一関カントリークラブの運営・賃貸会社が破産手続き開始決定

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

ゴルフ場「一関カントリークラブ」の不動産賃貸・(株)一関カントリー倶楽部など2社
破産手続き開始決定受ける/負債89億5300万円

帝国データバンクより、平成26年7月2日

 帝国データバンク(平成26年7月2日付)http://www.tdb.co.jp/ によると

 「岩手」 (株)一関カントリー倶楽部(資本金6100万円、一関市萩荘字黒木1-4、代表東道男氏)と関係会社の大地商販(有)(資本金300万円、一関市萩荘字黒木2-8、代表佐藤友吾氏)は、6月30日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は大川康平弁護士(東京都中央区八重洲1-7-15、電話03-3274-2571)。

 (株)一関カントリー倶楽部は、1978年(昭和53年)4月にゴルフ場「一関カントリークラブ」の運営を目的に設立。88年には18ホールから27ホールに増設し、クラブハウスをオープンさせるなど積極的な営業展開をしていたが、業績低迷が続くなか、親会社が度々変更するなど経営基盤も弱く、財務内容は悪化。

 その後、2005年1月には、関係会社の大地商販(有)に、ゴルフ場運営など大半の事業を委譲し、ゴルフ場の土地及びクラブハウスの賃貸専業となり、2012年12月期の年収入高は約4900万円を計上していた。

 しかし、過去の設備投資に伴う借入金が膨らみ、大半の債権がサービサーに譲渡されていたほか、ゴルフ人口の減少と消費低迷の影響でゴルフ場のプレーヤー数は伸びず、多額の長期未収金と預託金から大幅な債務超過に陥っていた。6月末の決済見通しが立たず、今回の事態となった。

 大地商販(有)は、2002年(平成14年)11月の設立。2005年1月より「一関カントリークラブ」の運営を手がけ、2013年11月期の年収入高は約2億7000万円を計上していたが、雪のために営業期間は4月〜11月頃までと短く、今季オープン前の豪雪もあり、最近は27コースのうち18コースのみの運営となるなど、プレーヤー数も低迷し、今回の事態となった。なお、ゴルフ場は営業中で、スポンサーを募集している。

 負債は、(株)一関カントリー倶楽部が債権者数約5667名に対し約86億7800万円、大地商販(有)が債権者数約96名に対し約2億7500万円、2社合計で約89億5300万円。

 ・・・・    ここまで    ・・・・


 一関CC URL=http://www.ichinoseki.co.jp/ (表示方法

 岩手県一関市萩荘字黒木1-4、TEL:0191-24-4411、6708ヤード パー72

 同CCは、東北自動車道・一関ICより9q、JR東北本線・一関駅から15分に位置する丘陵コースで、9ホールずつ性格の違う27ホールのゴルフ場(現在は18H営業)。ちなみに、同CCは名義書換停止中のため会員権相場は建っておりません。

 なお、(株)一関カントリー倶楽部の債権者数5667名の内、同ゴルフ場の会員は5620名で負債額は59億2489万円となっております。27ホール規模のゴルフ場でこの会員数は、はっきり言って多すぎですね。

 10月14日に東京地裁にて債権者説明会を開催する予定だそうです。


      ↓↓↓ 平成26年7月7日追加

 破産管財人・大川康平弁護士からの挨拶及びQ&A(下記URLをコピーして貼り付け)

 http://ichinoseki.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/07/475d2bfb843840ed8c0170236e7b32c0.pdf

  ・預託金返還請求権について、配当を見込むことは困難

  ・スポンサーの選定経過等については、適時ホームページにてご報告

 ・・・・等を案内している。

一関CC(岩手県)・バイオシステム(株)が取得か?
ゴルフ場として運営も会員への配当はゼロ
平成26年9月24日

 一関カントリークラブの破産管財人・大川康平弁護士は、9月16日にバイオシステム(株)(東京都中央区佃2-1-1)と同CCの売買に関する基本合意を結んだ旨を9月20日、ゴルフ場ホームページ「会員説明会の案内」で発表した。

 発表元URL=http://www.ichinoseki.co.jp/archives/2618

 事業譲渡等に関する会員説明会のご案内

平成26年9月吉日
破産者 株式会社一関カントリー倶楽部
 同  大地商販有限会社
上記破産管財人弁護士 大川康平

 拝啓 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、一関カントリークラブの資産保有会社である(株)一関カントリー倶楽部及びそのゴルフ場としての運営会社である大地商販(有)については、東京地方裁判所の許可を得て、平成26年9月16日、後述するスポンサー会社との間で、「不動産及び事業譲渡等に関する基本合意書」を締結し、当クラブの営業継続を前提とした具体的協議を行うことを合意いたしました。

 ・・・・   以下略    ・・・・

 スポンサー会社の概要に関しては、「バイオシステム(株)は関連会社にてホテル事業を運営するなどしており、観光事業等のノウハウを活かして当クラブの経営を建て直していただけるものと考えています」と、質問形式の回答の中で案内されているだけで、会社の詳細は不明。

 従業員は継続雇用し、ゴルフ場名の変更も今のところ考えていないようで、27ホール営業を復活する考えもあるようだ。

 今回の基本合意は、あくまでもゴルフ場としての維持を前提に、協議を進める趣旨のものであり、今後、担保権者や地主の方など、多数の利害関係者と調整を図るべき課題が残されているが、これらについても概ね10月末前後には調整を終えるよう努力していくという。

 また、弁済金に関して、「売却代金は、担保権の抹消のための弁済金や税金等に充てられ、会員及び一般債権者への配当の見通しを得ることができません」と、会員への配当はゼロであることも説明。

 今後は、スポンサー会社における運営方針が確定した段階で、改めて案内するという。

 この件に関して、平成26年10月7日(火)・8日(水)の午後4:00〜午後5:00に、同ゴルフ場の2階(食堂)にて説明会を開催するため、会員に出席を呼びかけているようだ。


      ↓↓↓ 平成26年12月24日追加

 バイオシステム(株)が11月1日から運営・経営を行っており、旧会員には、年会費納入(金額は未定)を条件にプレー権を受け入れる方針で、近々会員に案内するという。また、現在は18ホール営業だが地主等と交渉して27ホール営業に戻す計画らしい(クラブハウスの内装・カート路の改修を順次行っている)。


      ↓↓↓ 平成27年4月30日追加

 一関CCの旧会員(約5000名在籍、配当ゼロ)に対して、年会費1万800円の納入で会員(会員権の譲渡は不可、約1800名が入会)として受け入れ、クラブ競技なども実施しているという。


      ↓↓↓ (参考資料)

 平成27年4月1日、バイオシステム(株)がH&R那須霞ヶ城GC(栃木)を取得し参加に


      ↓↓↓ 平成28年9月2日追加

 平成28年9月1日、バイオシステム(株)、千歳CC(北海道)を取得し傘下に収める


      ↓↓↓ 平成29年4月19日追加

 バイオシステム(株)、新設分割により新設会社・(株)みずほにゴルフ場事業を承継

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
その他・ゴルフ場倒産関連ニュースへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ