トップページ 医師会へのアクセス 医師会長の挨拶 事業内容 組織と構成 医師会史 リンク 特定健診情報
西彼杵医師会会長挨拶
西彼杵医師会の概要
 西彼杵(にしそのぎ)医師会は、長崎県医師会に所属し、第2次世界大戦後、戦前の旧制医師会が解体され、新制医師会として創立されたのち、昭和27年には社団法人の認可を受け、以来60年を経過した平成24年4月1日、法律改正に伴って「一般社団法人西彼杵医師会」として新公益法人体制のスタートを切りました。

  長崎県の西部に位置する西彼杵半島のうち、長崎市を除く広い地域(西海市、時津町、長与町の1市2町)を活動の範囲としています。この地域では、みかん、ぶどう、西瓜をはじめ、米などの農産物が生産され、漁業が営まれている所もあります。 長崎市近郊は都市化し、人口の増加傾向がありますが、その他の地域では人口の減少、高齢化が急速に進んでいます。
会長挨拶
西彼杵医師会会長  平成28年6月25日より約110年という歴史のある西彼杵医師会の第14代会長に就任することになり、新たに身の引き締まる思いです。私自身は浅学非才ではございますが、このたび選任されました役員とスクラムを組み、西彼杵医師会会員の代表として会務に邁進する覚悟です。就任にあたり、会員の皆様はもとより、地域住民の皆様に、本会の活動と今後の抱負を簡潔に述べさせていただきます。

 本会は、医師会員の生涯教育・互助・福祉・懇親を図る学術団体であるとともに、本会の活動範囲である1市2町(西海市・長与町・時津町)の医療・介護・福祉の充実・向上のための諸活動を行政と連携し、実施しております。
 まず、私が取り組みたいのは、非常に参加の少ない社員総会、忘年会、学術講演会などの本会行事へより多くの会員に足を運んでもらうことです。本会は会員数155名(平成28年6月現在)と比較的小さな医師会です。小さいからこそ、顔と顔の見える会員同士の親睦に力を注ぎたいと思います。会員同士の親睦が深まることで、地域内の医療機関同士の連携もスムーズになり、結果として、地域医療の向上に繋がっていくと私は考えております。
 また、近年の高齢化・少子化の影響で、日本の医療・介護の現場は多くの問題を抱えております。特に高齢化の問題は深刻で、2025年問題として早急な対応が求められております。この2025年問題において、我々医師会の果たす役割は大きく、新しい本会の執行部として、この問題に全力で取り組んでいく所存です。
 もちろん、この問題以外にも本会のなすべき事業・業務は多々あり、問題も山積しております。それらの問題に対して、本会執行部はもちろんのこと、本会の会員、行政と一丸となって取り組んでいきたいと思います。

 本会への皆様のご理解とご協力及びご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。
 
西彼杵医師会 会長 萬木 信人
 
診療所・病院案内
休日当番医
病気のお話
一般社団法人 西彼杵医師会
〒851-2105
長崎県西彼杵郡
時津町浦郷396番地25

会員様へのお知らせ 会員様専用ログイン