有馬ロイヤルGC・ジャパンメモリアルGCが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「有馬ロイヤルゴルフクラブ」ほか経営
兵庫開発株式会社、株式会社レジェンド・民事再生手続き開始を申請

帝国データバンクより、平成14年10月29日

 ゴルフ場経営の兵庫開発(株)(資本金4200万円、兵庫県神戸市北区淡河町北畑571、登記面=大阪府大阪市北区曾根崎2-11-24、大林功社長、従業員125人)と関係会社の(株)レジェンド(資本金3100万円、同所、同社長、従業員80人)の2社は、平成14年10月29日に神戸地裁へ民事再生手続き開始を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は、浦田和栄弁護士(大阪府大阪市中央区北浜2-5-23、電話06-6231-3210)ほか。

 兵庫開発(株)は、ゴルフ場経営を目的として1970年(昭和45年)12月に設立。72年11月に「有馬ロイヤルゴルフクラブ」をオープン、その後コース増設を行い36ホールで運営していた。

 プロトーナメントも開催されるなど、地元では名門コースとして相応の知名度を有し、97年1月期には年収入高約20億円を計上していたが、その後、利用客数の伸び悩みから2002年同期の年収入高は約15億8000万円に落ち込んでいた。

 (株)レジェンドは、1986年(昭和61年)6月に設立。コースはジャック・ニクラス氏設計で、90年12月に「ジャパンメモリアルゴルフクラブ」(兵庫県美嚢郡)をオープンし、97年5月期には年収入高約9億6300万円を計上していたが、同様に利用客数の伸び悩みから2001年同期の年収入高は約8億7000万円にとどまっていた。

 2000年から2社ともに預託金の返還請求に追われ資金繰りは苦しくなっていたうえ、昨今の利用客数の伸び悩みから現状の営業状態で預託金の返還を続けていくのは困難と判断、今回の措置となった。

 負債は、兵庫開発(株)が約232億円(うち、預託金166億8200万円、保証債務56億9900万円)、(株)レジェンドが約215億円(うち預託金149億700万円)で2社合計では約447億円。

有馬ロイヤルGC(兵庫県)・記者懇談会を開催
平成18年8月5日

 『 有馬ロイヤルゴルフクラブの経営会社・兵庫開発(株)と関係会社でジャパンメモリアルゴルフクラブの経営会社・(株)レジェンドの2社は、平成14年10月29日に神戸地裁へ民事再生手続き開始を申請し、同日保全命令を受けた 』とう報じたが、

 その後両社は、平成15年9月に許可決定を受け、ゴルフ場収益による自主再建をこれまで図ってきた。その結果報告を含め平成18年8月3日、有馬ロイヤルゴルフクラブ(36H、神戸市北区、TEL:078-958-0121)で関西の報道各社を集め、記者懇談会を開いた模様。

 その中で、「再生手続きも順調に推移し、3年を経過する今年11月頃には終結の予定」と報告。また、「来年にはジャパンメモリアルGCのコース改造に着手したい」とも発表したという。

   ↓↓↓

 平成18年10月24日、神戸地裁は再生手続き終結の決定を下した。

有馬ロイヤルGC(兵庫県)・が高橋勝成プロとアドバイザリー契約
平成19年8月7日

 平成14年10月29日に民事再生法を申請し、18年10月24日に再生手続き終結決定を神戸地裁より受けた有馬ロイヤルゴルフクラブ(神戸市北区、TEL:078-958-0121)は、平成19年7月27日に同GC内で記者発表会を開き、「同日付けで高橋勝成プロとアドバイザリー契約を締結」したことを発表したという。

 高橋プロは、以前からチャリティ活動や、スナッグゴルフ開催でジュニア育成に力を入れており、同GCでも、福祉団体への義援活動や障害者の職場受け入れ、地元中学生の体験ゴルフ会開催等も積極的に行っており、ゴルフを通じた社会貢献活動に力を注ぐことで一致、同プロとアドバイザリー契約を交わしたという。

 大林功代表は「35周年を迎える中、ゴルフ場が潤うための経済行為だけではなく、ヒューマニティー溢れるゴルフ場を目指す上で高橋プロの豊富な経験や感性をお借りし、クラブの完成度を高めたい」と話した模様。

このページのトップへ
その他・近畿地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ