岩代・小浜城ゴルフ倶楽部が経営交代

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

岩代・小浜城ゴルフ倶楽部(福島県)・(株)トータルグリーンに経営交代
ゴルフ場名を「岩代グリーンカントリークラブ」に変更

平成16年7月1日

 岩代・小浜城ゴルフ倶楽部(平成4年開場、福島県安達郡岩代町西新殿字太郎田212、TEL:0243-55-3300)の経営会社が、(株)トータルグリーン(伊藤善啓代表取締役、東京都港区六本木5-16-22、プログレス六本木2階、TEL:03-3560-7486)に交代し、7月1日から「岩代グリーンカントリークラブ」にゴルフ場名を変更することが判明した。

 (株)トータルグリーンが会員に通知したもので、会員の権利変更に伴い新クラブへの登録を一律20万2500円(登録料5万2500円、預託金15万円=15年据置、全会員が正会員になる)要請し、未登録会員は準メンバー扱いとなり、グリーンフィ2000円が必要になるとしている。

 開発当初から経営していた大和産業(株)は、会員募集を平成2年から450万円(預託金360万円)等で開始も、バブル絶頂期の低額募集の流れで、数千人の会員を集めた模様。

 しかし、平成10年から運営を別会社に分離するなど経営が不安定となった上、預託金返還請求が急増、同産業には返還資金がなく、今回の経営交代となったという。

 新経営会社によると、大和産業は会員預託金を含め約280億円の負債があり、法的整理に費用をかけるよりも、より負担の少ない営業譲渡でゴルフ場の再建を行うことになったという。

 新経営会社の(株)トータルグリーンは、かんなGC(18ホール、群馬県、旧・本庄CCに次いで2コース目のゴルフ場経営となり、新クラブに登録すれば業務提携の会津河東CC(27ホール、福島県、民事再生手続中)を含め計3コースを会員料金で利用できるほか、今後もゴルフ場を買収し共通会員制化を検討中という。

   ↓↓↓(経過)

 旧岩代・小浜城GCの会員権は平成16年5月頃より名義書換を停止しており、現在は旧会員に新クラブへの登録を要請している。(登録料が20万円別途必要、登録後は新クラブの正会員となる)

 (株)トータルグリーンによると、「旧経営会社の大和産業(株)が発行した預託金については一切責任を持たないので、旧証券の預託金については大和産業(株)(TEL:03-5371-1918)に連絡して下さい」との事。

岩代グリーンカントリークラブ(旧岩代・小浜城GC、福島県)・又々経営交代
平成18年3月15日

 経営交代により、平成16年7月1日からゴルフ場名を「岩代グリーンカントリークラブ」に変更した同ゴルフ場は、又々経営交代し、平成18年3月15日からゴルフ場名を「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部岩代コース」(TEL:0243-67-1111)と変更して営業を再開することが判明した。

 旧経営会社の(株)トータルグリーンがどうなったかは不明ですが、平成17年10月1日付けで(株)サンフィールド(東京都千代田区永田町2-9-8、TEL:03-3502-5353、日原幹夫社長)が買収し、運営会社として(株)サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部(本社=コース同、日原、山根勉両氏の2人代表)を設立したようだ。

 会員へは株主正会員として移籍するように要請し、運営会社発行の株式を有償で取得することが条件となっている。現正会員の場合は、8000円の出資で1株を取得し株主正会員になる。

 加えて新規に”終身会員”(年会費納入で、月〜土曜日に会員としてプレー可、譲渡不可、8万円を出資すれば株主正会員に移行可)1名を指定できる権利を付与する。

 平成16年に「(株)トータルグリーンが新経営会社になった」と案内して、20万2500円の登録料を会員に要請しており、今回が2度目の要請となるが、経営交代の詳細理由も分からず、全く同じパターンでの経営交代、新会社への登録料・・・・会員もたまったモンじゃないですよね!

 大和産業(株)発行の会員権に関し、(株)サンフィールド側は「以前の債権債務を承継するものではありません」との表現で、預託金の返還義務はないことを示唆しているという。

 要するに、(株)サンフィールドと大和産業(株)は全くの別会社で、関係のない会社ですと言いたいのでしょう。前経営の(株)トータルグリーンも確か?同じようなことを。

 「旧経営会社の大和産業(株)が発行した預託金については一切責任を持たないので、旧証券の預託金については大和産業(株)(TEL:03-5371-1918)に連絡して下さい」と。

 また、平日会員(土曜可)と週日会員(土曜不可)は、平日8万円、週日10万円の出資で1株所有し株主正会員になれるという。会員に発行予定の株式は、(株)サンフィールド二本松GCの発行する1万株の内の49%に当たる4900株としている。

 また、株式を取得しないものの、年会費を納入した正・平・週日会員には、終身会員の権利を付与するとしている。

株式会社 サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部(福島県)
代表取締役:山根 勤
 支配人:栗田 佐四郎
からの報告より、平成18年7月

 サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部岩代コース(二本松市西新殿字太郎田212、TEL:0243-67-1111)は、(株)サンフィールドが所有し(株)サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部が運営するゴルフ場として、平成18年3月にリニューアルオープンしました。これまでの弊社の取組をここに報告申し上げます。

 当ゴルフ場は昨年まで、大和産業(株)と(株)トータルグリーン(岩代グリーン)が、営業譲渡問題で対立し、両者がその権利を主張して不安定な経営となっておりましたが、(株)サンフィールドが平成17年8月に大和産業(株)、同年10月に(株)トータルグリーンと、両者より営業権並びに、ゴルフ場運営には不可欠なクラブハウスとその土地を買収して、当ゴルフ場に関する全ての権利を取得し、お客様に安心してプレーしていただける環境を整えることができました。

 また、同時に、旧来の会員の皆様とは「会員友の会」との協議を柱に、大和産業(株)ならびに(株)トータルグリーン(岩代グリーン)の発行した会員権とは切り離して、新たにサンフィールド二本松ゴルフ倶楽部の株主会員または終身会員となっていただくことで合意し、そのプレー権の移行は平成18年6月末日をもって完了することができました。

 こうした当社の取組には、地道ではありますが地元に密着した企業活動として、行政からの期待の声もあります。また、今後も継続した健全なゴルフ場運営をしていくことで、昨年生まれ変わった新・二本松市の企業市民として、地域の皆様に貢献できるよう、また、ご来場される多くのプレーヤーの皆様に愛されるゴルフ場を目指して行く所存です。

サンフィール二本松GC岩代C(福島県)・親会社が抵当権を取得
平成18年10月18日

 『 サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部岩代コースは、(株)サンフィールドが所有し(株)サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部(本社=コースと同、山根勉代表)が運営するゴルフ場として、平成18年3月にリニューアルオープン 』と新経営となったと報じたが、

 10月18日付で経営会社の(株)サンフィールド(日原三保子社長、本社=コース、東京支店=東京都千代田区、TEL:03-3502-5353)が、第1順位抵当権(限度額18億円)を持つ(株)整理回収機構(RCC)から、クラブハウスの抵当権(競売申立の地位)及び競売対象となっていたホテルの債権を買い取ったことが明らかになった。

 同ゴルフ場はバブルの崩壊で経営が度々交替していたが、平成4年の開場当初から経営していた大和産業(株)が開発し、金融機関の根抵当権が付いたもので、抵当権については処理していなかった(取得額は未公表)。

 同ゴルフ場は今年7月から10月末までの予定で、同運営会社の株式の付いた正会員権を31万1000円(株取得代30万円、事務手数料1万1000円)で募集しているが、下記の通り地元新聞社に広告を掲載し、12月末まで延長する旨案内した。

 「今般の債権買収により、一層堅固な経営体制とし経営の公正、透明を社是とし、皆様に純粋にゴルフをお楽しみ頂けるゴルフ倶楽部を経営していく所存です!」と掲載。

 運営会社の山根社長は「コースには自信があり、これで安心してプレーを楽しんでもらえる。会員はまだ1400名位なので、2倍位に会員数を増やしたい」と話している。ちなみに、ホテルの処遇・営業は未定という。

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
サンフィールド二本松GC岩代C・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ