グアムインターナショナルカントリークラブ・破産宣告

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

株式会社グアムインターナショナルカントリークラブ・破産宣告受ける

帝国データーバンクより、平成14年1月15日

 ゴルフ場経営の(株)グアムインターナショナルカントリークラブ(資本金1000万円、東京都千代田区東神田1-4-13、代表島貫秀之氏ほか)は、平成14年1月15日に東京地裁へ自己破産を申請、同日、同地裁より破産宣告を受けた。

 破産管財人は遠藤常二郎弁護士(東京都千代田区神田須田町1-12-9、電話03-3255-4561)。

 同社は、1983年(昭和58年)5月に(株)アシビンドーの商号で設立され、当初は沖縄県八重山郡小浜島でリゾート開発に着手したが、リゾートホテル建設で計画倒れとなり、同プロジェクトは断念して休業状態に入っていた。

 その後、89年10月に現商号に変更するとともに、グアム島でのゴルフ場建設事業を具体化させていたが、バブル崩壊による会員権募集の不調から資金が続かず、当時の代表が体調を崩したこともあり事業継続を断念。

 93年8月に経営権を東証1部上場ゼネコン、大日本土木の系列にあるゴルフ場運営会社、鳩山スポーツランド(株)(埼玉県比企郡、登記面=東京都新宿区)などに譲渡し、94年3月に同ゴルフ場はオープンされていた。

 ゴルフ場は空港およびタモンビーチのホテル街から近く(車で10分程度)立地条件には恵まれ、日本からの観光客が入場者の7〜8割を占めていた。

 しかし、プレイフィー収入は当社の売り上げとはせず、現地法人の売り上げとしたため当社の売上高はほとんど発生していない状態であった。このため、ゴルフ場の運営はこれまで通りグアム現地法人が行い、過大な負債を抱える当社は破産による処理となった。

 負債は約128億円。

その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ