≪ CLICK! PLEASE ≫

TV映画
 人気ランキング



全69作 (旧45・新24作) データファイル



COLUMBO - TV MOVIE RANKING. DATA FILE


ここは [刑事コロンボ(TV)] の投票式@人気ランキングのページです


「刑事コロンボ」は1968年から2003年まで、計69作アメリカで制作された傑作TV映画シリーズです。内容はミステリ−+刑事物。 *【 ENTERE 】* から入ったフォームで、お好きな作品にチェックを入れ投票して下さい。経過は随時グラフで公開(下記ではその中でも代表的な作品を、制作の古い順から18作品挙げています。宜しければご参照を) *【 コチラ 】*
*「コロンボ」作品解説は
*【 コチラ 】* *他TVミステリ−作品の投票は *【 コチラ 】*

* 1部・投票フォームのエントリー下位、2部の上位は『入替え制』(定期)になってます。
投票フォーム (1〜35位)
≡≡≡ 【 ENTER 】 ≡≡≡

投票フォーム (36〜69位)
≡≡≡ 【 ENTER 】 ≡≡≡


[ Mail ]での投票も受付中(後日此方から投票結果に反映) → gigas@asa.email.ne.jp
刑事コロンボ (TV) 限定では無い他のジャンルのエントリー作品は↓をご参照下さい 。 
*SF/ファンタジー映画**スリラー/ホラー映画**冒険/アクション映画**海外アニメ(劇場長編・TV)*
*歴代・HOUGA(実写)オールジャンル BEST 100**アニメーション(国内)劇場用長編・TV&OVA*




2017 映画・アニメーション グランプリ & 各賞 発表
映画・ア二メ−ション データファイル主催のムービーアワード、グランプリ&各賞が2017年2月21日迄の集計により、2月25日に発表となりました。 今年は「歴代・ファンタジー映画」「ホラー映画」「国産・動物アニメキャラクター」のテーマで選出。詳しくは↓下記をご覧下さい。
*[ 本年度グランプリ & 各賞 ]* *[ 賞の主旨・概要 ]* *[ 2018年度テーマの投票受付中 ]*






殺人処方箋 <PRESCRIPTION: MURDER>
1968年制作 解説文スペース (準備中)



構想の死角 <MURDER BY THE BOOK>

1971年制作 解説文スペース (準備中)



二枚のドガの絵 <SUITABLE FOR FRAMING>
1971年制作 解説文スペース (準備中)



パイルD-3の壁 <BLUEPRINT FOR MURDER>
1972年制作 解説文スペース (準備中)

*

ロンドンの傘 <DAGGER OF THE MIND>
1972年制作 解説文スペース (準備中)



溶ける糸 <A STITCH IN CRIME>
1973年制作 解説文スペース (準備中)



別れのワイン <ANY OLD PORT IN A STORM>
1973年制作 解説文スペース (準備中)



野望の果て <CANDIDATE FOR CRIME>
1973年制作 解説文スペース (準備中)



権力の墓穴 <A FRIEND IN DEED>
1974年制作 解説文スペース (準備中)



自縛の紐 <AN EXERCISE IN FATALITY>
1974年制作 解説文スペース (準備中)



逆転の構図
<NEGATIVE REACTION>
1974年制作 解説文スペース (準備中)



祝砲の挽歌 <BY DAWN'S EARLY LIGHT>
1974年制作 解説文スペース (準備中)



歌声の消えた海 <TROUBLED WATERS>
1975年制作 解説文スペース (準備中)



5時30分の目撃者 <A DEADLY STATE OF MIND>
1975年制作 解説文スペース (準備中)



忘れられたスター <FORGOTTEN LADY>
1975年制作 解説文スペース (準備中)



さらば提督 <LAST SALUTE TO THE COMMODORE>
1976年制作 解説文スペース (準備中)



殺しの序曲 <THE BYE-BYE SKY HIGH I.Q.MURDER CASE>

1977年制作 解説文スペース (準備中)



策謀の結末 <THE CONSPIRATORS>

1978年制作 解説文スペース (準備中)



投票フォーム (1〜35位)
≡≡≡ 【 ENTER 】 ≡≡≡

投票フォーム (36〜69位)
≡≡≡ 【 ENTER 】 ≡≡≡


[ Mail ]での投票も受付中(後日此方から投票結果に反映) → gigas@asa.email.ne.jp
刑事コロンボ (TV) 限定では無い他のジャンルのエントリー作品は↓をご参照下さい 。 
*SF/ファンタジー映画**スリラー/ホラー映画**冒険/アクション映画**海外アニメ(劇場長編・TV)*
*歴代・HOUGA(実写)オールジャンル BEST 100**アニメーション(国内)劇場用長編・TV&OVA*

 

「刑事コロンボ」は1968年から2003年までアメリカで制作された傑作・TV映画シリーズです。ジャンルはミステリ−、物語の内容は刑事ドラマ仕立てになっています。
元々は1962年に公演された舞台劇「殺人処方箋」の戯曲で、TV版以降の配役となったコロンボ警部(補)役の故・ピーター・フォークがハマリ役となり、新旧シリーズ計69作に渡る長期シリーズとなりました。

何といっても本シリーズは、ピーター・フォークによる「人間味溢れる」コロンボ像に対する役作りが素晴らしいのですが、日本語吹き替え版(旧シリーズ1〜45作は小池朝雄、新シリーズ46〜69作は石田太郎が担当)は元のフォークの演技とは一味違う、日本的にアレンジ、アドリブを効かした・・・云わば妙技を感じさせる声の名演が聴けるので、初見の方は吹き替え版も体感すると更に楽しめると思います。

ストーリーの進行に「倒叙法」という形式が使われる事により、観る側からしてみれば冒頭から犯人が誰なのかが「明白に」分かっていて、犯人の見落としていった僅かな手掛かりを元に「如何にコロンボが犯人を追い詰めるのか?」という流れが、全体の中の特に見せ場となっています。
その犯人役=大物俳優のキャスティング自体が作品イメージを物語る程に雄弁で、リストを見ているだけでも往年の「ハリウッド・スター年鑑」的な趣向という印象ですが、物語の内容としては豪華、華麗なスターが演じるのは世間一般の良識とは対照的な方向となる訳で、ある意味では刑事物において犯人主観の視点、彫り込みがやや強めという稀なTVシリーズ・・・同じ傾向の作品としても本作が「エポックメーキング」だったという事は云えるのかも知れません。(因みに元々の舞台劇版でのコロンボは主役では無く、殆ど脇役扱いであったそうである)

「刑事コロンボ」はTV用のシリーズですが、第三作の「構想の死角」('71)を演出した、当時はTV時代の新人スティーヴン・スピルバーグ等の様に、(劇場用作品における)後の有名監督になったり、既にベテランの敏腕監督が多数起用されている事でも有名です。
ジョナサン・デミ…代表作:『ストップ・メイキング・センス』('84) 『羊たちの沈黙』('91) 『フィラデルフィア』('93) 『クライシス・オブ・アメリカ』('04) 『レイチェルの結婚』('08)
テッド・ポスト…代表作:『奴らを高く吊るせ!』('68) 『続・猿の惑星』('70) 『ダーティハリー2』('73)
ジャック・スマイト…代表作:『動く標的』('66) 『脱走大作戦』('68) 『エアポート'75』('74) 『ミッドウェイ』('76) 『世界が燃えつきる日』('77) 『ザ・ドロッパーズ』('79)
ヴィンセント・マケヴィティ…代表作:『ファイヤークリークの決斗』('68) 『ラブバッグ/モンテカルロ大爆走』('77)
ヤノット・シュワルツ…代表作:『燃える昆虫軍団』('75) 『ジョーズ2』('78) 『ある日どこかで』('80)
ロバート・バトラー…代表作:『テニス靴をはいたコンピューター』('69) 『ジャグラー/ニューヨーク25時』('80) 『乱気流/タービュランス』('97)
サム・ワナメイカー…代表作:『華麗なる暗殺』('69) 『マーベリックの黄金』('71) 『シンドバッド/虎の目大冒険』('77)
ボリス・セイガル…代表作:『モスキート爆撃隊』('69) 『地球最後の男 オメガマン』('71)  等々。

≪メイン・スタッフ≫
制作:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク(一部脚本) 製作総指揮:フィリップ・ザルツマン
主演:ピーター・フォーク(一部監督、脚本。1989年からの新シリーズでは製作総指揮も担当)
制作会社:ユニヴァーサル映画 放送局:NBC 1〜45話(1968〜1978年) ABC 46〜69話(1989〜2003年)

*注)エントリーの数があまりにも多かった為、2部のフォームを作り『上位入替え制』にしています。宜しければ両フォームをご参照下さい。*「刑事コロンボ」作品解説は → *【 コチラから 】*

上記ではあくまでスペースの都合で18作を上限で選抜しましたが、以下の作品もエントリーの候補に挙がっています。・・・死者の身代金('71)/指輪の爪あと('71)/アリバイのダイヤル('72)/黒のエチュード('72)/死の方程式('72)/意識の下の映像('73)/偶像のレクイエム('73)/断たれた音('73)/二つの顔('73)/白鳥の歌('74)/仮面の男('75)/ビデオテープの証言('75)/魔術師の幻想('76)/死者のメッセージ('77)/攻撃命令('78)/美食の報酬('78)/秒読みの殺人('78)/迷子の兵隊('89)/汚れた超能力('89)/かみさんよ,安らかに('90)/華麗なる罠('90)/完全犯罪の誤算('90)/殺人講義('90)/だまされたコロンボ('90) 他多数 *公開順 (同年は50音順) ・・・以上いずれの作品も名作ばかりなので、ご参照の程、何卒ご了承下さい。

☆注)このページに来て各作品を初めて知った方もいると思うので、あらすじ等の詳細・データは出来るだけ省きました。エントリー作・リストを見て「観てみようかな?」と思われた方は、(そのまま予備知識の無いままで)是非レンタル・ショップやCS等をご利用される事をお薦めします(^^)。



[20世紀]名作映画 人気ランキング

投票フォーム1部(1〜50位)
≡≡≡ 【 ENTER 】 ≡≡≡

投票フォーム2部(51〜100位)
≡≡≡ 【 ENTER 】 ≡≡≡

次候補(一般申請)フォーム
≡≡≡ 【 ENTER 】 ≡≡≡


20世紀中に公開された劇映画・オールジャンル厳選100作で人気ランキングを行っています。(終了時期は現在の所未定ですが、この企画のみ期間限定)
主なエントリー作品は・・・
市民ケーン('41)/ローマの休日('53)/アラビアのロレンス('62)/サウンド・オブ・ミュージック('65)/パットン大戦車軍団('70)/ゴッド・ファーザー('72)/ロッキー('76)/ディア・ハンター('78)/アマデウス('84)/キリング・フィールド('84)/フルメタル・ジャケット('87)/いまを生きる('89)/ニュー・シネマ・パラダイス('89)/グッドフェローズ('90)/JFK('91)/シンドラーのリスト('93)/タイタニック('97)/グラディエーター('00) *(公開順) ・・・エントリー作品の選択基準ですが、当「映画・アニメーション データファイル」&「JG」で、出来るだけポピュラーなもの、重要と思われるもの、内容等から → ランキングに適当な作品を厳選しました。*注)この項目は候補作の数があまりにも多かった為、2部フォームを作り『上位入替え制』にしています。宜しければ両フォームをご参照下さい。
・・・1部・2部の本フォーム内にエントリーされている作品以外で推薦があれば、『一般申請フォーム』枠にてUPして下さい。
エントリー作品の解説等・詳細は此方↓の「データ・ファイル」をご参照下さい。
※※ 【 ENTER 】 ※※


☆メンテナンス等の事情で投票フォームに入れなくなっている場合は、Mailでも投票を受付けていますので、下記のアドレス迄お好きな作品名を送って下さい。後日此方から投票結果に反映させます。Mailはコチラ → gigas@asa.email.ne.jp

MOVIE SHOP INFORMATION BBS ONLINE COMIC

映画・アニメーション データファイル <ランキング TOP>

アニメーション 歴代・最新作品 <総合ランキング TOP>

管理・運営/[ 映画・アニメーション データファイル ][ アイアーサ フロンティア ][ ジャパン・ギガスJG ]
Copyright c 1999 - Japan GIGAS-JG “ i ARTHA FRONTIER ” . All rights reserved.