廣済堂グループ、オールドソーンズゴルフコースを売却

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

廣済堂グループ、オールドソーンズGC(英国)を売却

平成19年4月19日

 東証一部上場の(株)廣済堂(長代厚生代表取締役社長、東京都港区芝四丁目6番12号)は先ごろ、子会社の廣済堂開発(株)(石田利夫代表、東京都)が所有・運営するイギリスの「オールドソーンズゴルフコース」(パブリック制)を現地企業に譲渡したことを表明した。

 4月2日に廣済堂開発(株)が100%出資する{London Kosaido Co.,Limited」(平本一方代表)の発行株式の全てを、英国企業の「OldThorns Golf Hotel Country Estate Holding Limited」へ605万ポンド(約13億9千万円=3月末の換算レート)で譲渡したという。

 廣済堂によると、財務体質の強化を図るため譲渡したと説明、平成20年3月期の連結損益計算書に、特別利益として約5億円を計上する予定という。

 ちなみに、同グループの海外ゴルフ場は、今回の売却で9ヶ所となったが、国内では平成15年12月に福島県の廣済堂平GC(現・新たいらCC)をライオンゲインに売却しており、”財務体質の強化”により今後も海外を中心にゴルフ場の売却は行われるものと思われる。

その他・ゴルフ場関連ニュースへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ