地域の医療関係者様へ

レベルアップ(学会・研究会の報告)

  • 看護部の取り組み【フットケアについて】

    外来では6年前から糖尿病の足病変のある方へ、フットケアの取り組みを行っています。
    この取り組みは好評をいただいており、血流を良くするマッサージでは「すごく気持ちがいい」「エステみたいだ」と歓喜の声を頂いています。
    さらに昨年からは「フットケアの神様」と呼ばれている西田壽代先生を講師にお招きして講義と実技を学ぶ勉強会を行い、看護部全体で技術の向上に取り組んでいます。この勉強会は今後も定期的に行われる予定です。
    高齢者の爪は巻爪や上向きに生えている爪、白癬爪で肥厚している爪など爪と指の間に隙間がない方が多く、通常の爪切りだけではケアが困難でした。このような現状を受け、多くの病棟スタッフから「フットケアに取り組みたい」という声があがり、この度フットケアチームの結成が決定いたしました。患者様のために意欲的に取り組むスタッフに今後も期待が高まります。