ヴィンテージゴルフ倶楽部(旧、ダイワヴィンテージゴルフ倶楽部)

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

椿ゴルフTEL:0120−010−546      メール

ゴルフ会員権・トップ 会社案内 ゴルフ会員権相場 格安物件 税金対策 取引の流れ 売買依頼書 質問Q&A

ヴィンテージGC・コース案内

山梨県相場表へ コースTEL:0551‐42-1011
開場日 1994年7月(平成6年) ホール / P 18H / Par72
設計者 加藤 俊輔 グリーン ベント1グリーン
種 別 丘陵コース コース 山梨県北杜市須玉町江草3072
面積 106・0万u レート 72・4
ヤーデージ 6,905y 練習場 300Y/14 地図
加盟団体 JGA・KGA加盟 プレー セルフ、乗用K
書換料 停止 会員数 正1112 平49 ゴルフ場HP
入会金 この列の単位は万円 会員名簿 平成7年発行(預託金制) ヴィンテージGC
年会費 正3・6 平2・4 高速道路 中央道・韮崎IC〜13q
入会条件

※年会費は税別料金です

・国籍制限無し、女性入会可
・会員1名の紹介
・面接有り
・平日会員(土曜不可)
名義書換要項はこちら
経営・系列 ・新経営会社:(株)シャトレーゼヴィンテージ
・新経営母体:(株)シャトレーゼホールディングス
・旧経営会社:ビンテージリゾート(株)
・系列コース:シャトレーゼグループゴルフ場

※平成21年6月1日、経営会社変更
  (株)ビンテージ → ヴィンテージリゾート(株)

※平成28年7月1日
 ヴィンテージリゾート(株) → (株)シャトレーゼヴィンテージ


メンバーフィ ・平成28年7月1日 現在(要確認)
・全日:7,000(税込、セルフ 4B)
競技会
特典・制度 ・ロッジ有り(ベット数50、平成24年7月リニューアルオープン)
・家族割引制度有り
 3親等以内のご親族を「家族会員」として登録できる制度があります。
 年会費:18,000円(税別) プレー費:メンバー+1,000円)
交通・その他 ・JR中央線・「韮崎駅」からタクシーで約20分(クラブバス有り・要予約)
ヴィンテージゴルフ倶楽部・過去の経緯 釣り具、ゴルフクラブのダイワ精工が100%出資したゴルフ場。
 地元富士吉田市の不動産・建築業の(株)フジヤが主体となって開発・許認可手続きを進め90年12月に新須玉GCとして開発許認可を取得。その後は本来の母体でもあるダイワ精工が全面に出てコース名も現在のものとなった。

 ダイワが造るゴルフ場ということでゴルファーから注目も高かったが、91年5月には特別縁故2200万円・500人の募集を終了している。

 その後は償還の目途が立たず、平成12年10月に民事再生法を申請。翌年4月23日に認可され、会社再生中。ダイワ精工が債権を放棄し、新会社で営業を再開、会員も継承された。平成13年6月から名変も再開されたが、市場での買いは少なく影響は大きいようである。

■民事再生計画案の内容

1)、ダイワ精工(株)は、同社が有する約167億5,000万円の債務を免除する。

2)、ダイワ精工(株)100%出資会社の(株)ビンテージへ当該ゴルフ場を営業譲渡し、
   (株)ダイワヴィンテージは会社清算する。

3)、新会社は、会員のプレー権及び預託金を引き受け、継続会員は、
   旧預託金の20%を新預託金とする。

4)、預託金の据置期間は、2010年11月30日までとする。

5)、据置期間満了後に退会を希望する会員には、毎年3,740万円を限度に返還する。

6)、返還金額が3,740万円をオーバーした場合、抽選返還とする。

7)、退会会員へは、預託金の20%を2010年までに9回分割にて返還する。

■経過

 上場企業のダイワ精工(株)が平成16年3月30日、同倶楽部を経営する100%子会社の(株)ビンテージの全株式1500株の内、1470株を関係先に譲渡し「ゴルフ場事業から撤退を決定した」と発表。

 譲渡先と株数は、会員が中心になって3月2日に設立した「有限責任中間法人・倶楽部ヴィンテージ」(古屋俊仁代表理事、基金300万円)に600株、(株)ビンテージ役員持株会に570株、その他1社に300株となっている。譲渡価格は”1株1円”。

 ダイワ精工ではこの件について「会員による自主運営のゴルフ場に移行し、民主的な経営と運営をすることが、より良い選択であると判断した」と説明。もっとも、減損会計導入で債務超過になる可能性があるといわれており、ゴルフ場切り離しの背景には、債務超過の回避があるようだ。

 ちなみに(株)ビンテージは、再生計画が成立したとはいうものの、平成22年まで債権者への弁済義務を負っている。このため、同社の株はリスクのある株ともいえるが、来場者の増加やコスト低減などにより黒字化に目途が付いているようで、会員や役職員は株を取得しても問題はないと判断したようだ。会員の中間法人加入手続き(社員)は、4月中旬以降に行う予定。

■平成18年9月1日、ゴルフ場名変更

 「ダイワヴィンテージゴルフ倶楽部」 → 「ヴィンテージゴルフ倶楽部」
 平成16年に現体制となってから軌道に乗ってきたこと、”ダイワ”は元の親会社であるダイワ精工(株)の社名に由来するが、経営株を2%保有していた同精工が今回資本を完全に引き上げたことから。

■平成21年6月1日〜同年9月末まで、名義書換停止
 新規会員募集のため(募集金額:882,000円、定員300口)。

■平成21年8月1日、リゾート会員権の募集を開始
 募集金額は600万円で15口

■平成21年12月1日より、名義書換再開と同時に名変料値上げ

種類 改訂前 改訂後
正会員 500,000円(税別) 1,000,000円(税別)
平日会員 300,000円(税別) 600,000円(税別)
※募集は継続中

■平成21年8月1日、ワインオーナー事業開始

■平成23年4月29日、託児所を月1回開設

■平成23年12月23日より、名義書換料半額キャンペーン実施

種類 通常料金 期間中
正会員 1,000,000円(税別) 500,000円(税別)
平日会員 600,000円(税別) 300,000円(税別)

■平成27年2月28日、第2次会員募集終了

 平成21年6月から正会員募集を84万円(税別)で行っていたが、平成26年12月末現在で271口の入会があったたため。また、同倶楽部をフィールドとした「統合医療事業」をスタートさせたという。

■平成27年9月15日、経営会社・ヴィンテージリゾート(株)が破産手続き開始決定

 負債は2015年2月期末時点でヴィンテージリゾート(株)が約109億円(うち金融債務4,000万円、大半が長期預り金)、(株)ヴィンテージファームが約4億円(うち金融債務2億5,000万円)で、2社合計で約113億円であるが、今後変動する可能性がある。

 なお、今後もゴルフ場の運営を続けて従業員を継続雇用する方針。

 → 平成28年1月26日、シャトレーゼグループが新主体候補に

 → 平成28年5月には新体制で営業を開始できる模様

■平成28年7月1日より、シャトレーゼグループゴルフ場として営業開始

 旧会員は登録料無料(登録要請の書面は7月中旬までに送付され、詳細はその際に通知される)で継承されるという。但し、会員のプレー料金は従来から1500円増えて全曜日7000円に改定されたようだ。破産開始前の会員数は正会員1100名、平日会員約50名となっていた。

 ちなみに、債権者への配当に関しては7月8日に開く債権者集会にて、管財人から詳細な説明がなされる模様。

ヴィンテージゴルフ倶楽部に関しての評価をメール下さい(随時掲載させていただきます)
ヴィンテージゴルフ倶楽部

山梨県・ゴルフ会員権相場表

東京都・神奈川県
共通
埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 静岡県 長野県 新潟県 福島県

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい

ヴィンテージGCのゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ