サンヒルズカントリークラブ

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

椿ゴルフTEL:0120−010−546      メール

ゴルフ会員権・トップ 会社案内 ゴルフ会員権相場 格安物件 税金対策 取引の流れ 売買依頼書 質問Q&A

サンヒルズCC・コース案内

栃木県相場表へ コースTEL:028-665-4111
開場日 1991年5月(平成3年) ホール / P 36H/ Par144
設計者 R・トレント・ジョーンズJr グリーン ベント1グリーン
種 別 丘陵コース コース 栃木県宇都宮市上横倉町1000
面積 250・0万u レート イースト:71・4 ウェスト:72・1
ヤーデージ 13,640y 練習場 250Y/28 地図
加盟団体 JGA・KGA加盟 プレー キャディ付・セルフ、乗用K
書換料 正30 平20 会員数 正1780 平20 ゴルフ場HP
入会金 この列の単位は万円 会員名簿 未発行(預託金制) サンヒルズCC
年会費 正4・0 平3・0 高速道路 東北道・宇都宮IC〜5q
入会条件

※名義書換料及び年会費は税別料金です

・20歳以上、国籍制限無し、会員2名の紹介(在籍2年以上・実印、印鑑証明書不要)
・女性入会可、法人⇔法人、再入会不可
・平日会員(土曜不可 但し、月1回は土日祝日利用可)
名義書換要項はこちら

※平成26年4月1日〜名義書換料半額キャンペーン実施中(下記参照)

経営・系列 ・経営会社:サンヒルズカントリークラブ(株)  系列コース:無し
・親会社:エンドレス合同会社
・旧経営会社:(株)サンヒルズ
・運営会社:パシフィックゴルフマネージメント(株)(PGM)
・旧経営母体:ヒューマックスグループの(株)ヒューマックス
メンバーフィ ・平成24年10月5日 現在(要確認)
・全日:4,950円、 キャディ付+3,500円
・ビジター:平日8,000円、 土日祝18,500円 キャディ付+3,500円
競技会 ・月例以外に年10回開催(レディース・シニア含む)
特典・制度 ・ホテル有り(68室117人収容)
・アーバンクラブ入会(2,000円程度の割引等・詳細はコースで)
ヘリコプターチャータープラン(H25年11月下旬から開始)
交通・その他 ・東北新幹線・「宇都宮駅」からタクシーで約30分(クラブバス有り・要予約)
サンヒルズカントリークラブ・過去の経緯 ヒューマックスグループの経営。

 18Hの華厳CCを同社が買収し発足。86年に映画館(ジェイシネマ)やレストラン等を展開する(株)ヒューマックスが買収。88年1月からクローズして大改造、さらに18H増設分も完成させ、36Hの大型ゴルフ場となった。

 旧会員約380名を継承し(華厳CC会員の移行は預託金170万円が必要だった)、88年から新たに縁故1600万円(預託金1280万円10年間据え置き)で募集開始。1800万円(預託金1440万円)、2200万円(預託金1600万円)と展開している。

 その後、償還対策として会員権の分割を行い、その促進のために平成12年1月まで名変料を無料にしていた。施設は豪華と評判でホテルも完備。宇都宮ICから5qと立地条件もいいし、コースの評価も好いが、知名度の低さで損をしている気がする。

■平成19年1月1日より名変料値上げ
 正会員:50万円 → 60万円(税込) 平日:20万円(税込・据置)

■平成20年7月18日、経営会社・(株)サンヒルズが民事再生法を申請
 負債は約226億7500万円、名義書換は継続。

■平成20年11月初旬、再生計画案を配布
 弁済率は預託金の5%、債権者集会は12月3日。

■平成20年12月3日、再生計画案が可決
 PGMが運営受託予定

■平成21年1月5日より、当分の間名義書換停止
 再生計画認可決定確定後、諸手続完了後早急に名義書換を再開する予定。
 旧名変料、正会員:60万円 平日:20万円(各税込)

■平成21年4月1日、PGMが運営開始

■平成21年9月10日より、名義書換再開
 新証券(旧額面の5%が新入会保証金)のみ書換可能

■平成25年6月1日〜8月31日(全日)、入会希望者の視察プレー受付開始
 期間中の料金は、8,450(キャディ付、昼食別)、宿泊代5,000円(予約は弊社まで)
 椿ゴルフ TEL:0120-010-546

■平成26年4月1日〜27年3月31日まで名義書換料半額に

会員権種類 通常料金 キャンペーン料金
正会員 600,000円(税込) 300,000円(税別)
※平日は対象外

■平成26年12月16日、グループの(株)クレディックスと合併公告

 サンヒルズCCの経営会社・(株)サンヒルズ(東京都新宿区、林祥裕代表取締役社長)は、同グループでテーマパークや自毛植毛のクリニックなどの事業を行う(株)クレディックス(住所同、林瑞禎代表)と合併(クレディックスの権利義務を承継する)する旨を、12月16日付け官報に公告した。

 (株)サンヒルズは、同CC(運営=PGM)を保有する他にボウリング場などを経営している。

 → 平成28年3月31日まで、名義書換半額キャンペーンを延長

■平成28年7月1日、経営交代により「(株)サンヒルズ」 → 「サンヒルズカントリークラブ(株)」に

 経営会社の(株)サンヒルズは、7月1日に会社分割にてサンヒルズカントリークラブ(株)を設立し、ゴルフ場経営会社で株式所有会社でもある(株)ヒューマックスは、同日新設会社の全株式と経営権をエンドレス合同会社(平成28年2月25日設立、東京都台東区東上野1-14-7、資本金1000万円)へ譲渡したもの。運営は、引き続きPGMが行うという。

 エンドレス合同会社は、平和・PGMグループオーナーの石原昌幸グループ会長が代表を務める会社(PGMと同じビル内に事務所)で、石原氏がサンヒルズカントリークラブ(株)の代表者に就任している。会員の権利・義務に変更はなく、預託金も全て引き継がれている。

 → 平成29年3月31日まで、名義書換半額キャンペーンを再延長

 → 平成30年3月31日まで、名義書換半額キャンペーンを再延長

■平成29年7月、新たなブランド「GRAND PGM」を展開

 ご来場いただいたお客様にこれまで以上に豊かなゴルフライフをお愉しみいただけるよう、ハイグレードゴルフ場に相応しい“おもてなしの心”で質の高いサービスの提供を目指す。2017年7月上旬より、全国8箇所のゴルフ場を対象に順次展開していくことをPGMが発表した。

サンヒルズカントリークラブに関しての評価をメール下さい(随時掲載させていただきます)
サンヒルズカントリークラブ

栃木県・ゴルフ会員権相場表

東京都・神奈川県
共通
埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 静岡県 長野県 新潟県 福島県

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい

サンヒルズCCのゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ