浜名湖カントリークラブ・2億円以上かけ売電事業に参入

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

浜名湖CC(静岡県)・2億円以上かけ売電事業に参入

ゴルフ特信より、平成17年1月10日

 昭和36年開場で会員制の浜名湖カントリークラブは、風力と太陽光の発電事業に取り組み、このほど基礎工事などを開始した。

 同CCによると、風力が1000キロワット、太陽光が17キロワットの発電能力があり、年間では風力で191万キロワット、太陽光で2万2000キロワットの電力を生み出す計画。この電力を自家消費するとともに、余剰電力を中部電力に売る。

 クラブハウスの東側のナーセリーのある場所に、直径60メートルの風車(三菱重工業)を1基(高さ100メートル弱)建設して風力発電、駐車場の屋根の部分にはソーラーパネルを設置して太陽光発電を行う。

 風車は来年2月完成だが、ソーラーパネルの工事は今年2月中には完成し、3月にも電力供給を開始する。総事業費は約2億5000万円で、資源エネルギー庁から約6800万円の補助金が出る。

 電力事業について、同CCは「年間約1600万円となる電気代を節約できる。また、金融利子が低率なので自己資金を活用するために取り組むことになった」と説明している。もっとも、投資資金を回収できる状態になるのは概ね17年後になるという。

 同CCはコースにも積極的に投資しており、一昨年からコウライ1グリーンをベント1グリーン(芝種はG-3)に改修する工事を行っている。散水・排水を含む大掛かりな改修工事のため、9ホールずつ閉鎖して行っており、今年1月9日から最後に残った中コースを閉鎖して工事じに入った。

 完成は9月末で、10月1日から27ホールの通常営業に入る。このベント化の工事にも2億円はかかるという。

浜名湖CC・コースガイドへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ