雲仙ゴルフ場・民間管理に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

日本最古の県営、雲仙ゴルフ場(長崎県)民間の管理に

ゴルフ特信より、平成18年4月

 長崎県は、県営の雲仙ゴルフ場(9H、長崎県雲仙市小浜町雲仙548、TEL0957-73-3368)の管理・運営を平成18年4月1日付けで民間企業に移管することが分かった。

 同ゴルフ場は、日本で第4番目となる大正2年8月に開場。現存するゴルフ場では、神戸GC六甲ゴルフ場(18H、兵庫県)に次ぎ歴史があり、日本最古の県営、日本最古のパブリック、日本人が発起人となり開発した最初のゴルフ場等、ゴルフ史でキーポイントとなるゴルフ場でもある。

 同ゴルフ場の開発の発端は、地権者47人が「雲仙のために土地を使ってほしい」と県に申し出て、大正元年に県と貸与契約をしたことだった。無償の上に99年間という長期の契約だった。

 平成23年まで県が利用できるわけだが、平成11年度から毎年約5000万円の赤字を計上するなどゴルフ場経営は厳しくなり、県は行政改革の一環で民間に移管を希望。一方、地元は以前からゴルフ場を活用した地域の活性化を希望し、両社の目的が一致して管理・運営を移管することになった。

 受け皿は、地権者などが株主になって昭和48年に設立した「雲仙ゴルフ場(株)」(旧・雲仙ゴルフ場レストラン(株)、本社=コースと同、石動義高社長、資本金4500万円)。同社は、県からゴルフ場のレストランの運営を受託し、現在も運営を行っている。

 県は、無償で用地を他よしてきたお礼として、同社に乗用カート導入のためカート路整備等の費用として約6800万円を拠出する他に、県所有のクラブハウスなどを無償で貸与する。

 石動社長(雲仙いわき旅館専務)は「プレー料金を平日8000円、土日祝日1万2000円(オープン記念期間は更に安い料金でプレー受け入れ)と値下げして営業する他に、宿泊パックなどを売り出し、約8000人となった年間来場者数を1万1500人に引き上げたい」と語っている。また、ゴルフ以外のコンサート等イベントやスポーツ合宿なども受け入れたいとしている。

 ちなみに、同ゴルフ場はパブリックながら、ゴルフの愛好者が組織した「雲仙ゴルフ倶楽部」があり、その会員権に相場が付き市場で売買されている。

その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ