不妊検査

 

不妊症の最も基本的な検査は、


  1.排卵しているか
  2.卵管は通っているか
  3.精液所見に問題はないかを調べるものです。

●この3つの検査の少なくとも1つに大きな問題がある場合、すなわち、排卵が全くない、両側共の卵管が通っていない、精液に大きな問題があるといった場合には、治療を行わなければ決して妊娠できません。不妊外来では、まず第一にこれらの検査が行われます。まずこの最も基本的な検査について説明しましょう。


A.基礎体温
B.超音波検査による卵胞の観察
C.黄体ホルモンの血液検査
D.子宮卵管造影
E.腹腔鏡
F.精液検査



A.基礎体温
 毎朝、起きた直後に婦人体温計を舌の下にはさんで舌下体温を計り、基礎体温表に記入します。低温相と高温相の2相に分かれていれば排卵があると判断します。ただ、基礎体温が2相性に見えていても排卵していないこともありますし、1相性に見えても排卵していることもあります。基礎体温の下降日が排卵日とよくいわれますが、はっきりした下降日がわかる人は少なく、また下降日が排卵日とも限りません。また、基礎体温により自分の排卵日を予知することはできません。

B.超音波検査による卵胞の観察
 卵子は液で満たされた卵胞という袋に入っています。卵胞は月経が終わる頃から毎日直径が1.5mmづつ大きくなり、直径が20mm前後になると卵胞が破れて中から液と共に卵子が流れ出ます。これが排卵です。超音波で卵胞を観察していくと、排卵に近づくにつれ卵胞がだんだん大きくなり、排卵と共に卵胞が消えてしまうのがわかります。このように排卵前後に何回かの超音波検査をすることにより、排卵を確認できます。卵子は直径が0.1mm程度なので超音波では観察できません。この検査には痛みは伴いません。

C.黄体ホルモンの血液検査
 採血を行い、黄体ホルモンがでているかを調べます。欧米では排卵が起こっているかどうかを調べる最も基本的な検査とされていますが、日本では基礎体温や超音波を用いて調べることの方が多いようです。

D.子宮卵管通水超音波造影
 子宮腔にカテーテルを入れ、専用の装置で生理食塩水と発生させた小さな気泡を注入し、気泡が子宮から卵管を通り腹腔内に流れ出す様子を超音波で観察します。卵管の通り具合、卵管の太さ、などを調べることができます。また、治療的な効果もあり、この検査をしてから3カ月位は妊娠しやすくなります。ある程度痛みを伴う検査ですが、X線の子宮卵管造影に比べはあまり痛くなく、造影剤を使わないという利点があります。

E.腹腔鏡
 全身麻酔をかけて、臍のあたりから内視鏡を腹腔内に差し込み、子宮や卵巣、卵管などを観察する検査です。腹腔鏡をしながら、青い色素を子宮内に注入し、卵管の先から色素が流れ出てくる様子を見ることにより、卵管が通っているかどうかわかります。また、卵管周囲に癒着があるかどうかや、子宮内膜症があるかどうかなどもわかります。
 欧米では非常によく行われている検査ですが、原則として全身麻酔や入院が必要なこと、稀に血管損傷や腸の損傷などの事故が起こることなどの理由で、日本では欧米ほどは普及していません。 当院では 行なっておりません。


F.精液検査
 マスターベーションにより精液を採取し、顕微鏡で観察し、精液量、精子濃度、精子運動率、精子奇形率などを調べる検査です。

ここまでの検査の結果、排卵があり、卵管が通っていて、精液所見に問題がなければ妊娠できるはずです。ところがなかなか妊娠しない場合にはどこかに「妊娠しにくい」原因があると考えられるわけです。何が原因で妊娠しにくいのかを調べるための検査について説明します。


H.ホルモン検査
I.性交後試験(ヒューナーテスト)
J.超音波検査
K.子宮鏡検査
L,抗精子抗体検査
M.頚管粘液検査
N.超音波による卵胞径の計測
O.尿中LH検査


H.ホルモン検査
 月経が数カ月に1回しか来ない人や、月経と月経の間隔が不規則な人は、排卵が起こりにくい場合が多いのです。排卵がおこりにくいと妊娠しにくくなります。何が原因で排卵が起こりにくいのかを調べるのがホルモン検査です。採血をして血液中のホルモン値を測定します。脳下垂体ホルモンのFSH、LH、プロラクチン、卵胞ホルモンのエストロゲン等を調べます。また、黄体機能を調べるためにプロゲステロンというホルモンも調べます。

I.性交後試験(ヒューナーテスト)
 夫婦生活をした後、数時間~翌日に子宮の出口から頚管粘液を採取し、頚管粘液中を泳いでいる精子の状態を調べます。検査の痛みはありません。

J.超音波検査
 子宮や卵巣の状態を超音波で観察します。子宮筋腫や卵巣嚢腫の診断や、卵胞の発育状態のチエックに用いられます。お腹の上から調べる経腹超音波検査と、腟から調べる経腟超音波検査がありますが、不妊検査では主に経腟超音波が使われます。検査の痛みはありません。

K.子宮鏡検査
 子宮腔を内視鏡で調べる検査です。子宮腔にできた子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどを見つけたり、切除したりできます。検査には少し痛みを伴う場合もあります。

L.抗精子抗体検査
 女性の体に精子に対する抗体ができることがあります。この抗体ができると、体の中に入ってきた精子を殺してしまうため自然妊娠はできなくなります。採血を行い血液中に精子に対する抗体ができているかを調べる検査です。

 ここまで述べてきた検査は不妊原因を調べるための検査でした。さて、妊娠するためには、ちょうど排卵の時期に夫婦生活や、人工授精、体外受精をする必要があります。このため不妊治療においては、排卵時期を知ることが非常に重要になります。次に排卵の時期を調べるための検査を説明します。


M.頚管粘液検査
 排卵が近づくと子宮の出口の頚管から透明で粘りのある粘液が大量にでてきます。この粘液の性状を観察することにより、おおよその排卵日の推定が可能です。しかし、後から述べる超音波による卵胞径の計測や尿中LH検査に比べると、その精度はずっと落ちます。検査の痛みはありません。

N.超音波による卵胞径の計測
 「B.超音波検査による卵胞の観察」でも述べましたが、卵胞の直径は月経が終わった頃から毎日約1.5mmづつ大きくなり、直径20mm前後で排卵になります。このため、超音波で卵胞径を測ることにより、排卵日のおおよその予測ができます。この検査と次に述べる尿中LH検査を組み合わせることにより、ほとんどの人の排卵日をほぼ正確に予測できます。

O.尿中LH検査
 排卵は、脳下垂体からLHというホルモンが一度に大量に放出されること(LHサージ)が引き金になって起こります。このため、排卵の前日に尿中LHが急に上がります。排卵が近くなった頃から毎日尿をとってLHを調べ、陽性になった翌日あたりが排卵日になります。尿中LHを調べる試薬は薬局で市販されていますので、自分で検査するのにすぐれています