≪ CLICK! PLEASE ≫
≪ CLICK! PLEASE ≫ ボトムズ実写化プロジェクト ≪ CLICK! PLEASE ≫
≪ CLICK! PLEASE ≫



∽∽    運 営 本 部 ペ ー ジ   
      
ボトムズ実写化に関する話題・情報等は、下のアドレスまで
gigas@asa.email.ne.jp

★ 目次 ★
■ 「装甲騎兵ボトムズ」アンケート & アンケート調査にあたって
■ 「装甲騎兵ボトムズ」作品解説&アニメ版メインスタッフ・データ
■ 私も一声!「実写版ボトムズ」を見てみたい!! (投稿文多数掲載)
● 【 別館 】 装甲騎兵ボトムズ・データファイル ( TV & OVA作品 )



ー 装甲騎兵 ボトムズ
投票式アンケート
調査


☆投票フォームは↓コチラから☆
ENTER


☆1983年から翌年迄に全52話放送され、その後もOVAシリーズとして
続く、根強い人気のリアル・口ボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」全般に
関しての『祝!新作発表記念★アンケート』を行っています(^^)。

  本放映、再放送等に関わらず過去に見ている方は、宜しければ
  該当する項目全てにチェックを入れ、投票して下さい。

      投票の途中経過はグラフで随時反映されています。

どうぞ宜しくお願い致しますm( _ _ )m。(アンケート開始 2006.11.3 〜)




アンケート調査にあたって


なぜ今「ボトムズ」のアンケート調査なのか??・・・このアンケートの項目の中には「ボトムズの実写化」に関するものがありまして、・・・実はこのアンケートの目的自体が、その件に関して「是」か「非」かを問うものでもあります。

日本にはゴジラ等の怪獣物はありますが、以前から(実写の)SF映画の企画には相当歯痒い面があり、アメリカでは既に「スターウォーズ」を始め、多数の作品がエンターテインメントとして成功しており、個人的にもそういったハリウッド製の作品を観る機会が多い事から、正直、相当出遅れてしまった感が否めないと、以前から本当に複雑な想いがありました。

日本でもアニメでは素晴しいSF作品が多数発表されていますが、実写では諸条件で企画的に中々難しい面があるようで・・・。
・・・ですが、そんな中で色々な要素を考察し、現状最も最良の案を挙げるなら、既に作品的な世界観がシッカリ成立していて、アニメ・実写=両面の「リアル」な要素を最も絶妙に兼ね備えた、云わば最も「今」の MADE in JAPAN 独自な、オリジナル中のオリジナル。『<装甲騎兵ボトムズ>の実写化が実現できたら?』・・・と、前々から考えて来ました。

その最大の理由は、20世紀に続き21世紀も戦争の世紀になりつつある今、根源的な意味で「戦争」というテーマを扱ったこの作品が、リアルタイム=完全新作扱いで、再び登場する事が必要と思ったからです。


長年業界の様子を見て来たのですが、そういった実写化・企画の話、噂も殆んど無いようなので、(このまま行くと、作品の持っている気風自体が風化してしまうという恐れから)下手をすれば今回のアニメ版・新作発表の機会が最後だと思い、不肖ではありますが当方から(若干強引な感じもあるのですが(笑))皆様の反響を知りたく、「DVD発売記念のアンケート」という形で調査させてもらう事に「踏切った」・・・と、端折って簡単にしますと、そういった次第です。

個人的には(上手くすれば、ですが)「ボトムズ」という企画は、スター・ウォーズ級の作品にも肩を並べられる・・・
いや、内容的にはそういったハリウッド映画を超える、可能性の非常に高い=日本SF界の(世界から見れば)隠れた『国宝』だと確信していますので、このままアニメ・ツールに収めてしまって、日本のファンだけのものにして終わらせてしまうのは、(勝手ながら)本当に勿体の無い事だと思っています。・・・(語弊があったらスミマセン)

アンケートはどんな事があっても公正に行っているので、本来は調査元がこういったコメントを挟むのは、若干ズルイ様でもあるのですが・・・、もし上記の内容を読んだ方で、此方の考えに賛同頂けるなら、他の項目に合わせ「ボトムズの実写化」に「是」として投票して頂けます様、切にお願い致します。

何年掛かるかは分かりませんが、得票は可能な限り有効なものになるよう、努力致します。
最後迄長々と読んで頂き、ありがとうございました(^^)。(2006.11.11)


*アンケートの投票フォームはコチラから → ENTER


 

     「装甲騎兵ボトムズ」作品解説


「装甲騎兵ボトムズ」アニメーションのTVシリーズは、1983年4月1日から1984年3月23日まで、テレビ東京系で全52話が放送されました。
番組終了後もファンの根強い支持から、OVAシリーズとして今も続いている作品です。

番組名の「ボトムズ(VOTOMS)」は、兵士が乗り込む口ボット兵器「エィ・ティ(AT = Armored Trooper の略)」(*注・ガンダムでいう「モビルスーツ」の事)の通称を指していて、本来の意味として戦場の最前線に送られた兵士達=「ボトムズ乗り」が、大変危険度の高い「最下層の」「最低の」(正規ではあまり行われない)任務を遂行していた事が、名前の由来になっています。(・・・ですが、作品内の台詞等で「ボトムズ」という呼称は殆んど使われませんでした)

所謂「口ボット物」の枠を遥かに超えた内容で、ハードボイルドなタッチ、戦争、軍内部の組織的な描写から、神・異能者の存在等、映画・SFファンの心を擽る全開の展開で、キャラクターの描写が魅力的に洗練されていて深みがあり、メカ描写も現実感のある兵器として、必要最低限の設定が非常に斬新で説得力&完成度も高く、美術全体においても、ギリギリのラインで嘘っぽく感じさせない配慮が随所に・・・・・と、兎に角あらゆる面で、それまでのアニメのセオリーを破った、大変衝撃的な作品でした。


物語は「アストラギウス」という架空の銀河で、「ギルガメス」「バララント」という二大勢力が、広範囲に渡る星間戦争を100年もの長期間行っていて、冒頭からその激しい戦時下の場面で始まります。
ギルガメス陣営傭兵、キリコ・キュービィ(主人公)は・・・・・・
・・・・・と、と☆、、最近ではこの「ボトムズ」を全く見ていない人が「いる!」ようなので、少しでもネタバレにならないように、ここであらすじは一切載せないでおきます!(^^)。

特にこの作品は物語の展開が絶品なので、(このページに偶然来た方で)もし初めて「ボトムズ」に興味を持った方は、全くの予備知識無しにレンタル・ショップ等を利用して、(必ず)TVシリーズの第一話からエピソードを順々に見て行って下さい。
ほぼ間違い無く「前のめり」になると思います。(・・そうでなかったらゴメンなさい!)

原作・監督は「新サイボーグ009 (1979)」「太陽の牙ダグラム (1981)」「蒼き流星SPTレイズナー (1985)」「火の鳥 (2004)」を手掛けた高橋良輔。・・・個人的には「ボトムズ」の前に作られた「ダグラム」も素晴しい作品なので、もし見てない人には合わせてお薦め。(本当に他に無い位いい作品です。特にラストが泣かせます!!)



・・・そうそう、最後にコレを書いとかなくちゃいけない・・・批判的な面で時々「某有名映画・複数を所々シャッフルでモチーフにしている」等の、「悪意」ともとれる声を(当時)聞く事があったのですが・・・(このページに来た人でも、そういう声に心あたりのある人も多いと思いますが)・・・中には不当な反応もあったと思って来ました。

実際そういう所も(若干は)あるのかも知れませんが・・・(暴論かも知れませんが)そういった元ネタ?と称される映画より、『ボトムズの方が全然面白く、情熱的!』・・・と、「あ・え・て」ここで云い切ってしまっても、決して間違いではありません(^^)!。

・・・コレばかりは見た人の判断に任せるしかないのですが・・・ソレ位過去の名作の良質のエッセンスを、これ以上は出来ない位完全に消化し切っていて(勿論「創造的」という意味で)・・・要するに『物語の完成度が(アニメの枠を超え)あまりに高くなり過ぎてしまった』為に、一部で不当な評価を受けてしまった面が、(少なからず)あったのだと思います。

↑以外にも意外に「・・・」の、好き・嫌いで必要以上に?熱くなる声が多いのがこの「ボトムズ」・・・・でも、実は其処が『本物』の証拠でもある!。・・・と、断言しましょう。
・・・ナニハトモアレ、未見の方は是非一度試しに見て下さいネ(^^)。


             「装甲騎兵ボトムズ」TVアニメ版・メインスタッフ データ

原案/矢立肇 原作/高橋良輔 キャラクターデザイン/塩山紀生 メカニカルデザイン/大河原邦男
音楽/乾裕樹 音響/浦上靖夫 作画監督チーフ/塩山紀生 設定進行/井上幸一 文芸/並木敏
美術/東條俊寿・岡田和夫・宮前光春・中山益男 脚本/五武冬史・高橋良輔・鳥海尽三・吉川惣司
演出チーフ/滝沢敏文 プロデューサー/長谷川徹
 監督/高橋良輔 企画・製作/日本サンライズ

<キャスト> キリコ・キュービィ/郷田ほづみ フィアナ/弥永和子 ブールーズ・ゴウト/富田耕生

バニラ・バートラー/千葉繁 ココナ/川浪葉子 ル・シャッコ/政宗一成 イプシロン/上恭ノ介
ジャン・ポール・ロッチナ/銀河万丈 ヒーデル・バッテンタイン/戸谷公次 セルジュ・ボロー/緒方賢一
ギムアール・イスクイ/屋良有作
 ヒロラム・カンジェルマン/寺田誠 アロン・シュミッテル/野島昭生
ゴン・ヌー/玄田哲章
 カン・ユー/広瀬正志 ポル・ポタリア/速水奨 ブリ・キデーラ/郷里大輔
モニカ/鵜飼るみ子 シムカス・フットー/嶋俊介 ゾフィー・ファダス/山口奈々 ワイズマン/柴田秀勝
* TVシリーズ各話 & OVA作品 詳細データ → ENTER



私も一声!「実写版ボトムズ」を見てみたい!!

☆ここでは皆様からメール等で頂いた『実写 映画ボトムズに賛成!』の一声を随時載せてます☆

実写風のフルCGでやるやり方もあるかもしれないけど、キリコを誰がやるのか???という興味、お楽しみもあるので陰ながら実写化には賛成しときます(t.u.)断然ハリウッドで制作してVFXは是非ILMに依頼してほしい。勿論監督も巨匠クラスの人に(ぴ)既に実写になっているガンダムより、実写向きの作品だと思っていました(春風)ここだけの話フィアナには隠れファンが多いらしいですよ(笑)実写化で演じるならやっぱり日本の女優さんでお願いしたいんですが(アイ)いわれてみれば韓国映画にパクられそうなメチャGOODな話なので、どうせやるなら実写化は早めに実現してほしい(六条)完成までは色々難しそうですが、やる意味は大いにある話。昔スタローンがキリコをやりたがったという噂話はあったにはあったけど、もし本当ならそん時はやらない方がよかった(笑)。CG技術もやっとアニメに追いついて来たので、今がやり時でしょうね(ボトムズファン)ボトムズ好きだったので、ボトムズっぽい話ならどんな形でもいいからやってほしいデスにゃ(SUZU)/やったら大ヒットするとは思いますが、日本の映画会社じゃどこもGOが出ないんじゃないですかね。応援したいのは山々だけど(ながしま)面白そうな話。今の技術なら絶対出来そうなので、実写化やってほしい。ちなみにイプシロンは誰がやるのかなぁ?(ガンダマニア)投票しました。運営がんばって下さい(かんぴ)ボトムズ実写版!いいんじゃないかと思う。なるほど、ウンウン(UPしてある文章を読んでうなずいている)納得。面白くなりそうですね(ホシノ)ボトムズはなんといってもメカが最高にイイ。実写化するなら今の映画ファンは目がこえてるから、暫く前から口ボット物でパターン化してしまった「ツノの生えた&派手な飾り付き」仕様の口ボットが活躍するより、スコープドッグのようなマイナーな感じの方が全然イケそうだと思いませんか?・・・・・・そういう訳で実写化には賛成(草野)久々に面白いHPを見た(ケロ太)(省略)そういえば鉄腕アトム実写映画化の話はどうなっちゃったんだろうか?ボトムズ実写の話は結構いけそうだけど、国内の映画会社だと凄く難しそうな気が。大変でもアトムと同じくハリウッドとか、海外の映画会社に企画を出した方がいいと思うんですが(999)はじめまして。アトムのハリウッドでの実写化の話は脚本でトラブってダメになったそうですよ。ストーリーの良さというなら、もうボトムズやるしかないかも?ほんと、このページで載せてあるように実写化してほしいです(νガンダム)一発で絵が浮かぶいい企画書ですね。頑張ってください(ロン)(省略)映画版「バカの壁」?ボトムズはアニメの新作も楽しみですが、実写もありかも。リアルタイムでみていた世代にしか解らない説得力&興奮かも知れませんが(Koba)(省略)今まで実写化の実現したものや、なるかも知れないと噂で聞いて来た中では一番いいと思います。..........で、可能なら1時間のTVシリーズで12話程度がいいんじゃないかと。映画だと話的にまとまらないと思うんで。映画2時間で3部作はチョット辛いし、3時間近くで1作とか2部作にしても、相当中途半端になりそうなんで(t.u.)キリコを演じられる雰囲気のある役者は、そうはいないんじゃないかと思う。A.T.は今の技術ならCGでなんとでもなるとは思うけどね。実写でやるならそこがキツイんじゃないですか?(笑)(ワタナベ)ボトムズ実写化の話は本当に面白そう。やるなら監督は当然高橋良輔さんが(GUNDAM-MKV)(省略)実写化はいいんだけど、スコープドックはもう少しデザインを改良した方がいいんじゃないかと。敵メカも少し弱いような気が(れん)ボトムズのメカは重量感があって今のままでいいと思いますよ〜(ロン)省略)ボトムズは少し話が難解ですよね。海外向けにも作るならストーリーをもっと単純にするべきでは?日本人には前にガンダムがあったから、辛うじて解り易かったとは思うんだけど・・・・(帰省中の寄生獣)来た〜!!!!!!!アニメ実写化の決定版だと思いました!早く実現してほしい(Rかとう)実写化ならキリコ役は日本人しかない!他は外国人でも構わないけど。・・・・・やっぱりバニラはアメリカ人かな?(K)実写版歓迎ですが、美術はハリウッド、CGは合作、ミニチュア(絶対必要)は日本、キャストは外人でしょ、デザイン・.脚本・監督は日本。ワイヤーアクションの演出は御法度。なんてドウザンショ(パラス宛ね)(笑)実写版はバニラが主役の方が面白そう。キリコは「ルパン三世」の五右ェ門みたいな役回りがいいかな?(あさみ)先日ガンヘッドのDVDを買いに行った折、友人とボトムズ実写化 について盛り上がりました。「今やるならキリコ役は沢村一樹で」と意見 が一致しました。いかがでしょう?(たけ)実写化いい案!すぐやってほしい!映画「トランスフォーマー」の3DCG技術を使えば、「ボトムズ」実写化は実現できると思いました。マーティアルアンケートの結果(省略)ダメダメ。ボトムズ実写は女性が主役の方がいけると思います。。。フィアナはキリコと同じ位にするか、思い切ってキリコより出番を多めにした方がいいかも。。。オリジナルのままだと必ず失敗しますよ(あられ)実写化するならテレビのオリジナルのままがいい(ジオン万歳)先日、女性誌ananの表紙の「ダルビッシュ有」を見て、イプシロンを実写でやったらこの人ぴったりだろうなと思っていたところです!(toro) CGになったアーマード・トルーパーを見てビックリ。実写化を念頭に入れているようで嬉しくなりました(六甲)新作(OVA)の話。最初からのファンにはATのCGI化には違和感があるなぁ。アニメは全部手描きでやってほしかった。迫力がちょっと↓になったような気が。残念(☆)CGI化いいのでは?最初確かに違和感はあったけど。勿論手描きもいいけど(小西)バニラ主役でやってほしい。それなら見てみたい(すずき)実写(映画)にするならサンサ編とクエント編だけでいいのでは?ウド編とクメン編全部入れると時間的に滅茶苦茶キツイと思う(KY)キリコ役は水嶋ヒロとフィアナ役は石原さとみに出演して欲しいのでお願いします!(toshi)ペールゼン・ファイルズの劇場版が公開されるらしい(ロン)実写ってのはガンヘッドみたいなのを想定してるんですか?(さいとう)注文があります!キリコを美少年キャラにするとか、メカをガンダムっぽくするのは絶対に止めてください(キノコ)(前略)申し訳ないけどATのカメラむき出しは実践的ではないので・・・・・(中略)恐らくバトリングや格闘シーンを立体化した時点で皆気付くと思いますが。実写化の際には思い切ってATのデザインを変える必要があると思います(フジイ)ボトムズは実写化が「もし」成れば(本当に「もし」ですが)、名作になる可能性は「大」だと思いますが、日本では無理なのでは?無理して国内で作ると(既存の実写化作品からして)ショボクなりそうで(匿名希望)ボトムズを実写化するなら無理してVFX入れて口ボット出さなくても成立しそうなストーリーのような気もするけど(S)実写化ならハリウッドで制作した方がいいのでは(アニメ好き)谷口キリコ・ファンの私にとっては、病気っぽく見える役者さんをキリコ役にしてほしいと思う(京都在住)(前略)私もATを出さないなら実写化は可能だと思います。元々ボトムズはストーリーの良さだけで十分いけると思いますし、ロボットを出すと中途半端に子供向けになるような気がするのですが・・・・どうでしょうか?(タカ)ATが出てこないボトムズは考えられない。ATがこの作品で一番の特色でしょう!。ボトムズ最高!Gボトムズを実写化するなら、個人的にはウドからクエントまでをTVドラマ化し4シーズンに分け(1〉ウド 2〉クメン3〉サンサ 4〉クエント)1と2の間に野望のルーツとラストレッド...をひっつけて映画化が理想。(ルーツとラスト..の間の話を新作)俳優は全て外人で日本での放送時の吹き替えの声優を忠実にしてもらえれば最高です(赤肩)

*下記のアドレスに『実写 映画ボトムズに賛成!』の一声を送って下さい。確認出来次第UP致します。

gigas@asa.email.ne.jp



MOVIE SHOP BOOK STORE BBS ONLINE COMIC


*このページでは、ボトムズ実写化の進展、(アニメ版も含めた)=話題・情報をUPしていきます(^^)。
ボトムズ盛上げの為のご意見、応援、アドバイス等々歓迎していますので、是非気軽にメール下さい。
装甲騎兵ボトムズ データファイル → ENTER

装甲騎兵ボトムズ(c サンライズ)実写化プロジェクト 運営本部ページ

ジャパン・ギガスJG (GIGAS)

gigas@asa.email.ne.jp

Copyright c 1999 - Japan GIGAS-JG “アイアーサ フロンティア” . All rights reserved.