ご相談は…


 
        「新型コロナウィルス関連のお知らせ」 

【電話相談日】
  4月に入り、自粛期間が続いていますが、電話相談をお受けするとになりました。
  
  東京電話相談/月曜日と水曜日  10時半〜15時
  横浜電話相談/火曜日と木曜日  10時〜12時13時〜15時

家族会
  東京めぐみ会 : 東京相談室にて  開催日時:第2土曜日 14時〜
            (現在は、ご利用頂く方は事務所に電話で申込み下さい)
  横浜めぐみ会 : 横浜相談室にて  開催日時:第2金曜日 13時30分〜

【虹の会、ティータイム これまでと同じように開催しています。

【公開講座につきましては、公開講座のホームページのご案内をご覧ください】

             CMCC事務局 TEL03−5351−5694



CMCCにつながる皆様へ その2

                          2020.7.1
                          CMCC理事長 藤崎 義宣

 最近、アフターコロナ(コロナウイルス後の世界)という言葉が聞かれるようになりました。

目に見えない新型コロナウイルスは、私たちの心に、飛沫や接触によるウイルスの物質的な感染以上に、不安と恐怖という心理的な感染をまき散らしました。

 不安の一つは、目に見えないウイルスによって私たちが感染をして病気になる、あるいは、気がつかないうちに他の人たちに感染をさせて迷惑をかけてしまう恐れですが、それ以上に、これから私たちがどうなってしまうのか、アフターコロナと言われている世界がどのようなものなのか、何が私たちから失われ奪われてしまうのか分からない不安といら立ちというのもあるのではないでしょうか。ある人は大変な不況がやってきて倒産が増え、失業する人がたくさん出て大変になる、今までの仕事の在り方や社会の在り方が根本的に変わってしまうという人もいます。

 「命を守るため」の外出自粛要請ということで、家の中に閉じこもる時間が増え、不要不急なものを自粛するということで移動をする自由を奪われ、 いろいろな人々との関係が分断されてしまいました。でも、この外出自粛のために逆に、自分にとって何が重要で何をなくしても良いのかということを 根本的に考える機会になったり、大切な人たちとの関係をどのようにしたらよいのかということを考え直す機会にもなった人もいるかもしれません。

 アフターコロナの世界は、今までとは違う世界になってしまうのかもしれません。同時に、すべてが分断されたり、 自粛によって崩壊したものもあるかもしれませんが、それによっていろんなものがリセットされて白紙に戻り、 逆に自分でアフターコロナを創り出すことができるという面もあります。昔から、大きな規模の感染症は人類の歴史を大きく変え、 人々の暮らしや仕事の在り方を変えてきたのも事実です。しかし、大きな変化は、人間にとって苦しみと犠牲を強います。 物事は葛藤の中から生まれるということもありますし、生みの苦しみという言葉もあります。

 苦しみと犠牲を通して、生まれ変わっていくものも確かにあるのだと昔から人々は教えてきました。新型コロナウイルスによる被害と不安だけでなく、 この危機によってもたらされる気づきや変化による新しい可能性があることもあわせてみていく必要もあります。不安や緊張感というのは、目に見えないウイルスと同じように人に伝染していきます。自分でも気がつかないうちに、不安感や緊張感で体が硬直し、生活が不規則になったり、十分な睡眠がとれなくなっている方もいるかもしれません。

 葛藤や困難、混乱の時には、慌てたり焦ったりしてパニックを起こすのではなく、ゆっくりと必要なことをして、原点に戻ることが必要です。 見失っていた自分を取り戻すこと、心の安定とバランスを取り戻すことが大切です。

                          ・・・続きを読む(クリック)



電話相談   
土・日・祝日・年末年始は休みます。  



更に…
こちらを

 [事務局] 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2−36−4 代々木プリンスマンション102
03−5351−5694  (FAX) 03−5351−5707

あなたは、このホームページの 番目の訪問客です。