サンマリーナ玉庭ゴルフ倶楽部(山形県)・競売で落札

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

サンマリーナ玉庭GC・1ヶ月遅れで変則営業開始

ゴルフ特信より

 平成2年に開場した会員制のサンマリーナ玉庭ゴルフ倶楽部(18H、山形県東置く賜郡川西町大字玉庭6984)は、クローズ明けのオープンが遅れていたが、平成16年6月1日から変則的な形で営業を再開したことが分かった。

 同GCの経営は(株)サンマリーナ玉庭(本社=東京都港区)が行ってきたが、昨年の入場者数は昨年比124人減の9286人と低迷を続け、業績不振から電気料の滞納により送電をストップされるなどで、今年のオープン(例年はゴールデンウィークまでにオープン)ができなかった。

 関係者によると、(株)サンマリーナ玉庭の親会社である(株)太陽住建(平成5年3月に2回目不渡り)の元社員の今野亨氏が任意団体の「玉庭企画」(住所=コース、TEL0238-48-3002)を設立して同企画が運営を受託し、アルバイトを中心に約10名で営業を行っているという。

 クラブハウスのキャディマスター室のみを利用して、ゴルファーを受け入れているので、風呂やロッカー、レストラン等は利用できない。プレーは乗用カートによるセルフのスルーで、ビジターのプレー料金は6月9日までが、消費税を含め全て込みの平日3000円、土日祝日4800円、10日以降は土日祝日は変更なく、平日が500円アップの3500円となる。

 電力会社からの電気の供給問題については解決していないが、同企画は大型の発電機を導入してスプリンクラーなどの電気を確保しているという。乗用カートの燃料はガソリンだったこともあり、問題をクリアできた。

コースコンディションについては、電力ストップで雪解け以降の散水ができなかったことや、タヌキ等の動物がグリーンをほじくり返したことから傷んでいるとしているが、利用者にはそのことを了解して頂いているという。利用者は、PR不足もあり初日の1日が2組で、5日の土曜日は約30名だったとしている。

 なお、(株)サンマリーナ玉庭の本社の電話は不通となっている。

サンマリーナ玉庭GC・競落され、今年の営業は?

ゴルフ特信より

 平成2年に開場した会員制のサンマリーナ玉庭ゴルフ倶楽部(18H、山形県東置く賜郡川西町大字玉庭6984)は競売にかかり、平成17年12月頃に競落されていることが、このほど分かった(平成18年5月中旬)。

 競落した会社は新会社で落札の目的は不明だが、雪解け後もコースの管理はしていないことから、今年の営業が危ぶまれている。

 同GCの営業は平成15年まで(株)サンマリーナ玉庭(本社=東京都港区)関連で行っていた。しかし、16年には活動を停止したとみられ、既報通り1昨年6月から同社元社員が任意団体の「玉庭企画」を設立して暫定営業を続けてきた。

 競売で所有者が代わったため、玉庭企画は今年の営業を断念しているという。電話は不通となっている。

サンマリーナ玉庭GC・落札したのはアドヴァンス
ゴルフ特信より

 平成2年に開場した会員制の同倶楽部は、既報通り平成17年12月に競売で落札されたことが分かったが、その後の調査で落札した会社が判明した。

 落札したのは、ゴルフ場経営やホテル会員券販売等を目的に、平成17年8月に設立された有限会社アドヴァンス(東京都中央区銀座6-16-11、TEL03-3544-0225、安達安夫取締役、資本金300万円)。同GCと付帯するホテル「ホテルサンマリーナ玉庭」(177室)等を落札した(落札価格は不明)。

 同社は「転売を目指しており、売却先は内定している」という。それ以上の詳細については「先方もあるので」として明らかにしていないものの、買受先はゴルフ場として営業を行う意向のようだ。

 同GCは不動産業の太陽住建(株)が開発計画を進め、平成2年8月にオープン。その太陽住建は5年3月に2回目の不渡りを出し、事実上倒産(負債約1400億円)している。後ろ盾をなくしたものの、運営会社の(株)サンマリーナ玉庭は平成15年まで営業を続けてきたが、平成16年に入って活動を停止。

 このため、同社の社員が任意団体の「玉庭企画」を設立し、同年6月から昨年まで営業を行っていた。

 本紙の調べによると、今年は5月まで営業を行っていなかったが、6月10日頃から当日の受付順でプレーを受け入れているという。但し、アドヴァンス側が公表を控えているため、詳細は明らかになっていない。

 なお、ゴルフ場名を下記の通り変更

 「サンマリーナ玉庭ゴルフ倶楽部」 → 「山形玉庭カントリー倶楽部

サンマリーナ玉庭GC(山形県)・依然として買い手を模索中
ゴルフ特信より、平成19年8月8日

 平成17年12月に競売で落札された山形玉庭カントリークラブ(旧・サンマリーナ玉庭GC、18H、山形県東置く賜郡川西町大字玉庭6984)が、平成18年以降は依然として本格的な営業を再開しておらず、落札した会社が買い手を模索していることが明らかになった。

 既報通り、同GCはゴルフ場への投資を目的として17年8月に設立された有限会社アドヴァンス(東京都中央区銀座6-16-11、TEL03-3544-0225、安達安夫取締役、資本金300万円)が落札。その後、買受先を探していたが成約には至っていないという。

 同社が落札したのはゴルフ場施設で、付帯する「ホテルサンマリーナ玉庭」(177室)は含まれていない。

 権利関係が一部未処理となっていることや、ホテル(共有方式)の活用ができないなどの制約もあり、買い手が付かないというが、転売が目的なので、同社は早期の売却を目指しているという。

 ちなみに、ゴルフ場は旧従業員らが自主管理中で、地元の旧会員の希望に応じてプレーを受け入れている。ただし、電気は自家発電で賄っているため、厨房は使えず昼食等は弁当としている。

 同社は、「当社が営業を行う移行は全くない」と語っており、旧従業員の営業は黙認している状態のようだ。


    ↓↓↓ 平成26年12月18日追加

 平成26年12月に山形玉庭GCを閉鎖しメガソーラー発電所の建設計画浮上

情報掲載に関するお知らせ
 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
その他・東北地区・倒産ゴルフ場ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ