妊娠しにくいことについて

不妊とは?


 不妊症とは、結婚後正常な夫婦生活があって、2年以内(避妊期間を除く)に妊娠されない場合を言います。これは、通常夫婦の90%以上が2年以内に妊娠するという事実に基づいています。

ただし、2年以内に妊娠されない場合でも、すべての場合に原因・異常があるという訳ではありません。

 また逆に、結婚後2年以内の不妊期間でも、患者さんの状態や事情に応じて検査や治療を行うこともあります。過去に妊娠の経験がないものを原発性不妊、妊娠したことはあるが、その後2年以上妊娠しない場合を続発性不妊と言います。

子供が欲しいのに、なかなか妊娠しない。自分たちは正しい方法で夫婦生活をしていないのではないか、もう手遅れではないだろうか、夫婦のどちらかに問題があるのではないかと悩んでいませんか?

 年齢についての疑問やもっとも妊娠しやすい時期などについて、医師に相談して適切なアドバイスを受けていているのに妊娠しない。今、あなたは不妊症ではないかと心配していませんか?
私たちは、みなさんの心配を少しでも軽くすることを願っています。

 まず、悩んでいるのはみなさんだけではないことを知ってください。6組中1組の夫婦が実は不妊の問題を抱えているのです。

 
 次に、夫婦のどちらか一方だけに問題があることは、あまりありません。不妊の問題を抱えている場合、2人ともが生殖能が正常より少し低下していることが多いのです。より高度な生殖医療を希望する際、夫婦そろってやテストを受けていただくのは、このためです。

 最後に、不妊の問題を前にして従らに悲観しないでください。妊娠の可能性を期待できる理由が十分にあることを知っておいてください。

 不妊症の原因


「不妊治療は原因を見つけることから始まる 」  「私はいったい何が原因で妊娠できないんたろう」「結婚したら、みんな赤ちゃんができるのに、私はあの人たちと体のどこが違うんだろう」不妊治療を受けていても、いっこうに妊娠しない人は、だれしも一度はこのような思いを抱くようです。不妊の原因はそれこそ人さまざまです。最近は検査方法も進歩し、検査をしてかなりこまかいところまで原因がつきとめられるようになりました。原因がわかれば、それに応じた治療をしていくことができます。しかし、その一方で、夫も妻も検査では何も異常がなかったのに、いつまでたっても子どもができないというカップルもたくさんいます。いわゆる「原因不明の不妊」と呼ばれるものです。しかし、これは原因がないという意味ではなく、今の医学では原因が見つけられないのです。このようなタイプの不妊も、まだ多いのが現実です。いずれにしても、不妊治療は、いったいどこに問題があるのか、原因を見つけだすことから始まります。いろいろな検査を受けていただくのもそのためです。

女性の不妊にはいくつかの要因がある

女性の不妊には、6つの要因が考えられます。 妊娠が成立するためには、女性の卵巣から成熟卵ができ、排卵が起こり、その卵子が卵管にとり込まれ、そこに、子宮を通り、卵管をさかのぼって精子が到達して受精が起こり、さらに、その受精卵が発育しながら卵管から子宮に入り、子宮内膜に無事着床するといういくつもの段階を経なければなりません。 つまり、妊娠するためには、 卵ができる 排卵する 卵管が卵をとり込む 卵管の中で卵が精子と出会う 子宮に着床するこれらのうちの、たとえ一つでも問題があれば、妊娠はできません。

◦排卵障害・ホルモン異常
◦卵管周囲癒着・子宮内膜症
◦卵管通過障害・頚管粘液分泌不全・膣・頚管の炎症
◦免疫学的異常・受精障害
◦子宮筋腫・着床障害・黄体機能不全
◦原因不明
排卵障害・黄体機能不全・ホルモン異常
【基礎体温が二相性でも排卵が起きているとは限らない】

 生理が不順で、年に2~4回しかないとか、あるいは全くないという人のほとんどは卵ができていないと考えていいでしょう。女性は、生殖期には卵巣の中に約10万個もの原始卵胞をもっていて、脳の視床下部や下垂体からのホルモンの刺激によって、毎月、このうちの1個だけが成熟した卵になります。そのため、これらのホルモンが何らかの原因で規則正しく分泌されないと、卵がつくられません。 ちなみに、このホルモンは精神的な影響を受けやすいため、ストレスなどが原因で卵がきないということもあります。ただ、最近は効果の高い薬ができているので、内服薬や注射で、大半の人は卵をつくることができるようになりました。

 排卵がうまくいかないというのも不妊の大きな原因で、子どもができない女性の約40%は排卵が起きていないといわれています。自分で排卵の有無を知るには、基礎体温が大きな手がかりになります。基礎体温が高温期低温期の二相性になっていれば排卵が起きていると思われていますが、必ずしもそうとは限りません。基礎体温が二相性で、ホルモンも正常に分泌されているのもかかわらず、排卵が起きていない人がいます。子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮筋腫などで、卵巣の表面に癒着がある人に多いようです。

意外と多い卵管の周囲の癒着

卵管が卵をうまくとり込めないという人も意外と多く見られます。排卵して卵巣からポンと飛び出した卵は、自分で卵管に入るわけではありません。卵管采といって、卵管先端部分のイソギンチャクの触手のようなものが卵巣に近づき、それによって卵管にとり込まれるのです。ところが、このとき卵管のまわりに癒着があると、卵管采が自由に動けませんから、せっかく排卵しても、その卵をとり込むことができません。 よく、子宮卵管造影で卵管が通っていれば、「問題ありません.」といわれますが、卵管造影でわかるのは、卵管の内部が通っているかどうかだけです。このような卵管の外側の癒着は、腹腔鏡検査をしてみなければわかりません。 子宮内膜症や子宮筋腫のある人、以前に何かの病気で開腹手術をしたことのある人、クラミジアなどによる骨盤内炎症の既往のある人、特に虫垂炎で腹膜炎を起こしたことのある人は、このように卵管のまわりが癒着している可能性が高いと考えていいでしょう。

卵管通過障害

産婦人科で問題となるクラミジアは、トラコマティスという種類のクラミジアで、性交によってうつる感染症です。普通の人の集団の5%の人に感染している非常に頻度の高い病気です。しかも、性行為(感染)があってもすぐには 症状がでないことがほとんどで、数年たってから、腹痛、性器出血、水様性帯下等の症状がでることもしばしばあります。

 さてこのクラミジアは不妊と密接 な関連があります。性交によってまず子宮頚管に、病源体がうつり、しだいに、卵管、腹腔内へと浸入していきます。卵管で炎症がおきれば癒着がおこり、卵管閉塞となり、妊娠できなくなります。また、子宮外妊娠の原因は長らく不明でしたが検査法が進歩して、半分以上の症例でクラミジアが原因であることが、数年前にわかりました。子宮外妊娠は患側の卵管を切除しなければならず、運悪く2回子宮外妊娠をすれば、もう、体外受精しか子供を希望することができません。

 さらに、男性に対しクラミジアが前立腺等に炎症を起こし、精子の受精する力を低下させて不妊につながることもあります。以上、現在はクラミジアは男女ともに妊娠に重大な障害をひき起こす感染症の1つと考えられています。

着床障害

受精卵が子宮に着床できない場合です。受精した卵は、約1週間後に子宮に着床しますが、このとき、黄体機能不全で、卵巣から分泌されるホルモンが不十分だと、子宮内膜の状態が悪くなり、受精卵が着床できません。また、子宮筋腫や子宮の奇形がある場合も着床がうまくいかず、流産してしまうことがあります。 さまざまな不妊症についての研究が進む中で、この着床現象だけがまだブラックボックスに入っています。体外受精・顕微授精の導入で受精卵を得られる確立は100%近くになっていますが、その後の着床障害によって妊娠率は20~30%まで下がります。この現象の解明がもう少し進めば妊娠率は飛躍的に上がると思われます

受精障害

受精が成立するためには、精子と卵子の通り道であり、出会いの場所である卵管の機能が正常であることが重要です。それに加えて精子に卵の中に入って行く能力があること、卵子に精子を受け入れる能力があることが重要です。しかし精子と卵子の受精能力に関して、正確には体外受精により受精をチェックするしかありません。

原因不明の不妊とは

よく、検査を受けて、夫も妻も何も問題はないといわれたにもかかわらず、2年たっても3年たっても妊娠しない。こんな場合「原因不明の不妊」という言葉で片づけられていますが、原因不明といわれているもののなかには、きちんとした検査をすれば原因がつきとめられるものが少なくありません。  最も基本的な不妊検査とは、「基礎体温表のチェック」と「子宮卵管造影検査」、それに夫の「精液検査」の3つをいいます。ふつう、基礎体温がちゃんと二相性になっていて、卵管も通っており、夫の精液の状態も正常であれば、「どこも異常ありません.」という診断を下されます。しかし、それで安心するのは早すぎます。卵管造影というのは、あくまでも卵管の中が通っているかどうかを調べる検査です。ところが、中は通っていても先はど述べたように、卵管の外側が癒着を起こしているため、うまく卵をとり込めない人が少なくありません。このような外側の癒着は、卵管造影検査ではわかりませんから、おなかを小さく切開して、そこから腹腔鏡を入れて中の様子を見る腹腔鏡検査をしてみる必要があります。 どこも異常なしといわれて、1~2年夫婦生活を営んでも妊娠しない人は、ぜひこの腹腔鏡検査を受けることをおすすめします。特に,若くして子宮筋腫ができた人は、将来子どもがほしいからと、子宮をのこして筋腫だけをとり除く筋腫核出術を受けます。このような場合、かなり高い割合で卵管や卵巣の周囲に癒着が起こり、排卵した卵をとり込めない状態になっていることがあります。筋腫核出術のあと1~2年たっても妊娠の兆候のない人も、一度、腹腔鏡検査を受けられたほうがいいでしょう。

 不妊には必ず原因がある 原因不明の不妊といわれるもののうちの約40%は、このように卵管の外側の癒着によるものですが、これらを除いても、それでもなお原因のわからない不妊もあります。私もよく経験するのですが、卵管も通っているし、精子も正常、腹腔鏡検査で見てもおなかの中はきれいで、これならすぐに妊娠してもおかしくないはずなのに、いっこうに妊娠しない人がいます。しかし、そういう人でも、体外受精、ないしは顕微授精を行うと、たちまち妊娠する人が少なくないのです。さらにいえば、体外受精を何度かして、いい卵がたくさんとれて、ご主人の精子も健康そのものなのに、受精させてみると1個も受精しないということがあります。ところが、今度は顕微授精に切りかえて、卵細胞質内精子注入法(ICSI)という方法で人工的に精子を直接卵の中に入れてやると、そのうちの80%ぐらいの人はちゃんと受精するのです。こういう人は、卵子の外側を包んでいる透明帯という殻がかたいために、元気な精子でも中に突入できず、そのために受精しないのだろうといわれています。これも、顕微授精が開発されて初めてわかったことです。 このように、原因不明といわれる不妊のうちの多くは、今や原因をつきとめることが可能になってきています。それでも原因がわからないものは、今の医学では原因が見つけられないというだけです。不妊には必ず原因があり、原因にない不妊はないと考えていいでしょう。