選挙に出たい

“歌舞伎町案内人” 元・中国人が政治家をめざす!?
(C)
2016年/中国・日本/78分

-2017年 北京国際映画祭中国外国合作長編部門出品
-2017年 山形国際ドキュメンタリー映画祭日本プログラム部門出品
-2017年 マカオ国際映画祭ドキュメンタリー部門出品
-2018年 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルコンペティション部門入賞


公式サイト

<スタッフ>
監督・撮影・編集 : 邢菲(ケイヒ)

プロデューサー : 海天(ハイ・テン)

映像技術 : 西村康広
整音 : 富永憲一
音楽:アレッサンドロ・アポローニ

協力:テムジン
配給:きろくびと
<ストーリー>
歌舞伎町の案内人として一躍有名になった李(り)小牧(こまき)
なぜ帰化してまで日本で政治家をめざすのか?
もうひとつの視点で見たニッポン選挙ドキュメント!

中国から日本へやって来て初めて向かった先が新宿歌舞伎町。以後20年以上、外国人観光客を相手に飲食店や風俗店の案内役を務め、著書も出すなどいまや”歌舞伎町案内人”として知られる存在となった李小牧(り・こまき)が、新宿区議選挙に出馬することを決意。ヤクザを後ろ盾に、刑事を友にして、変貌を続ける歌舞伎町地下社会を驚異的なしぶとさで生き抜いてきた彼が、これまでの地位や国籍を捨て、日中関係も揺れるなか、批判と罵声覚悟でなぜ日本で政治家をめざそうとするのか。
言葉や習慣の壁にも苦労し、終始ドタバタ気味で展開する李の選挙活動に、日本在住の中国人女性監督・邢菲(ケイヒ)が密着。果たして李の思いは叶うのか。そして彼や監督自身が感じた「ニッポン」「民主主義」とは??


<プロフィール>
邢菲(ケイヒ) 監督

中国・河北省出身。2005年来日。2008年北海道大学でメディア修士号を取得後、番組制作会社テムジンに入社。中国関連のドキュメンタリー番組など20本以上を制作。2013年に退社後、英国の大学院に留学しドキュメンタリー制作を学ぶ。本作が初監督作品。
-----------------------------------------------------------------------