗代表、本社=コース、資本金5千万円)とスポンサー契約を12月15日に締結したと発表した。

 発表によると、レインボー観光の事業の内、会員制のゴルフ場事業を分社型吸収分割により、アコーディアの子会社・日東興業(株)が承継。承継時期は、来年4月上旬に予定されている再生計画案の決議後の7月1日を予定しているという。

 レインボー観光(造園会社・(株)園田グリーンセンターの関連会社)は既報通り、預託金問題や売上げの低迷から今年5月15日に宮崎地裁へ再生法を申請した(申請代理人=町元真也弁護士、宮崎市宮田町11-23、TEL0985-62-1788)。

 平成17年9月期の売上高は2億400万円で、経常損失は7500万円、当期損失は1億2700万円となっている。

 本紙に寄せられた情報によると、ゴルフ場事業を承継するために、アコーディア側が支払う代金は4億円前後となっている。

レインボーSLGC(宮崎県)、アコーディア支援の計画案が可決
ゴルフ特信より、平成19年3月26日

 レインボースポーツランドGC(18H、宮崎県都城市高城町石山4474)を経営するレインボー観光(株)(園田吉朗代表、本社=コース、資本金5千万円、申請代理人=町元真也弁護士他、TEL0985-62-1788)の債権者集会が3月2日に開かれ、賛成多数でスポンサー型の再生計画案を可決した。同計画案は同月5日に認可決定を受けている。

 決議結果は、出席債権者の99・04%の賛成、議決権総額の86・60%の賛成で可決要件を満たした。

 計画案では、レインボー観光の事業の内、会員制ゴルフ場事業を分社型吸収分割により、(株)アコーディア・ゴルフのグループが承継することになっており、アコーディアは既報通り、同社子会社の日東興業(株)が7月1日に承継する予定と発表している。

 ちなみに、会員に関する再生条件は、退会会員には預託金の1%を一括弁済、継続会員は1%を新預託金(10年据置)にするとした内容になっている。

このページのトップへ
その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ