神奈川県精神科病院協会
病院ホームページへ

医療法人社団清輝会 国府津病院

病院外観

概要

開設者     :江良 晉
管理者(院長):山田 聡敦

診療科目

精神科

診療受付時間

●月〜土
 (初診)随時予約受付
 (再診) 8:30〜11:30

休診日

日、祝日、年末年始

総病床数

260床
精神科急性期治療病棟    50床 (閉鎖病棟 50床)
認知症治療病棟 50床 (閉鎖病棟 50床)
精神療養病棟 160床 (開放病棟 58床、閉鎖病棟 102床)

併設施設

精神科作業療法 定員:260人
精神科訪問看護

所在地

〒256-0811
神奈川県小田原市田島125番地
Tel:0465-47-2225 / Fax:0465-48-8125

アクセス

  • JR東海道線 国府津駅より 徒歩約25分
  • JR東海道線 国府津駅より
    箱根登山バス 矢作経由鴨宮駅行き 日立北門下車 徒歩0分
  • JR東海道線国府津駅よりタクシーにて約5分
案内地図
(※クリックをすると拡大表示されます)

方針・理念

【理念】
患者様のニーズに応じた質の高い医療サービスの提供を目指します。
職員一体となった心のこもったサービスを提供します。
地域に開かれた利用しやすい病院作りを進めます。
医学の進歩にマッチした新しい医療技術の提供に努めます。

20世紀後半のわが国の精神医療は、国の方針や制度的な歪み、精神障害者への差別・偏見などのために、世界的な精神医学の進歩、医療技術の向上、患者様を巡る処遇の改善(人権の擁護、ノーマライゼーション)など新しい流れを吸収する柔軟性を欠き、患者・家族の皆様に数々の苦痛・苦難を強いてきました。今、私たちに求められていることは、34万人が入院している精神科病院を治療機能の高い、地域に開かれた利用しやすい施設に変えていくことです。精神障害者が病院で一生を過ごさずに、社会の中で生活できる道を最大限追求し、救急や生活支援などのサービスの質を向上させることです。

1990年代後半から、副作用の比較的少ない、薬効の優れた非定型抗精神病薬が次々に登場し、急性期症状のみならず、意欲減退などの陰性症状にも効果が期待できるようになりました。経過の長い病気でも、短期の入院で急性期症状が軽快すれば、社会生活が可能になりました。当院においてもこれらの新しい薬を積極的に治療に導入しています。しかし、精神疾患は「薬だけで治す」ものではありません。精神療法(心理療法、カウンセリング、集団療法)、精神科リハビリテーション(作業療法、SST−社会技能訓練)、ケースワーク(相談・援助)、看護など総合的なアプローチが求められます。まだ、十分な体制が取れているとはいえませんが、この方面いついても職員の増員・スキルアップに努めています。

【特色】
小田原は、小田原城を有する日本でも有数の旧城下町の1つで、街の随所に歴史がちりばめられています。また、新幹線、東海道本線、小田急線をはじめ、東名、小田厚、西湘など3つの高速道路が行き交う交通の要衝であり、箱根、伊豆など日本を代表する観光地の玄関口になっています。
当院からは西に箱根連山、そして秀峰富士、北東には丹沢山・大山、南には相模湾が広がり、初島、遠くには大島が眺められます。温暖な気候、春には梅花・桜花が咲き、四季折々の草花もみられ、自然環境に恵まれた病院です。
このような土地柄から住民の気質もおおらかで、他者への思いやりや優しさに溢れています。私たちはこのような自然や風土をも治療に取り込み、新しい精神医療にチャレンジしてまいります。

戻る