Needlework Marble 大西淳子

Monthly Kit

とっておきの素材を使った数量限定のオリジナルキット。

1、2か月に1回のペースで1日の午前0時頃発売しています。

キットにはレシピおよび型紙(デザインに応じてご用意)が含まれます。

4月のキットはお休みです。

3月のキット

はるかぜの長財布

3月11日(日)午前0時より受付けます。

 
  • はるかぜの長財布
  • はるかぜの長財布
  • はるかぜの長財布
  • はるかぜの長財布
  • はるかぜの長財布

作者より

あらためて言うまでもないことですが、制作のインスピレーションの多くは素材との出会いによってもたらされます。

今回はモノトーンのチェック。織りによって描かれた墨黒の格子は奥行きと光沢があり、何かいいものができそうな予感が生地全体から伝わってきます。

合わせるために少しずつ集めておいた生地を並べて32×21センチの画面を作っていきます。午後2時ころに始め、やがて5時が過ぎ、夕飯の支度を始めなければならない時間がせまってきても、一向に方向性が見えずデザインが決まりません。夕飯を終え、片付けを済ませてふたたび机に向かった時、ようやく気が付きました。この組み合わせじゃダメなんだと。

それまで試行錯誤をしながら呟いていたことばを思い起こします。何か暗い、抜けていない・・・つまりもっとパッと光が射すような素材が必要なのです。

再度生地のストックを調べていたとき、床に置いたままの袋に目が留まりました。ひと月以上前、2月のマンスリーキットを作るときに一緒に購入したヴィンテージの素材。片付けをしないで放置していたことを反省するのは後にして、もしかしたら、というかすかな期待を込めてひとつの生地を引っ張り出しました。

さまざまなアメリカの歴史のイラストと年代が描かれたカーテン。悪くいえばカーテンくらいにしか使えそうにないと思いつつも、古い布の質感と絵の雰囲気にひかれてとりあえず購入を決めたもの。

小さく切ったモノトーンのチェックを重ねてみると、この日初めての明るい輝きを放ちました。

しかし当初考えていた細かい生地合わせでは、この生地の良さが生かせそうにないなぁと思ったその瞬間、古いスクラップ帳に参考資料として貼り付けたヨーロッパの窓格子の写真が頭に浮かびました。六角形!記憶に焼き付いている形を型紙に起こし、製図を描き、候補の生地をひとつひとつ並べていきます。芽吹いた柳の淡いきみどり、水仙の白と黄色、桜のピンク、青い空・・・チェックを取り囲んでいっきに春の気配がただよい始めました。上へ横へと広がっていくデザインは「はるいろ」では物足りず、「はるかぜ」という『動』を思い起こさせる名前を冠することに決めました。

悩んでいた数時間がうそのようにイメージが広がります。思いがけない救世主となってくれたアメリカのカーテンは内側に大きく使ってそれぞれのキットに個性を添えてもらいましょう。

あらたに長財布を作るにあたって、こだわりたかったのは、ハニーセル型のカード入れを組み込むこと。以前小さなサイズのお財布を作った時、縦に収納していたカードを横に並べるようにしてサイズを変更。実は最後まで悩んでいたのは、ここにじゃばらのマチを入れるかどうかということでした。

ひとつのご意見として「バイアステープで回りの処理をするのではなく、縫い代を中に収める形にしてほしい」というのを頂いていたので、今回はそれを採用したかったのですが、マチが入ると内側が平面ではなくなってしまい、財布のように小さいものは回りを縫い合わせる際に、それがひとつ難関になってしまうことを経験していました。また、ただでさえ生地が重なる財布の生地をひとつでも少なくしたいという思いがあり、当初はマチなしのデザインで作っていました。

できるだけ薄手の生地を使用しているため、カードが入っていないときのカードポケットは何となく不安定ですが、カードが入れば、形が安定するので、それでよしとしようといったんは決めたものの、「不安定」という言葉が頭から離れません。そんな気がかりが残るようなものを提供していいのだろうか、本当に手立てはないのだろうか・・・撮影をしたあとも気になって、何をしていてもうわの空。やはりだめだ!気が付けば目打ちとはさみを握りしめて返し口をほどいていました。

紙と生地を使って何度もマチを試作。生地とマチのサイズ、付ける位置を工夫すれば、少しの努力で縫い合わせができるところまでもっていけるはず。最も薄い綿ブロードを芯を使わずに蛇腹にして加えることで、何とかマチを組み込むことができました。

別のご意見としていただいていた札入れの部分は、通常のサイズに深めのものをもう一段加えて中のお札が見えないように改良しました。

従来のものより1センチ深くしたので、スマートフォンも収納でき、後ろ面のポケットにPASMOやSuicaを入れればオールインワン、これだけでもお出かけができます。そうなればショルダーベルトもあったほうがいいですよね。チェーンと生地の組み合わせで、さまざまな長さの調節ができる仕様になっています。ただ、長財布だけで使いたい、という方のことも考えてショルダーベルトはオプションになっていますので、ご注文の際にご確認下さい。

迷い、悩み、そして楽しみながらこれからも制作を続けていくでしょう。その時に「ハンドメイドだから」という言葉につづくのが常にポジティブな言葉であることを忘れてはならないと思います。

キットについて

キット価格 長財布キットのみ
9,720円(税込)
ショルダーベルト付きキット
10,800円(税込)
サイズ 11.5×21センチ
キット内容 生地11種、薄手接着芯、15センチファスナー、20センチファスナー、スナップ、厚紙、丸カン4個
(ショルダーベルト)生地、薄手接着芯、チェーン50センチ、Dカン2個、鉄砲カン2個、Cカン2個

ご注文の前に
お読みください

10個限定。先着順となります。

・お届けは、2018年3月20日以降の予定です。(銀行振込の方はご入金確認後の発送とさせていただきます。)

・お一人様1点のみのご注文となります。ご了承ください。

お支払い方法

・銀行振込または、代金引換宅配便となります。

銀行振込の方

受付完了メールの到着から1週間以内に振込をお願い致します。

口座番号は、メールにてお知らせ致します。

振込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。(三井住友銀行口座へのお振込となります)

ご入金が確認できない場合は自動的にキャンセルとさせていただきます。

代金引換宅配便の方

ヤマトコレクトサービスによる配送となります。

送料

銀行振込をご利用いただく場合

長財布キットのみは360円

ショルダーベルト付きキットは10,800円以上の商品につきサービス

代金引換宅配便をご利用いただく場合

長財布キットのみは送料600円+代引き手数料324円

ショルダーベルト付きキットは送料はサービス、ただし代引き手数料432円はお客様のご負担とさせていただきます。

ご注文方法

ご注文は、3月11日(日)午前0時より受付けます。

下記の「ご注文フォーム」よりご注文下さい。

下記の「ご注文フォーム」よりご注文ができない場合は、こちらのアドレス→mail@needleworkmarble.jpへご注文メールをお送りいただいても構いません。(メールに、ご注文フォームと同じ内容をご記入ください。)

ご注文受付メールをお送りするのに少しお時間がかかる場合もございますが、ご注文後24時間経っても受付メールが届かない場合は、お手数ですがメール(mail@needleworkmarble.jp)およびファックス (044-952-4717)にてお問い合わせ下さい。

ご注文フォーム

キット名
キット価格
お名前 必須
ふりがな 必須
郵便番号 必須 -
ご住所
都道府県 必須(例)東京都
市区町村名 必須(例)中央区銀座
番地など 必須(例)4-12-15
ビル・マンション・アパート名/部屋番号 (例)歌舞伎座タワー21階211号室
お電話番号 必須
FAX番号 メールに送信エラーが出た場合、ファックスにてご連絡させていただきますので、ござ いましたらFAX番号もご入力下さい。
メールアドレス 必須
メールアドレス
(上記と同じアドレスを再度ご入力下さい) 必須
お支払い方法 必須 銀行振り込み 代金引換宅急便
ショルダーベルト 必須 あり なし
通信欄
 

マンスリーキットの一覧はこちら


ホームに戻る

マンスリー
キット
アーカイブ
一覧へ

ページの
先頭へ