身延ゴルフ倶楽部、破産宣告を受ける

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

身延ゴルフ倶楽部(山梨県)経営・身延ゴルフ倶楽部(株)が破産宣告を受ける

帝国データバンクより、平成17年2月9日

 身延ゴルフ倶楽部(株)(資本金6000万円、山梨県南巨摩郡身延町下山922、代表高村博道氏)は、2004年11月5日に債権者の(株)整理回収機構(RCC)から甲府地裁へ第三者破産を申し立てられていたが、平成17年2月9日に同地裁より破産宣告を受けた。

 破産管財人は深澤勲弁護士(山梨県甲府市中央1-1-18、電話055-233-7124)ほか1名。

 当社は、1989年(平成元年)4月に設立。95年5月に「身延ゴルフ倶楽部」(18ホール)をオープン、同ゴルフ場は自然林に恵まれたコースで知られ、ピーク時の96年12月期には年収入高約5億5000万円を計上していた。

 しかし、オープン当初から人件費など固定費負担や、過大な設備投資による有利子負債も負担となり、資金繰りはひっ迫。さらに2001年3月には金融機関の債権がRCCへ譲渡され、経営難が表面化していた。

 その後も業績は低迷し、2003年同期の年収入高は約1億7000万円まで落ち込み、オープン以来の赤字経営により多額の累損を抱えていたほか、今年4月には預託金償還を控えていた。

 こうしたなか、昨年11月には親会社である富士河口湖倶楽部(株)(山梨県南都留郡、ゴルフ場・ホテル経営)とともに、RCCから甲府地裁へ第三者破産を申し立てられ、1月26日には富士河口湖倶楽部(株)が破産宣告を受けていたことで、当社の動向も注目されていた。

 負債は約214億円(うち預託金は約100億円)。

平成17年から閉鎖の身延GC(山梨県)、4月27日から営業再開
ゴルフ特信より、平成19年4月13日

 破産により平成17年2月から閉鎖していた身延ゴルフ倶楽部が新経営会社のより、身延山カントリークラブ(18H、山梨県南巨摩郡身延町下山922、TEL0556-62-5201=住所・TELは旧・身延GCと同)として4月27日にオープンする。

 新経営会社は、(株)身延山(芦沢茂代表取締役、山梨県南巨摩郡身延町西島406-1、平成18年1月設立、資本金6000万円)。このほど、役員として身延GCの旧会員(約1600名)に対して、リニューアルオープンについて通知した。

 → 平成30年4月現在、(株)身延山の代表取締役は「芦沢卓氏」となっています。

 同通知によれば、4月27日と28日の2日間は、旧会員に対してコースの全てを解放し、プレー費4000円(食事代・ワンドリンク付き)で1日35組まで受け入れるという。

 また営業再開に当たり、5月末までに年会費2万5000円の一括払いにより、特別会員として入金日の翌日以降会員待遇でプレーを受け入れるとしている(譲渡できる会員権は発行しない)。

 29日以降の営業料金(1Rセルフ)は、特別会員5000円、ビジターは平日6500円、土日祝日8500円を予定している。

 旧・身延GCを経営していた身延ゴルフ倶楽部(株)は既報通り、関連会社の富士河口湖倶楽部(株)に引き継ぎ、(株)整理回収機構(RCC)からの申立で平成17年2月に破産宣告を受けた。ゴルフ場は同2月から閉鎖しており、一時管理されなかったため、コースは荒れ放題だった。

 このため、破産管財人からコース施設を買収した新経営陣は、全面にわたる芝張り替えやグリーンの整備など改修工事を実施、このたびのリニューアルオープンにこぎつけたという。

 新経営陣は地元山梨で印鑑業などを手広く展開しているグループで、管財人からの引受はグループの(株)オリエント(樋口益男社長)が窓口となった。

 ちなみに、関連コースだった富士河口湖GC(18H、山梨県南都留郡鳴沢村)は、いまだ再開場の目途が立っていない。

   ↓↓↓富士河口湖GC関連ニュース

 平成21年3月6日付で、長谷萬グループが営業譲受

 ゴルフ場名を「フォレスト鳴沢ゴルフ&カントリークラブ」に改め、4月26日予定でプレオープン

 コースTEL:0555(85)5201

   ↓↓↓平成24年9月26日追加(身延GC関連)

 平成24年8月31日付、甲府地裁は身延GC(現・身延山CC、山梨県南巨摩郡身延町下山922)を経営していた破産会社の身延ゴルフ倶楽部(株)(住所=コース同)を破産廃止にしたことが判明。

 廃止理由は、「破産手続きの費用を償うに足りない」というもの。これにより同倶楽部の会員への配当はなくなった。

 コースTEL:「0556-62-5201」 → 「0556-62-5489」に変更

このページのトップへ
身延CC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ