ブルーラインカントリー倶楽部・市川造園グループが買収へ

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ブルーラインCC(山口県)を市川造園グループが買収へ

ゴルフ特信より、平成18年12月15日

 市川造園グループが昭和53年開場のブルーラインカントリー倶楽部(18H、山口県長門市日置上439-8、TEL0837-37-2600)を近く買収する。

 ブルーラインCCを経営する長門リゾート開発(株)の株式は、現在三菱マテリアル系列の西日本開発(株)(玄海GC等経営)が保有しているが、同株式を12月22日付けで市川造園グループの(株)市川ゴルフ興業(市川金次郎代表、東京都練馬区大泉学園町8-18-10、資本金1000万円、平成13年11月設立)に譲渡する。

 同CCは長らくコース・クラブハウスを施行した旧・三菱建設系で経営され、三菱建設(株)の(株)ピーエス三菱への経営統合により、平成14年から同じ三菱グループの三菱マテリアル系列となっていた。

 同CCは、入場者数の低迷と退会会員への預託金返還が増加していたため、親会社がこれ以上現体制下での経営継続は困難と判断し、ゴルフ場会社の売却を決断したという。売却額については今のところ明らかになっていない。

 また市川造園グループへの経営権譲渡については、今年9月に基本合意に達し、これまでに会員372名への預託金全額の返還手続きもほぼ終えており、経営権の譲渡後はパブリックでの運営となる。

 市川造園グループは既報通り、北海道のル・ペタウGのスポンサーとなる再生計画案が成立した他、今回を含め今年だけで4コースが新たに加わることになり、グループ24コース目と言うことになる。

その他・中国地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ