院長紹介

院長ごあいさつ

院長写真

1987年から体外受精にかかわり、顕微授精技術を京都大学にて習得いたしました。そのころは、まだ専門クリニックがあまりなかった時代で、大学病院でしか、体外受精はできなかった時代です。不妊治療、体外受精などの技術にたずさわり、もう30年たちます。今までに多くの人が妊娠をしていかれました、この経験、技術を生かし、少しでも多くの人に、喜んでいただけるように、クリニック開院いたしました。


西宮市で誕生し、浜脇小、浜脇中、鳴尾高校を卒業しました
昭和62年 大阪医科大学大学卒
昭和62年 大阪医科大学 産婦人科入局 体外受精チームの一員となる
平成 1年 京都大学にて顕微授精 技術習得
     顕微授精を担当 不妊治療・腹腔鏡
平成 8年 滋賀県公立甲賀病院 産婦人科医長
     不妊外来を担当 腹腔鏡をおこなう
平成10年 大阪医科大学付属病院産科病棟医長
      体外受精チーム長として不妊外来を担当する
平成13年 国立大阪南病院
平成15年 兵庫県西宮市に不妊治療の医院を開設

現在の主な役職
・日本不妊学会
・日本受精着床学会
・日本産婦人科学会会員

診療について

婦人科疾患、不妊治療、を おこなっています。