PGMグループ、山岡カントリークラブ・笹平カントリー倶楽部を取得

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

山岡CC及び笹平CC(共に岐阜県)をPGMグループが取得し傘下に
3月19日付で運営を開始

平成26年3月20日

 PGMホールディングス(株)の子会社・パシフィックゴルフプロパティーズ(株)は、山岡カントリークラブ(岐阜県)及び笹平カントリー倶楽部(岐阜県)を取得した旨を3月19日、自社ホームページで下記の通り発表した。また、同日より両ゴルフ場の運営を開始したことも同日発表している。

 山岡ゴルフ(株)及び笹平ゴルフ(株)の本社は、岐阜県恵那市にあり代表取締役は長南篤典氏、資本金は共に1000万円となっている。なお、取得価格に関しては発表を控えている。

 当社子会社による山岡ゴルフ(株)及び笹平ゴルフ(株)の
 株式の取得(孫会社化)に関するお知らせ

平成26年3月19日
PGMホールディングス(株)
神田有宏代表取締役社長

 本日、当社の連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ(株)(以下「PGP」という。)は、山岡カントリークラブを所有・経営する山岡ゴルフ(株)及び笹平カントリー倶楽部を所有・経営する笹平ゴルフ(株)の全株式を取得いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 株式取得の趣旨

 当社は、ゴルフ場の保有・運営を主力事業としておりますが、事業拡大のため積極的にゴルフ場の買収を行っております。今回の株式取得により、当社連結グループの保有ゴルフ場数の拡大と収益の向上を図り、長期的に安定した収益基盤の構築を目指してまいります。

2. 株式取得の方法

 PGPは、山岡カントリークラブを所有・経営する山岡ゴルフ(株)及び笹平カントリー倶楽部を所有・経営する笹平ゴルフ(株)の発行済株式の全部を取得することで子会社化(当社の孫会社化)します。

 ・・・・    以下略    ・・・・

 掲載元=http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1134144

   山岡カントリークラブ

    ・所在地  岐阜県恵那市山岡町下手向786-100
    ・連絡先  TEL:0573-56-3311 FAX:0573-56-3727
    ・アクセス   中央自動車道・瑞浪ICより20q(約25分)
    ・コース概要  18ホール、6,868ヤード、パー72
    ・オープン日  1987年(昭和62年)10月5日
    ・ホームページ  http://www.pacificgolf.co.jp/yamaoka/

   笹平カントリー倶楽部

    ・所在地  岐阜県恵那市山岡町田代1492?1
    ・連絡先  TEL:0573-56-4141 FAX:0573-56-4040
    ・アクセス   中央自動車道・瑞浪ICより17q(約20分)
    ・コース概要  18ホール、6,805ヤード、パー72
    ・オープン日  1991年(平成3年)11月3日
    ・ホームページ  http://www.pacificgolf.co.jp/sasadaira/

 山岡CCと笹平CCの2ゴルフ場が新たにPGMグループ入りしたことで、グループが保有・運営するゴルフ場は、全国で132ゴルフ場(保有127ゴルフ場、運営受託2ゴルフ場、リース運営3ゴルフ場)体制となった。

 また、岐阜県内では既存の3ゴルフ場(花の木ゴルフクラブ・多治見北ゴルフ倶楽部・名古屋ヒルズゴルフ倶楽部 ローズコース)から、5ゴルフ場となったことも報告している。

 ちなみに、両ゴルフ場の経営はキクオカ綜業(株)(名古屋市中区錦3-23-18、代表菊岡深智子氏)が行っていたが、バブル崩壊後の長引く景気低迷により来場者数が減少、コース建設に伴う借り入れ負担等により苦しい経営が続いたため、平成20年12月4日に名古屋地裁へ民事再生法を申請した。

 その後、平成21年9月8日にゲイン・キャピタル(株)をスポンサーにした再生計画案が可決し、同日同地裁より認可決定を受けている。退会会員への弁済は預託金の1%、継続会員はその1%が新預託金(10年据置)となっている。

 → 山岡CCと笹平CCの過去の経緯

 参考までに、両ゴルフ場の3月20日現在の会員権相場(名義書換料20万円、年会費3万円=各税別)は、10万円売りの買いは”相談”と、低位で低迷しているようだ。会員数は、両コースともに1400名〜1500名となっている。

 勿論、会員の権利・義務もPGMグループが継承することになる。


     ↓↓↓ 平成28年9月5日追加

 平成28年8月26日、PGMグループ9社をPGMプロパティーズ5(株)に統合(官報に公告)

 PGMグループは、下記8ゴルフ場の経営会社の権利義務全部を10月1日付けで東海開発(株)に承継させ、8経営会社を解散させる旨を8月26日付け官報に公告した。

 ・伊勢原CC(神奈川)  東海開発(株)
 ・犬秦野CC(神奈川)  東海開発(株)
 ・三島GC(静岡)  (株)三島ゴルフ
 ・総丘CC(千葉)  富津ゴルフ(株)
 ・千葉国際CC(千葉)  (株)千葉国際カントリークラブ
 ・あさひヶ丘CC(栃木)  アサヒ開発(株)
 ・内原CC(茨城)  (株)内原カントリー倶楽部
 ・笹平CC (岐阜)  笹平ゴルフ(株)
 ・山岡CC (岐阜)  山岡ゴルフ(株)
 ・福岡国際CC(福岡)  福岡国際ゴルフ(株)

 なお、この合併に伴い東海開発(株)は10月1日付けでPGMプロパティーズ5(株)に商号を変更する予定としている。

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
最新・倒産、経営交代ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ