大沼国際CC・経営の(株)大沼国際カントリークラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース
(株)大沼国際カントリークラブ・ゴルフ場「大沼国際カントリークラブ」経営
民事再生法の適用を申請/負債24億円
帝国データバンクより、平成30年11月5日

 帝国データバンク(平成30年11月5日付)によれば http://www.tdb.co.jp/

 「東京」 (株)大沼国際カントリークラブ(資本金1000万円、中央区日本橋堀留町1-8-12、代表片桐仁志氏)は、11月1日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令、監督命令を受けた。

 申請代理人は多比羅誠弁護士(中央区銀座8-9-11、ひいらぎ総合法律事務所、電話03-3573-1578)。監督委員は蓑毛良和弁護士(新宿区新宿1-8-5、三宅・今井・池田法律事務所、電話03-3356-5251)。

 当社は1974年(昭和49年)9月に設立されたゴルフ場経営会社。ホテル・リゾート事業や専門学校の経営を手がける企業グループの1社として、北海道茅部郡鹿部町にある「大沼国際カントリークラブ」(76年オープン、18ホール、7130ヤード)の経営を手がけていた。

 同ゴルフ場はJR函館駅から車でおよそ1時間、新函館北斗駅からおよそ25分の大沼国定公園や駒ヶ岳の景色を背景とした丘陵コースで、90年3月期には年収入高約4億3000万円を計上していた。

 しかし、その後は景気の悪化に伴う客単価の低迷などから業績は低迷、2000年3月期の年収入高は約2億4700万円に落ち込み、欠損計上が続いていた。

 2002年には預託金償還期限を延長するなどして凌いでいたが、以降も立て直しに至らず、2018年3月期の年収入高は約1億3200万円にダウン。施設の老朽化の問題もあり、自主再建を断念した。

 負債は約24億円。

 なお、11月7日午後1時30分より「函館市公民館」(北海道函館市青柳町)で預託金債権者向けの説明会が開催される予定。

 ・・・・    ここまで    ・・・・


 大沼国際CC URL=http://ohnumakokusai.jp/(表示方法

 同CC(18H、北海道茅部郡鹿部町駒見49-10、TEL:01372-7-3311)は、昭和51年8月開場で、JR函館本線・大沼駅より約10q、駒ヶ岳山麓に展開する18ホールは3番・4番ホールを除けば、ほとんどフラットな林間コース。

 同CCホームページでは11月1日付けで、「民事再生手続開始の申立て等に関するお知らせ」と題し、下記の通り案内されています。

 民事再生手続開始の申立て等に関するお知らせ

平成30年11月1日
(株)大沼国際カントリークラブ
代表取締役 片桐 仁志

 弊社は、本日、東京地方裁判所に民事再生手続の開始を申立て、受理されました。

 事件番号は、【東京地方裁判所 平成30年(再)第35号】です。

 上記申立に伴い、東京地方裁判所から弁済禁止の保全処分が発令されました。これにより、平成30年10月31日以前の原因に基づいて生じた債務の弁済が禁止されております。併せて、東京地方裁判所から監督命令が発令され、弊社の再生手続きを監督する監督委員として弁護士の蓑毛良和先生が選任されました。

 弊社は、今後、裁判所及び監督委員の監督・ご指導の下、再建して参る所存であります。弊社は、再生手続き開始申立後も、通常どおり業務を継続いたします。

 皆様には、ご迷惑をお掛けすることになりましたことを、深くお詫び申し上げますとともに、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。なお、預託金債権者の方向けの債権者説明会を下記のとおり開催いたします。

  ・日時 平成30年11月7日(水)
       午後1時30分〜午後3時30分(受付時間 午後1時00分)

  ・場所 北海道函館市青柳町12番17号  函館市公民館 講堂

以上

  お問い合わせ先

  (株)大沼国際カントリークラブ 会員課
   TEL:0120-2255-112  03-6629-7512

 ちなみに、帝国データバンク記事内にある「ホテル・リゾート事業や専門学校の経営を手がける企業グループ」というのは安達事業グループのことで、グループでは現在、「プリンスランドゴルフクラブ」(群馬県)、「東条湖カントリー倶楽部」(兵庫県)の2ヶ所を経営している。

 東条湖CC URL=http://www.tojoko-cc.com/

 グループホームページでは、事業部門・レジャー事業部門の中で「3ヶ所のゴルフ場」(11月5日確認)とあるが、下段の「ゴルフ場」欄には上記2コースの案内(10月中頃までは3コース確認出来ていましたが)しかないことから既に大沼国際CCはグループから離脱?・・・かと思いましたが

 上記「お問い合せ先」にある「TEL:03-6629-7412」は、安達グループの電話番号になっていることか離脱はしていないようですね。

 安達事業グループ URL=https://www.hgp.co.jp/recruit/corporate/

 安達事業グループの売却ゴルフ場

  ・トーヨーCC (千葉) 平成20年12月11日に売却
  ・筑波国際CC (茨城) 平成20年10月17日に売却
  ・サンモリッツCC (栃木) 平成21年4月1日に売却 閉鎖
  ・栃の木CC (栃木) 平成21年4月28日に売却
  ・上武CC (群馬)        〃
  ・木曽御岳CC (長野)        〃

 参考までに、大沼国際CCの会員権相場(会員数約750名、名義書換料10万円、年会費2・0万円、正会員=税別)は、10万円売りに対して買いは”相談”となっており、低位で低迷していたようだ。


     ↓↓↓ 平成30年11月20日追加

 既報通り、11月1日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した「大沼国際カントリークラブ」の経営会社・(株)大沼国際カントリークラブ(片桐仁志代表)は11月8日、同地裁より再生手続き開始決定を受けた(事件番号:平成30年(再)第35号)。

 再生債権の届出期間は平成30年12月20日までで、再生債権の一般調査期間は平成31年1月31日〜同年2月7日までとなっています。

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただきましても、事情が把握できてないためご説明をさせて頂くことが出来なせんので、直接コースにお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

その他・倒産、経営交代ゴルフ場ニュースへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ