広島東城カントリークラブを韓国系企業の(株)パインヒールズが取得

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

広島東城CC(広島県)の営業権を韓国系企業が取得

平成19年7月3日

 広島東城カントリークラブ(旧・愛和GC東城C、昭和51年開場、27H、広島県庄原市東城町久代977-1)の経営が、韓国系企業の(株)パインヒールズ(神戸市中央区磯辺通1-1-5、平成18年11月24日設立)に交代し、ゴルフ場の電話番号を「TEL:08477-2-4141→ 08477-2-3755」に変更、今年の3月21日から営業されていることが判明した。

 同ゴルフ場は、平成15年にゴルフ場用地が約6億7802万円で競売広告され、後に取り下げになった経緯があり、当時の経営会社では運営の継続が困難となって、平成16年3月から有限会社・広島東城CCが運営を引き継ぎ営業を行っていた。

 (株)パインヒールズは、韓国でインテリアや総合建設業等を行っているグループが設立した会社で、同CCの営業権と不動産の第一抵当権を取得したもので、既に岡山空港経由で韓国から関連会社の関係者が多数視察プレーに訪れており、今後は韓国での会員募集も検討しているという。

 但し、前述通り平成15年当時の旧経営会社関連で東城ゴルフ・東城土地所有のゴルフ場不動産の競売手続きは進行中のため、現在は暫定的な営業体制ということになる。パインヒールズ側は、競売手続きで正式に所有権を取得した後に体制を整え、ゴルフ場施設を改修する計画という。

 既に、今年9月にリニューアルオープン、ゴルフ場名を「パインヒールズリゾート&カントリークラブ」に変更する予定だというが、旧会員の処遇に関しては、「今のところ宙に浮いた状態」と話しており、プレー権等を含む詳細事項は、今後の推移次第となりそうだ。

 ちなみに、同CCは中国自動車道東城ICより5km(JR芸備線・東城駅から車で約8分)に位置し、フェアウェイも広く、ゆるやかな起伏の地形を生かしたフラットな丘陵コース。リゾートホテルは41室で最大134名収容。

パインヒールズRCC(広島県)・競売で施設を取得し正式にゴルフ場名変更
平成21年1月23日

 『 平成19年7月3日に、韓国で金融業やインテリア、総合建設業等を行っているグループが設立した(株)パインヒールズ(姜東賢=カン・ドンヒュン代表)が、同年3月21日から広島東城カントリークラブ(広島県庄原市東城町久代977-1、TEL:08477-2-3755)を営業していることが判明した 』と報じたが、

 その後は、パインヒールズの名称で営業(競売での施設取得まで)しつつも、同社が昨年11月26日に行われた競売で施設を取得し、正式にコース名を「パインヒールズリゾートカントリークラプ」に変更したことが判明した。今月中に土地登記を行い、看板等も変更する予定(運営はパブリック)。

 パインヒールズRCC → http://www.pinehillscc-japan.com/

 同社によると、競売での落札価額は債権を取得していたこともあり、売却基準価額約5億円のところ17億7000万円と大きく上回ったという。

 今後クラブハウスの改修工事を行い、3月にリニューアルオープンする予定。ちなみに、旧・広島東城CCの会員には友の会の入会に際して優遇措置を施す考えのようだ。


     ↓↓↓ 椿ゴルフ追加

 旧・広島東城CCの会員から弊社に問合わせが多く寄せられますが、(株)パインヒールズは旧会員の預託金は引き継いでなく、優遇措置としてプレー権のみが存在(手続をされた会員のみ)しており、現在パインヒールズRCCはパブリック運営ということもあり、売却は出来ません。

 よって、旧会員でパインヒールズRCCに移行されていない方の証券は紙切れと同じ扱いとなっており、現状も今後もどうすることも出来ませんので、ご理解下さい。

 また、パインヒールズRCCからの移行案内が来ていない方は、直接コースにお問い合せ下さい。弊社では分かりかねませんのでご了承下さい。

パインヒールズリゾートCC(広島県)が競売に
インターネット公売で
平成26年6月27日

 「パインヒールズリゾートカントリークラプ」(広島県庄原市東城町久代977-1、TEL:08477-2-3755)のクラブハウスが、インターネット公売で(土地は第三者の所有)広島県北部県税事務所により入札にかけられていることが判明した。

 見積価格約5億3500万円で、入札期間は6月19日〜26日まで。 同県税事務所は、昨年は約8億円で公売に出したが入札がなかった。今後、入札がなければ価格を下げるかもしれないが、まだ決まっていないと、話しているという。

 同CC(当時は、広島東城CC)は、既報通り、韓国で金融業や総合建設業等を行っているグループが設立した(株)パインビールスの所有で、平成年11月に売却基準価額約5億円を大きく上回る17億7000万円で落札していたもの。

 現在の運営会社では「所有会社は引き上げてしまって、今は賃貸して日本人で営業している。クラブハウスを含め肩代わりするところが現われれば、我々は退きます」と話しているという。


     ↓↓↓ 平成28年3月15日追加

 パインヒールズリゾートCC、3億8千万円で公売

 前述通り、平成26年6月に見積価額約5億3500万で競売にかけられた「パインヒールズリゾートカントリークラブ」だが落札者は無く、今度はヤフージャパン(YahooJapan)のインターネット官公庁オークションで再び公売にかけられたことが判明した。

 対象は広島県庄原市東城町久代953のゴルフ場クラブハウス(地下1階地上3階建て、延べ床面積約5500平方メートル)。入札期間は3月4〜11日で、納付期限は3月18日となっている。見積価額は約3億8千万円。

 競売公売.com URL=http://xn--55q36pba3495a.com/auction/28916.html

 *期限切れにて削除されている場合はご容赦下さい


     ↓↓↓ 平成28年5月16日追加

 パインヒールズリゾートCC、営業を停止し廃業か?

 パインビールスリゾートカントリークラブの電話番号(TEL:0847-72-4193)が音信不通で、営業を行っていない状態であることが判明した(周辺のゴルフ場の情報でも「営業していない」という)。既報通り、同ゴルフ場の所有会社は引き上げた状態で、別の運営会社が施設を賃貸し、新経営者が決まるまでの予定で営業を続けていたもの。

 ちなみに、前述のヤフー競売(3億8125万5120円)も落札者は無かったようだ。今年に入って地元では廃業の噂も出ていたという。


     ↓↓↓ 平成28年12月20日追加

 全国で閉鎖(完全閉鎖・一時閉鎖・一部閉鎖)したゴルフ場一覧、都道府県別に掲載

情報掲載に関するお知らせ
 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
その他・中国地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ