千葉県眼科医会
トップページ > 会長あいさつ
会長あいさつ
千葉県眼科医会 会長  柿田 哲彦

皆様におかれましては新型コロナ禍のために大変なご苦労をされておられることと思います。 心よりお見舞い申し上げます。

今年令和2年4月に、麻薙薫前会長から第10代千葉県眼科医会会長を拝命しました柿田哲彦と申します。 重責ではありますが、千葉県の眼科医療のために尽力する所存ですので、よろしくお願い申し上げます。

千葉県眼科医会は昭和22年(1947年)12月25日に当時の千葉医大・伊東弥恵治教授の提唱で、千葉県内の眼科医が医療技術の研鑽、研修、および会員相互の親睦、情報交換を図る目的で鴻海蔵初代会長の下に組織されました。 現在、総会員数は500名を超える全国でも有数の規模の会となり、県内の眼科医療の普及と発展に力を注いでおります。

本会は県民の皆様の目の健康を守り、病気を予防する役割を果たすべく、地域医療や公衆衛生活動など様々な事業を行なっております。 学術面では戦前から続く千葉眼科集談会を千葉大学と共催し、本会主催、共催の様々な学術講習会を毎年実施するとともに、県内に8つを数える大学病院主催の学会や講演会にも積極的に参加、支援を行い、会員である千葉県内の眼科医が新しい知見を得るために事欠かない学術環境を提供しております。 また、会員への社会保険講習会を開催し、適正な眼科医療の普及にも力を入れてまいりました。 そして、目の愛護デー電話相談事業などを通じて皆様の声をお聞きするよう努力しております。

皆様に眼科医療の啓発、正しい眼科の知識など、役にたつ情報をお伝えする事を重要な目的と考え、このホームページを運用しております。 今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

最後になりますが,コロナ禍が落ち着くまでもうしばらく時間がかかると思います。 一日も早い終息と、平穏な日々が戻りますよう心より祈っております。 これからも皆様のご健勝をお祈りいたします。

今後とも本会へのご高配とご理解をお願い申し上げます。

2020年8月
ページ先頭へ戻る トップページに戻る