Needlework Marble 大西淳子

Monthly Kit

とっておきの素材を使った数量限定のオリジナルキット。

1、2か月に1回のペースで1日の午前0時頃発売しています。

キットにはレシピおよび型紙(デザインに応じてご用意)が含まれます。

 

10月のキット

バラ・モチーフレース
のミニショルダー
バッグ

10月10日(火)午前0時より受付けます。

10月のキットは完売致しました。
ありがとうございました。

 
  • バラ・モチーフレースのミニショルダーバッグ
  • バラ・モチーフレースのミニショルダーバッグ
  • バラ・モチーフレースのミニショルダーバッグ
  • バラ・モチーフレースのミニショルダーバッグ
  • バラ・モチーフレースのミニショルダーバッグ

作者より

時々訪れる原宿のレース専門店でこのレースを目にしたとき、習性で即座にバラモチーフの数を数えました。

11、サンプル分を引いて10個。よし、キットに使おう!グリーンのバラ、絶対素敵な作品ができるはず。

すでにワクワクが始まっていました。

いよいよ制作という段になって、まず悩んだのがレースの裏にあてる布の色。背景の色によってバラの見え方はかなり違ってきます。近い色では沈んでし まうし、離れすぎた色ではバラのまわりのレースが目立ち過ぎてしまう。結論として近い色と少し離れた色を半分ずつ使うことにしました。これでモチーフ に奥行きも出ます。

しかしながら、新たな問題が。当初長財布を作ろうと考えていたのですが、このレースがどうにもうまく収まらないのです。そして縦にしたり横にしたり して悩んでいるうち、あれっ?このモチーフって遠目で見た方がいいのかも、ということに気づいたのです。モザイク画のようなデザインのため、近くでは その輪郭がつかみにくいことがわかり、この時点で残念ですが長財布は諦めました。

お財布がだめなら、同じくらい愛らしい小物を作りたいと思い、ポシェットタイプのバッグに変更することにしました。そうなると、長財布に想定してい た材料では足りず、あわてて材料のストックを探し、縫い合わせていたバラのレースと亀甲柄のレースを一旦解き、そこにグリーンのフリースを挟みまし た。そして反対側に、色が気に入って少し前に購入した金糸の織り込まれた着物地を合わせました。この時はただ、色のバランスでこの構成にしたのです が、仕上がってから見ると、バラのレースに近い色をベースにしたほうに光を吸収するフリースと深緑のレース、バラのレースから遠い色をベースにしたほ うに光を反射する金糸織り込みの着物地と白のフェイクファーを合わせていて、バラモチーフの陰影がレース単体で見るときより明確になっていることに気 づきました。嬉しい偶然に後押しされて、無事、作品を仕上げることができました。

 

誰しも記憶の中に強く残っている色、思い出にまつわる特別な色というのがあるのではないでしょうか。

私にとって、とっさに加えた若草色は無意識に選んだ秋の色。どちらかというと春もしくは夏をイメージするこの色がなぜ自分の中で秋の色なのかと作品 を眺めながら考えていたのですが、しばらくして、それが抹茶にまつわることに思い当たるのでした。

茶道の暦の中で11月の始めに「口切の茶事」という行事があります。

初夏に詰められた茶壷の封が切られ、石臼で挽かれて、その年初めての新茶が味わえることから11月は「茶人の正月」とも呼ばれます。

今は保存技術が進化して一年中きれいな緑色のお茶が飲めますが、おそらく昔の人々は夏を過ぎるころから少し黄色くなったお茶の葉でお茶を飲んでいた のでしょう。ですから、殊更にこの新茶を寿ぐ気持ちは強かったと想像します。

昔の人の思いの強さにはかなわないまでも、ひときわあざやかで、より多くの水分を含んでしっとりとした馥郁たる香りの新茶を味わう瞬間は、新鮮で神 聖なものをいただく感謝と喜びに心身が満たされます。

闇のような黒の大ぶりな楽茶碗とその底に静かにたゆたうエメラルドグリーンの新茶のコントラストが記憶のどこかに潜んでいたのでしょうか、無意識に 黒をアクセントカラーとして選んでいました。

 

今年は春から秋にかけてさまざまなストールを作りましたが、それを使うことで、これまでの洋服が新鮮に見えたり、新しいコーディネートを発見する機 会が増えました。

小さなバッグはストールと同じく身体との距離が近いぶん、着こなしに大きな印象を与えます。昨年までのコートやジャケットに斜め掛けするだけで、気 分も華やぎます。

小さいと言っても、長財布が楽に入り、ポケットにスマートフォンも収まります。

柔らかい素材が多いので、口周りにワイヤーの口金を通し、底には底板をいれて、開きやすく型崩れしにくい工夫をほどこしました。

チェーンの長さは各50センチ、布部分が20センチ、つなぎの金具を含め、ベルトの全長は約140センチになります。チェーンの先端に鉄砲カンがつ いていて、Dカンをくぐらせてチェーンの長さが調節できるようになっています。ショルダーバッグのように使うのも素敵。

近隣の散策で、初めて訪れる街でフレキシブルに活躍してくれることと期待しています。

キットについて

キット価格 10,800円(税込)
サイズ 15×23×7センチ
キット内容 バラモチーフレース、亀甲モチーフレース、たてわく型レース、コットン無地 5種、コーデュロイ、黒織生地、フェイクファー、着物 地、フリース、ウール織生地、ドットプリント、中厚手コットン、ワイヤー口金、ファスナー35センチ、17センチ、チェーン1メートル、 ベルベットリボン120センチ、鉄砲カン2個、Dカン4個、丸カン5個、革引手3本、薄手接着芯、接着キルト芯、底板、ビーズ12種、ス パングル2種

ご注文の前に
お読みください

・10個限定。先着順となります。

・お届けは、2017年10月20日以降の予定です。(銀行振込の方はご入金確認後の発送とさせていただきます。)

・お一人様1点のみのご注文となります。ご了承ください。

お支払い方法

・銀行振込または、代金引換宅配便となります。

銀行振込の方

受付完了メールの到着から1週間以内に振込をお願い致します。

口座番号は、メールにてお知らせ致します。

振込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。(三井住友銀行口座へのお振込となります)

ご入金が確認できない場合は自動的にキャンセルとさせていただきます。

代金引換宅配便の方

ヤマトコレクトサービスによる配送となります。

送料

銀行振込をご利用いただく場合

10,800円以上の商品につきサービス

代金引換宅配便をご利用いただく場合

サービス、ただし代引き手数料432円はお客さまのご負担とさせていただきます。

ご注文方法

ご注文は、10月10日(火)午前0時より受付けます。

下記の「ご注文フォーム」よりご注文下さい。

下記の「ご注文フォーム」よりご注文ができない場合は、こちらのアドレス→mail@needleworkmarble.jpへご注文メールをお送 りいただいても構いません。(メールに、ご注文フォームと同じ内容をご記入ください。)

ご注文受付メールをお送りするのに少しお時間がかかる場合もございますが、ご注文後24時間経っても受付メールが届かない場合は、お手数ですがメー ル(mail@needleworkmarble.jp)およびファックス (044-952-4717)にてお問い合わせ下さい。

マンスリーキットの一覧はこちら


ホームに戻る

マンスリー
キット

アーカイブ
一覧へ

ページの
先頭へ