ようこそ、栄聖書教会Webサイトへ!!

教会写真

教会案内

栄聖書教会

キリスト教プロテスタントの教会で、天地すべてを創られたまことの神を信じ、誤りのない神のことばである聖書を唯一絶対の規範とする福音教会です。エホバの証人(ものみの塔)、統一協会、モルモン教などとは関係ありません。福音主義に立つ教会の集まりである、日本福音キリスト教会連合に所属しています。


〒470-0115 愛知県日進市折戸町孫三ヶ入86
Tel/Fax 0561-72-8339

これまでの歩み
1969    ジェームズ・フレンズ師、名古屋栄にて伝道開始
1970    ライトセンターにて礼拝開始
1971    ラジオ伝道、英会話など、多種の伝道
1978    名古屋市名東区上社に新会堂、婦人会クッキングなども開始
1979    単立連盟に加盟
1982    フレンズ師と株分けメンバーが朝日聖書教会(藤ヶ丘)にて活動開始
1983    牧師招聘により末松牧師就任
1992    単立連盟から日本福音キリスト教会連合へ、二部礼拝開始、狭くなり新会堂のために祈り始める    
1993    日進市に土地取得
1997    宗教法人取得
1999    栄聖書教会30周年、日進市折戸町に新会堂完成、移転

牧師紹介

  末松隆太郎

プロフィール : 1949年生まれの団塊世代です。早稲田大学(法)卒業後、石油開発会社に勤務、クエート・サウジアラビアに数度出張の経験有り。聖書宣教会という神学校を卒業後、米国のフラー神学校へ留学もしました。1983年より栄聖書教会の牧師です。アガペクリニックチャペル、愛知国際病院の奨励担当牧師、東海聖書神学塾の教師もしています。妻と子ども三人。



近世の航海者は、羅針盤を用いて自分の位置を確かめ、船を目的地に導きました。私たちも、それぞれ自分の羅針盤を持って人生の航海をしています。でもその羅針盤が正しいかどうか確かめなければ、とんでもない航海になりかねません。羅針盤が、動かない北極星を基準に調整されたような、不動の基準はあるのでしょうか。「聖書」は世界のベストセラーであり、人間の歴史に大きな影響を与えてきました。天地創造の神様からの愛のメッセージである「聖書」は、私たちの人生に希望と平安を与える不動のポイントです。この神様を見上げて、人生の航海に船出しませんか。あなたのおいでを心からお待ちしています。

末松牧師
神のみことばを語る末松牧師


礼拝出席をはじめ、すべてが強制されることはありませんので、リラックスしてお過ごしください。
初めての方は、「ちょっと心配」と思いますが、どうぞご心配なく。普通の格好で、手ぶらでおいでください。
聖書や聖歌は用意してあります。栄聖書教会では聖書は「新改訳聖書」聖歌は「新聖歌」を使用しています。
場所がわからない方はどうぞ地図をご覧ください。
それでもわかりづらい方は教会宛にお電話をください。 (Tel 0561-72-8339)
礼拝後食事(簡単なランチ・一人200円)もありますので、ぜひご一緒に。でも、第5日曜日など、食事が無い時もあります。

Lunch写真
毎週楽しく食事をしているところです。 あなたもここにお入りになりませんか? あなたを待っています。


礼拝写真
みんなそろって、ハイ! ポーズ!

礼拝

集会,行事

話題,報告

あかし

Q&A

日本福音キリスト教会連合

交通手段・地図

教会リンク



栄聖書教会は、プロテスタント(新教)のキリスト教会です。エホバの証人(ものみの塔)、統一協会、モルモン教等の新興宗教諸団体とは一切無関係です。

証し

ようこそ、栄聖書教会Webサイトへ!!

教会写真

教会案内

あかし

あかしとは、どのようなことからキリスト教の神様・イエス様を知るようになったか、どうして教会に来るようになったのかをまとめたものです。


教会員Dさんのお話
  私はクリスチャンホームに生まれ、生まれた時から教会に通っていました。 しかし私は知識的には神様やイエス様のことを理解していても、教会が洗脳集団にしか見えず、心からは信じていませんでした。
  そんな時に教会のマレーシアへのキャンプへ誘われました。そのキャンプはアジア学生達を集め、伝道者を育てるためのキャンプでした。 私は友人と「海外旅行がしたい」という理由でキャンプへ行くことにしました。 しかし、キャンプ先では言語の壁があり、一緒に行った友人が病気にかかったりなど、困難の連続でした。 その中で私は初めて心から叫ぶようにお祈りしました。「困った時の神頼み」と言いますが、その時は本当に神様しか頼れる方がいないと思えたのです。 すると一つ一つの問題が解決していきました。
  「神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることができないような試練にあわせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることの出来るように、試練とともに、脱出の道も備えて下さいます。」第一コリント人への手紙10章13節
  このキャンプでわたしは本当に神の愛を感じ、神様はともにいて下さるということを知識ではなく、心から信じることができました。


教会員Cさんのお話
  私の人生に聖書の神が深く関わってきたのは、大学1年生の時でした。友達に勧められて読んだ三浦綾子さんの『氷点』がきっかけです。当時私は、自分が歩んできた道に納得していたし、それなりに満足していました。しかしこの本に書かれているキリスト教の考えに触れた時、私が価値を置いている人生の土台がもろいものであることに気付きました。その土台とは、己の努力によって習得したもの、またそれに対する周りの評価、自負心、といったものであり、情況が変わるたびに簡単に揺らいでいたのです。そしてそのような土台の上に建てられた私の生き方は、自己中心でどこか窮屈なものでした。
 しかし聖書の神に出会った時、私の人生の土台は確固として揺るがないものとなりました。それは聖書の神、すなわち人が作った神ではなく人を創った神が、今も不完全なままの私を見て「わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4)と変わらない評価をしてくださっていることを知ったからです。


教会員Bさんのお話
  人は誰でも、この世に生まれ、そしてこの世を去って行きます。この世を去るときに満ち足りた笑顔で行ける人こそ幸いな人と言えるのではないでしょうか。私が初めて聖書を読んだのは父が癌で亡くなってからです。初めての肉親の死はつらいものでした。死に直面している父にかける言葉はなく、父も「もう来なくていい」と言いました。父は軍人の時は経理の面で勲章をもらい、戦後はゼロから会社を立ち上げ、たくさんの賞状をもらいました。名誉と財産を築き、仕事一筋の人でしたが、60代で具合が悪くなってからは本当に寂しそうでした。私は仏教のお葬式では慰められず、悲しみが続きました。人はどんなに成功しても、死に打ち勝つことはできません。
 それから宗教に関心を持ちはじめ、創価学会、エホバの証人、統一協会の人々がまわりにいたので、学び始めました。その中で聖書のイエス様をもっと知りたいと思いました。また、三浦綾子さんの「塩狩峠」を読んで、主人公の長野青年のようになるにはどうしたらいいのかと考え、三浦文学を読み続け、教会に行くようになりました。
 「さばいてはいけません。さばかれないためです。あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです。」(マタイ7:1〜2) 私は人をなかなか許せないところがありましたから、このみ言葉は心の中にしみわたりました。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」(使徒の働き16:31) 神様は私を救ってくださったばかりでなく、私の家族をも顧みてくださり、本当に感謝し、喜びの生活を送っています。神様の目的からはずれた人生には本当の満ち足りた幸せというものはありません。このあかしを読まれた方々に、神様の恵みと祝福がありますようにお祈りします。



ジェームズ・フレンズ師

フレンズ牧師
ジェームズ&ルース・フレンズ師:お二人は、1950年(27才と21才)結婚し、神の導きにより、新婚すぐ日本人の救いのために、日本へ来られました。日本人のために労され、多くの人々のため、また多くの教会のためにささげられました。夫人は1998年、天に帰られました。フレンズ師も2009年11月20日、天に帰られました。すべてに主の平安がありますように。主の恵みと憐れみによって、生かされますように。主に栄光がありますように。

礼拝

集会,行事

話題,報告

あかし

Q&A

日本福音キリスト教会連合

交通手段・地図

教会リンク



栄聖書教会は、プロテスタント(新教)のキリスト教会です。エホバの証人(ものみの塔)、統一協会、モルモン教等の新興宗教諸団体とは一切無関係です。

Facebook Page FaceBook のページへ

トップへ戻る
since 2006/05/01
Copyright © 2006 "Sakae Bible Church" < mailto:sakaebible@church.email.ne.jp> , All Rights Reserved.
Lastupdate 2006/05/29