クラウンヒルズ京都ゴルフ倶楽部・民事再生法の申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

クラウンヒルズ京都GC経営・京都日吉観光(株)、民事再生法の適用を申請

帝国データバンクより、平成18年10月5日

 京都日吉観光(株)(資本金1000万円、京都府南丹市日吉町保野田池ヶ谷1、代表田島章(あき)吉(よし)氏、従業員7名)は、平成18年10月5日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けた。

 申請代理人は安田嘉太郎弁護士(大阪市中央区備後町3-2-8、電話06-6261-3224)ほか。監督委員には今泉純一弁護士(大阪市北区西天満3-14-16、電話06-6365-1728)が選任されている。

 当社は、1986年(昭和61年)10月に京都東山観光(株)(京都市東山区)の系列コースとして、「にのうみゴルフ倶楽部ひよしコース」を開発・運営するために設立。18ホールのゴルフコースで91年9月にオープンし、93年11月期には年収入高約6億4300万円をあげていた。

 しかし、バブルの崩壊と会員権販売が計画通り進まず、利用者が伸びなかったことから経営難に陥り、93年9月に現経営陣が当法人を買収し再建に当たっていた。

 97年6月に名称を「クラウンヒルズ京都ゴルフ倶楽部」に変更しリニューアルしたものの、2005年11月期は年収入高約3億5400万円にとどまり、11期連続して欠損を計上するなど繰越損失は約7億円に上っていた。

 近年は、会員向けイベントの実施などにより来場者は増加していたものの、単価の下落で収益を改善するまでに至らず、先行投資負担を吸収できない状況が続いていた。さらに今年3月にはメーン銀行からの借入金が債権回収会社へ譲渡され、資金調達力も限界に達し、今回の措置となった。

 負債は2005年11月末時点で、借入金、会員預託金を主体に、約67億円。

クラウンヒルズ京都GC、(株)マルカン支援の計画案可決
ゴルフ特信より、平成19年5月21日

 昨年10月に民事再生法の適用を申請したクラウンヒルズ京都ゴルフ倶楽部(18H、京都府南丹市日吉町保野田池ヶ谷1)を経営する京都日吉観光(株)(本社=コースと同、申請代理人=安田嘉太郎弁護士他、TEL06-6261-3224)の再生計画案が4月27日付けで可決し、同日大阪地裁の認可決定を受けていたことが分かった。

 決議は、4月13日を期限とした書面投票で行われ、出席債権者数と総議決権額とも過半数の賛成で、再生法の可決要件を満たした。

 同社の計画案は、(株)マルカン(京都市)の支援で再建するとした内容になっている。同社は、著名なサッカー界の釜本邦茂氏が代表を務める投資会社。

 再生法申請の原因の一つとなっていた、京都日吉観光の別除権付債権を都債権回収(株)から取得すると共に、京都日吉観光の株式も昨年12月に取得して親会社となった。

 マルカンは別除権額の評価を2億7619万円として京都日吉観光と別除権協定を締結している。なお、京都日吉観光の田島章吉代表取締役は留任して、ゴルフ場経営の指揮を執る。

 ちなみに、会員に関する再生条件は、継続、退会会員共に99%をカットし、継続会員はカット後の残り1%を2回に分割して弁済する方針で、第1回目は認可決定確定の日から6ヶ月以内、2回目を平成20年6月30日にそれぞれ支払う。

 これにより、継続会員は預託金なしで譲渡可のプレー会員となる。一方、退会会員及びその他の一般債権者に対しては、残り1%を認可決定確定日から6ヶ月以内に一括弁済する。

このページのトップへ
クラウンヒルズ京都GC、サッカーグラウンドの整備へ
ゴルフ特信より、平成19年6月11日

 サッカー界の釜本邦茂氏(現・日本サッカー協会副会長)がオーナーとなった、クラウンヒルズ京都ゴルフ倶楽部(18H、京都府南丹市日吉町保野田池ヶ谷1)は、釜本氏の発表でコース内にサッカーグラウンドを整備する計画に着手した。

 同倶楽部に付帯するゴルフ練習場(200ヤード、12打席)とその周辺の余剰地など、約2万平方メートルを活用してグラウンド2面造る計画。練習場はクラブハウス近くに移設する考えだ。

 グラウンドには夜間照明も設備し、地元の子供達などを対象としたサッカー教室を開く。釜本氏には「将来の日本代表選手を育てたい」との夢があるという。また、近隣の公共宿泊施設などとタイアップし、大学や社会人のサッカー合宿も受け入れる。

 来年秋までに完成させる計画で、事業を進めるのは同倶楽部を経営する京都日吉観光(株)となる。但し、同社は民事再生手続き中(再生計画案は今年4月に成立)とあって、事業費等は同社のスポンサーで、釜本氏が代表を務める(株)マルカン(京都市)の支援を受ける予定。

 ちなみに、サッカーグラウンドとゴルフ場の最近の話題といえば、河川敷にある公営パブリックの太田市民ゴルフ場(8H、群馬県)が、基本的に第1、第3土日をサッカーグラウンド(4面)としてコースを開放している例がある。

    ↓↓↓

 平成19年10月1日から名義書換再開

 平成19年10月1日〜20年3月末までの期間は、個人正会員が10・5万円(4月以降は31・5万円)、同一法人内、相続共に5・25万円となっている。

このページのトップへ
クラウンヒルズ京都GC(京都)一月1日から募集開始
コース設備改修を記念し、プレー会員権で43万円募集
ゴルフ特信より、平成20年4月9日

 本紙既報通り、昨年4月にサッカー界の釜本邦茂氏が代表を務める投資会社・(株)マルカンをスポンサーとした再生計画案が成立したクラウンヒルズ京都ゴルフ倶楽部(18H、京都府南丹市日吉町保野田池ケ谷1、TEL0771-72-1234、経営=京都日吉観光(株))は、4月1日から名義書換えを停止し、会員募集を開始した。

 募集金額は個人・法人1名記名式の正会員が43万円(入会金のみの無額面プレー会員権)、2名記名式のファミリー会員が68万円で、計300口募集する。入会条件は、同GC会員1名の紹介等で窓口はコース。

 今回の募集は、新乗用カー卜導入、コース設備改修記念として行っているもの。カートはヤマハ製バッテリー式乗用カートを新たに導入する方針で、既に45台を導入しており、最終的には56台すべてを従来のものと入れ替える。

 コースは13番ホールのグリーン手前60ヤード付近に配置されていた池を埋めてフェアウェイにし、新たにアリソンバンカーを設置する。その他給排水設備の整備も行っている。

 なお、同GCの現在の会員数は1094名となっている。

    ↓↓↓

 平成21年10月5日付けで、大阪地裁から再生手続終結の決定を受ける

このページのトップへ
その他・近畿地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ