ギャラクシーリゾートGC・美濃CCが破産宣告

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「美濃CC」(岐阜県)・ギャラクシーリゾートGC」(兵庫県)経営
不動産賃貸・株式会社ギャラック・破産手続き開始決定受ける

帝国データバンクより、平成17年4月27日

 (株)ギャラック(資本金4800万円、岐阜市鹿島町1-13、登記面=各務原市成清町1-1、代表川島國良氏、従業員2人)は、平成17年4月26日に債権者である整理回収機構(RCC)から大阪地裁へ破産を申し立てられ、翌27日に同地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

 破産管財人は中本和洋弁護士(大阪市北区西天満5-9-3、電話06-6364-6241)。

 当社は、1972年(昭和47年)8月に現代表の一族で経営する中堅紡績会社を中核とするグループがゴルフ場経営を目的に、武芸川開発(株)の商号で設立。74年11月にゴルフ場「美濃カントリー倶楽部」(岐阜県関市、27ホール)をオープンした。

 その後、88年9月に現商号へ変更し、93年3月にゴルフ場「淡路五色リゾートカントリー倶楽部」(現・ギャラクシーリゾートゴルフクラブ、兵庫県津名郡、18ホール)をオープン。付属するリゾートホテル・スポーツ施設のほか、ブティック・レストランの経営なども手がけ、94年7月期には年収入高約34億4400万円をあげていた。

 この間、多大な設備投資やバブル期の財テクなどで借入金が増加していたが、財テクの失敗や地価下落などにより資金繰りは悪化。このため、不採算事業の撤退や不動産の処分売却に加えて、99年5月にはゴルフ場を別法人に分離して不動産賃貸業に特化し、経営の立て直しを図っていた。

 しかし、地価の下落などで借入金の大幅な削減に至らず、金融機関より所有不動産に対し競売を申し立てられていたうえ、会員からの預託金返還請求も増加していた。こうしたなか、債権回収を進めるRCCが会員のプレー権を確保するなどの目的で破産の申し立てとなった。

 負債は約688億円。

 なお、4月27日以降もゴルフ場の営業は継続されている。

    ↓↓↓ 関連情報・淡路五色リゾートカントリー倶楽部

 (ゴルフ場預託金)新会社・ギャラクシー淡路に返還義務と最高裁判断、審理差し戻し)

ギャラクシーリゾートGC(兵庫県)・神戸地裁で競売に
平成19年6月12日

 『(株)ギャラックは、平成17年4月26日に債権者である整理回収機構(RCC)から大阪地裁へ破産を申し立てられ、翌27日に同地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが判明した 』と報じたが、

 ギャラクシーリゾートゴルフクラブ(旧・淡路五色リゾートCC、18H、兵庫県洲本市五色町都志1151、平成5年開場)が、神戸地裁で競売にかかっていることが分かった。

 関係者の話によると、担保権者である(株)整理回収機構(RCC)が競売にかけたもの。既報通り、同リゾートの経営会社・(株)ギャラックは平成17年4月26日にRCCから破産を申し立てられ、翌27日に大阪地裁から破産手続き開始決定を受けている。

 しかし、その後も運営会社が営業を継続しており、破産手続きでは管財人の管理下に置くことが出来なかったため、競売になったようだ。

 事件番号は「平成17年(ケ)第11015」で、場所は洲本市五色町鮎原葛尾他」、土地面積は「28万1678平方メートル」(他借地権付き借地等)。

 この他に、クラブハウス及びギャラクシーリゾートホテル(地下1階・地上5階、客室100室超、建物面積はハウスとホテルで計1万5191平方メートル)を加え、売却基準価格は「3億4134万円」となっている。

このページのトップへ
トーシングループ4コース目、美濃CC(岐阜県)を買収
会社名 株式会社トーシン
代表者名 代表取締役社長 石田 信文
平成19年6月6日

 当社は、平成19年6月6日開催の取締役会において、当社100%子会社であるトーシンリゾート株式会社(代表取締役:石田信文、本社:名古屋市中区、資本金:1000万円)が、平成19年7月11日をもって破産者株式会社ギャラック(破産管財人:中本和洋、所在地:大阪市北区)が運営する「美濃カントリークラブ」の事業譲渡を受けることを決議しましたので下記のとおりお知らせいたします。

 1 事業譲受けの理由

 今般、トーシンリゾート株式会社は、破産者株式会社ギャラック(破産管財人:中本和洋)からゴルフ事業承継とそのために必要な資産などの譲受けに合意したものであります。当社グループの更なる事業の拡大が期待できると判断しております。

 2 譲受けの内容

 (1)譲受けの内容

   @ 岐阜県関市武芸川町八幡字高田1番1他249筆のゴルフ場の土地

   A 岐阜県関市武芸川町八幡字高田19番地1建物他有形固定資産等

 (2)譲受け価格

   総額10億円(税込)(譲受け資産の対価を含む本件事業譲受けの全対価)

 (3)決済方法

   平成19年6月6日 手付金1億円支払い

   平成19年7月6日 残金9億円支払い

 ・・・・    以下略    ・・・・

 掲載元URL=http://www.toshin-group.com/ir/irdata/20070606.pdf

 破産した(株)ギャラックが経営するギャラクシーRGC(旧・淡路五色リゾートCC、兵庫県)が神戸地裁で競売にかかっていると報じたが、同社の経営するもう一方の美濃カントリー倶楽部(岐阜県、TEL:0575-33-4333)を、大阪ヘラクレス上場の(株)トーシンが買収することが明らかになった。

 トーシンが6月6日に発表したもので、7月11日に事業を譲受する予定としている。

 美濃CCの従業員は原則的に継続雇用し、在籍する3003名の会員のプレー権も認める。預託金は引き継がず、預託金はゼロとなるが、プレー権は譲渡可のいわゆるプレー会員権になる予定となっている。

 トーシンは、平成18年3月に太郎門CC(現・TOKYO North Hills GC、18H、栃木県)を取得してゴルフ場経営に参入。美濃CC(ゴルフ場名は変更される模様)は、グループ4コース目となる。

 なお、破産会社から各会員への配当はないとみられる

   ↓↓↓ 平成19年7月13日、ゴルフ場名変更

 「美濃カントリー倶楽部」から「TOSHIN さくら Hills Golf Club」に変更

このページのトップへ
ギャラクシーリゾートGC(兵庫県)・7月3日開札で最高価額8億5000万円
平成19年7月10日

 『 ギャラクシーリゾートゴルフクラブ(旧・淡路五色リゾートCC、18H、兵庫県洲本市五色町都志1151、平成5年開場)が、神戸地裁で競売にかかっていることが分かった 』と報じたが、開札が7月3日に神戸地裁で行われたが、6件の入札があり最高値は「8億5000万円」だったことが判明した。

 競売にかかったのは「28万1678平方メートル」の土地と、クラブハウス及びギャラクシーリゾートホテル(建物面積はハウスとホテルで計1万5191平方メートル)で、売却基準価格は「3億4134万円」(買受可能価額は2億7307万2000円)。

 売却許可決定は7月10日で、その時に落札会社名が公示される。もっとも、運営会社が営業を継続しており、即座に落札会社が経営に入ることは難しい模様。

   ↓↓↓ 平成19年7月15日追加 「ギャラクシーRGCを韓国系企業が落札」

 同地裁が7月10日に売却決定(8億5000万円の最高額を提示し落札)を下した会社は、韓国系企業だったことが判明。

 その会社は、ゴルフ場経営を目的に平成17年12月28日に設立された会社で、「(株)Golf and Art Resort Japan」(代表取締役は李東俊氏他1名、大阪市北区神山町1-15)、李東俊代表はソウル在住となっている。今後、同社が代金納付期限予定8月17日までに、代金を納付すれば権利が確定することになる。

 尚、平成19年6月12日既報通り、旧・経営会社の(株)ギャラックは平成17年4月26日にRCCから破産を申し立てられ、翌27日に大阪地裁から破産手続開始決定を受けている。

 ゴルフ場は従来の運営会社が営業を継続している関係から、営業権の移行に時間を要する場合もある模様だ。

   ↓↓↓ 平成20年1月15日追加、「ギャラクシーRGCが新名称で営業へ」

 ギャラクシーリゾートゴルフクラブ(旧・淡路五色リゾートCC、兵庫県)は、落札した「(株)GoIf and Art Resort Japan」(李東俊氏他1名代表、大阪市)が、ゴルフ場名を「スプリングゴルフ&アートリゾート淡路」(TEL:0799-30-3555)に変更(予定)し、現在は今春のオープンに備え、芝の張替えや土壌関連の工事のほか、併設しているホテル(旧・ギャラクシーリゾートホテル)の改修を行っているという。

 運営は当面パブリック営業を予定しており、将来的に会員を募集する方針としている。

スプリングG・AR淡路(兵庫県)・4月5日に仮オープン
平成20年4月6日

 ギャラクシーリゾートGCを落札した「(株)Golfand Art Resort Japan」(李東俊代表取締役、本社=コース)は、4月5日に名称を「スプリングゴルフ&アートリゾート淡路(スプリングG・Aリゾート淡路)」(TEL:0799-30-3555)に改め営業を再開する。

 同社は韓国て3コース、アメリカ、中国(現在建設中)で1コースずつゴルフ場を経営しているコリア・ゴルフ・アンド・アート・ビレッジが母体。今回の落札により日本のゴルフ場所有は初めてとなる。

 同ゴルフ場では「一通りプレーすることができるレベルになったためオープンする運びとなった。クラブハウスや併設するホテルについでは現在内装工事を続けており、グランドオープンはおよそ3カ月後の予定で、暫くはパブリックで営業していくが、会員制も検討する」と話している。

 尚、グランドオープンまではグリーンフイを半額にし、プレー料金は税込みでゴールデンウイーク等の一部を除き平日7000円、土・日祝日1万500円(グランドオープン後は平日1万1000円、土日祝1万8000円)で営業する。

 また、プレースタイルは当面セルフのみとしているが、プレオープンが終わり次第キャディ付きプレーを可能にする方針だ。

このページのトップへ
その他・近畿地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ