新千歳CC、奈井江CC経営・(株)エスシーエム興産が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

新千歳CC、奈井江CC(北海道)経営の不動産業
(株)エスシーエム興産が民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成17年2月28日

 (株)エスシーエム興産(資本金1億円、東京都北区王子2-32-8、廣川和男社長)は、平成17年2月28日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は松村正哲弁護士(東京都千代田区丸の内1-6-5、電話03-5223-7755)。監督委員は小林信明弁護士(東京都千代田区麹町1-6-9、電話03-3238-8515)。

 当社は、2002年(平成14年)10月に東証1部上場の住友石炭鉱業(株)の付帯事業部門を切り離し、同社の連結子会社として設立された。

 当初は北海道札幌市を中心に直営で行っているスーパーマーケット「JOY」(17店舗)の経営を主体として、分譲マンション・戸建住宅の販売やオフィスビル・マンションの賃貸管理事業のほか、「奈井江カントリークラブ」(北海道空知郡奈井江町)と「新千歳カントリークラブ」(北海道千歳市)の2つのゴルフ場の経営を行い、2004年3月期には年売上高約242億9400万円を計上していた。

 しかし、近年はスーパー経営が負担となり、売り上げが減少傾向にあったため、同部門の経営を2004年7月にイオン(株)へ売却、同部門から完全撤退していた。

 また、ゴルフ業界全体の経営環境悪化、不動産市況の低迷や住宅販売の不振から大幅な債務超過状態となり、抜本的な事業再生を図るため、今回の措置に踏み切った。

 なお、この間当社は2004年9月に住友石炭鉱業(株)から(有)ジー・ジー・シー(東京都港区)へ経営譲渡されており、現在、住友石炭鉱業(株)の連結子会社ではなくなっている。

 負債は2005年1月末で約263億円。

新千歳CCはローンスター系列、奈井江CCは日動系列に
ゴルフ特信より、平成17年10月頃

 昨年2月に東京地裁に民事再生法の適用を申請した(株)エスシーエム興産は、このほど(平成17年10月)会員を含む再建者に再生計画案を配布した。

 営業譲渡型の計画案で、譲渡先は既報通りローンスター(LS)グループと北海道の不動産会社・(株)日動(札幌市中央区南1条西1-16、TEL011-232-3237)グループの会社。既に新千歳CCはLSグループのPGPアセットホールディングス2有限会社が、奈井江CCは日動グループの(株)アンビックスが営業譲渡を受けて、9月1日から新体制による営業を開始している。

 (ゴルフ場名は従来通り、支配人は新千歳CCが高橋博久氏、奈井江CCは空席)。営業譲渡代金は新千歳CCが税別で6億円、奈井江CCが3000万円で、計画案の成立後にエスシーエム興産は清算される予定。

 会員に関する再生計画案の内容は、全会員にカット後の預託金を弁済した上で、無償でプレー会員権(無額面、譲渡可)を発行するとしている。弁済率は額面により異なり(複数以上の会員権を保有している会員は、預託金を合算した額に弁済率を当てはめる)、

  @ 150万円以下8%、

  A 150万円超〜500万円以下6%、

  B 500万円超〜1000万円以下4%

 ・・・・等。

 会員債権者の預託金は1500万円以下なので、会員への弁済率が手厚い形になっている。弁済期日は再生計画認可決定確定から3ヶ月以内としている。新千歳CCの会員数は約520名で、その預託金額は約8億1000万円、奈井江CCは約70名で、約5億7000万円。

 ちなみに、(株)アンビックスは既報通り、日動グループのホテルや温泉施設、ゴルフ練習場(中の島ゴルフセンター=札幌市)等を運営・経営している他、東武鉄道グループのユニ東武GC(27H、北海道)の運営を受託しているが、ゴルフ場の経営は始めて。

 なお、届出債権者数は599名で、その債権総額は260億6286万円余となっている。計画案の決議は書面投票と11月16日に開かれる債権者集会と併用で行われる。

新千歳CC、奈井江CC(北海道)の再生計画案が可決
ゴルフ特信より、平成17年11月20日

 両コースの債権者集会(書面投票と併用)が、平成17年11月16日に開かれ、賛成多数で再生計画案が可決した。申請代理人によると、決議結果は出席債権者数も議決権総額も100%近くの賛成で可決要件を満たしたという。

 既報通り、同社の計画案は営業譲渡型で、譲渡先は新千歳CCがLSグループ、奈井江CCが北海道の不動産会社・日動グループが譲渡を受けて、9月1日から新体制による営業を開始している。エスシーエム興産は清算される予定。

 会員に関する再生計画案の内容は、前述通り。

このページのトップへ
その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ